FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 2013年11月
2013年11月03日 (日) | EDIT |
 第26回東京国際映画祭にて鑑賞
ウィ・アー・ザ・ベスト!ウィ・アー・ザ・ベスト!/VI AR BAST!
2013年/スウェーデン/102分
監督: ルーカス・ムーディソン
出演: ミーラ・バルクハンマル/ミーラ・グロシン/リーヴ・ルモイン

1982年、ストックホルム。親とも上手くいかず、学校でも浮きまくり、13歳のボボとクラーラは反抗期真っただ中。パンク大好きな2人は、ある日、青少年センターでベースとドラムを借りたことがきっかけで、パンクバンドをやろうと思いつく。しかし楽器が出来ない2人は、ただ無茶苦茶な音を出してがなるだけ。そこで、いつも1人でランチを食べているヘドヴィグが、毎年恒例の秋のコンサートでギターの弾き語りをしたのを見て、2人は楽器の指南を彼女に頼み込む。2人よりも1学年上で、敬虔なクリスチャンな家庭に生まれ育ったヘドヴィグは、ボボとクラーラに面食らいながらも、徐々に親しくなっていく―――――


サクラグランプリ受賞作品です。監督自身、受賞は予想外だったと言って非常に喜んでいたけど、正直、全くノーマークでした(笑)
[READ MORE...]
スポンサーサイト




記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:ルーカス・ムーディソン ミーラ・バルクハンマル ミーラ・グロシン リーヴ・ルモイン ココ・ムーディソン 第26回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。