週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 厨房で逢いましょうHOME > た~と > 厨房で逢いましょう
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


厨房で逢いましょう 
2007年09月07日 (金) | EDIT |
 Bunkamuraル・シネマにて鑑賞
厨房で逢いましょう厨房で逢いましょう/EDEN
2006年/ドイツ、スイス/98分
監督: ミヒャエル・ホーフマン
出演: ヨーゼフ・オステンドルフ/シャルロット・ロシュ/デーヴィト・シュトリーゾフ
公式サイト
公開: 2007年08月25日

ドイツの片田舎で小さなレストランを営むグレゴアは、天下一品の腕を持つ天才シェフ。グレゴアの作る料理は“エロチック・キュイジーヌ”と称され、口にしたものは誰もが虜になるくらい素晴らしいものだった。
グレゴアは休憩中に近くのカフェでウェイトレスを眺めるのが日課となっていたが、ある日子供を助けたことがきっかけで、カフェのウェイトレス・エデンと親しくなる。グレゴアはエデンの娘レオニーにケーキを作って持って行き、ケーキに飾られていたプラリネをふと口にしたエデンはその美味しさの虜になり、思わずグレゴアのレストランを訪ねて、厨房で試作品を作っていたグレゴアに試食を申し出る。最初はエデンの行動に戸惑っていたグレゴアだったが、やがてエデンは夫が家を空ける毎週火曜日に、レオニーを連れてグレゴアの厨房を訪れるようになり、グレゴアもエデンのために料理を作ることが楽しみになっていた。ところが、エデンがグレゴアの厨房に通い詰めていることがエデンの夫クサヴァーの耳に入り、浮気を疑ったクサヴァーはグレゴアの厨房に入り込み、ワインセラーを壊してしまう…


久々にBunkamuraル・シネマへ。今週水曜日も渋谷で観ているし、ホント渋谷に行くことが多くなったわ。回数券でも買おうかしらん。
“エロチック・キュイジーヌ”という割には、そうでもなかったかな…?
プラリネは美味しそうでしたが(笑) いや、料理はどれも美味しそうだったけど、エロチックかと言われると…うーん??
グレゴアが作る料理は美味しそうだけど、料理というよりは食べ方がすごかったので、それでちょっと引いてしまった。それほど美味しかったという描写なのでしょうが、お皿を舐めたりするのは、わたしは普通に引くわ。
あと、料理を作る過程もあまり美しくない…というか、はっきり言ってグロテスク。これにもちょっと引いた。
でも、食欲と性欲って似ているし、そういう意味では食欲もグロテスクなものなのかもなあ。

エデンが非常に図々しい身勝手な主婦って感じで、観ていてすごく嫌でした。試食のこともそうだし、その後のグレゴアとの付き合い方も、グレゴアの気持ちも夫の気持ちも考えず、自分にとって都合のいい振る舞いをしているだけって感じで。
また、この夫クサヴァーが馬鹿っぽくてさ。お似合いの夫婦なのかもねー
料理が主題と思いきや、クサヴァーが出てきてからどうも思っていたのと違う方向に進み始めてしまった感じ。ラストの方の展開には、 ( ̄△ ̄) !!でした。

ヨーゼフ・オステンドルフは良かったですね。グレゴアの役にぴったりハマってました。

評価:★★(2.0)
悪くはないのですが、思っていたのとだいぶ違ったような。。。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

厨房で逢いましょう [DVD]厨房で逢いましょう [DVD]
(2008/04/23)
デーヴィト・シュトリーゾフシャルロット・ロシュ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ミヒャエル・ホーフマン
出演者:ヨーゼフ・オステンドルフ、 シャルロット・ロシュ、 デーヴィト・シュトリーゾフ、 マックス・リュートリンガー
収録時間:99分
レンタル開始日:2008-04-23

Story
孤高の天才シェフの片思いを描くラブストーリー。料理の腕前は超一流だが、人付き合いが苦手なシェフ・グレゴア。ある日、彼はカフェで働く主婦・エデンと知り合う。とあるきっかけで彼の料理を食したエデンは、すっかり料理の虜になってしまい…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
厨房で逢いましょう厨房で逢いましょう厨房で逢いましょう厨房で逢いましょう

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ミヒャエル・ホーフマン ヨーゼフ・オステンドルフ シャルロット・ロシュ デーヴィト・シュトリーゾフ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
りおさん~これ、もっと楽しい映画なのか?と思っていたわ・・・
あの主婦エデンが、嫌いだったわー。
最初は笑顔のカワイイ人なのかな?とか
思ってたけど、段々イヤになって、最後の方は、
かなり、ムッたり来ちゃった。
りおさん同様、けっこう引いちゃうシーンも幾つかあったな・・・
2007年09月25日 (火) 11:20 |   | latifa #SFo5/nok[ EDIT]
latifaさん
コメントありがとうございますv-411

そうそう、全然想像と違う映画でしたよね。
少なくとも楽しくはない…v-390

わたしもエデンの図々しさが受け付けませんでした。
2007年09月26日 (水) 23:04 |   | りお(管理人) #-[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
デリシャス! ドイツ南西部の街で、レストランを営む名シェフのグレゴアは、カフェで働くエデンと知り合う。「チューボーですよ!」の街の巨匠たちのレシピや腕前を見るのは好きだったな。厨房もの、料理人ものは極上のエンタメなのだ。香りの映像化を試みた『パフュー?...
2007年09月08日 (土) 22:30:17 |  かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
「厨房で逢いましょう」★★★☆ ヨーゼフ・オステンドルフ、シャルロット・ロシュ主演 ミヒャエル・ホーフマン監督、2006年、スイス ドイツ タイトルだけを見ると 洒落たレストランの厨房で 何か良いことが起こりそう。 でも最初からそんな話じゃないと ?...
2007年09月15日 (土) 21:42:04 |  soramove
 『私の料理は、あなたを満たす。』  コチラの「厨房で逢いましょう」は、8/25に公開になった\"料理で愛を伝えようとするシェフの切ない片想いを、ほろ苦いスパイスをちょっぴりきかせつつ味わい豊かに描く、大人の恋の物語。\"なのですが、観て来ちゃいましたぁ~♪チ...
2007年09月18日 (火) 00:33:42 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
芸は身を助ける■ストーリー生活のすべてを料理に捧げてきたグレゴアはデブで独身でさえない風貌だけど、料理の腕前は世界一級の天才シェフ。経営するレストランは来年の2月まで予約でいっぱい。そんなある日、カフェで給仕をしている美しい主婦エデンに恋をした。口下手...
2007年09月18日 (火) 20:25:33 |  シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー
65.厨房で逢いましょう■原題:Eden■製作年・国:2006年、ドイツ・スイス■上映時間:98分■鑑賞日:9月1日、ル・シネマ(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ミヒャエル・ホフマン□製作:ミヒャエル・ユングフライシュ、ロベルト・ガイ...
2007年09月23日 (日) 21:40:04 |  KINTYRE’SDIARY
「厨房で逢いましょう」面白そうな気配を感じたし、滅多に外すことのないドイツ映画だったのですが・・。想像していたのとは、全く違った映画でした(T_T)
2007年09月25日 (火) 11:18:12 |  ポコアポコヤ 映画倉庫
厨房で逢いましょうジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 料理の腕は一流だが、人付き合いが苦手な天才シェフ、グレゴア(ヨーゼフ・オステンドルフ)。 南ドイツの保養地で小さなレストランを営んでいた。彼が休憩時間に訪れるカフェのウェイトレス、 ...
2008年05月10日 (土) 18:36:47 |  心の栄養♪映画と英語のジョーク
原題:Eden 美味しくて美味しくて思わず犬のようにお皿に残ったソースまで綺麗に舐めあげる、それが官能料理"エロチック・キュイジーヌ"、~魅惑の料理と大人の恋~ グレゴア(ヨーゼフ・オステンドルフ)は料理一筋、テーブルみっつの小さなレストランながら
2008年10月25日 (土) 13:08:24 |  茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。