週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ソウ6HOME > さ~そ > ソウ6
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ソウ6 
2009年11月15日 (日) | EDIT |
 池袋シネマサンシャインにて鑑賞
ソウ6ソウ6/SAW VI
2009年/アメリカ/95分
監督: ケヴィン・グルタート
出演: トビン・ベル/コスタス・マンディロア/ベッツィ・ラッセル/マーク・ロルストン/ピーター・アウターブリッジ
公式サイト
公開: 2009年11月06日


アマンダが死に、ジグソウの後継者となったホフマン刑事。ストラム刑事を死に至らしめ、そして彼をジグソウの後継者と思わせることで自分は上手く立ち回り、捜査の手を逃れる。そして今後も自分がゲームを支配するために、ジグソウの元妻ジルからジグソウの遺品を受け取ったホフマンは、ジグソウの遺志を継ぎ新たなゲームを始める。その標的となったのは、アンブレラ保険会社に勤める者たちだった。
一方で、ストラムの上司であるエリクソンは、ジグソウの後継者がストラムであることに疑問を抱き、捜査を進めるが―――――


11月は毎年ソウ祭りです(そんな人多そうだけど に )。今回は「SAW集編」というくだらない(笑)ダイジェスト版が流れるとのことでしたので、復習は特にせずに挑みました。
相変わらず、冒頭から痛いのなんのって、ひー ぐぬぬ 状態でした。

何故か今回は社会派。「シッコ」でも取り上げていますが、アメリカの医療保険制度にまで突っ込んじゃってます。
ジグソウの目的、生の尊さをわからせるということが、シリーズが進むうちに段々薄れてきているなーと思っていたのだけど、今回は意外にちょいと原点回帰な感じ。生きる人間と死ぬ人間を保険会社が決めていることの是非、重さをウィリアムに問う訳ですが、まぁ彼も仕事だからねえ…。ジグソウが決めていいのかとも思う訳ですが。あ、決めてはないのか。本人たちの選択に任せているだけで。

ペレーズが助かっていたのは意外で良かった。末路は同じだけど(苦笑) もしかして、ペレーズ以外にも実は助かっている人がいるのかも…? でも基本ゲームに勝たないとダメだしなあ。前回は2人だっけ。今回は結構残っている気がするぞ。そもそも誰がこれまでゲームに参加して、生き残ったのか覚えてない(笑)

ジグソウからすれば、信頼できる後継者はジルだろうし、アマンダもホフマンもわたしは気に入らなかったので、結末にはOKですが…3人が共謀していたとは意外でしたが。

で、最前列で観ていたのは誰だったのでしょうか。ジルが病室?に何やら得体の知れぬブツを放り込んでいましたけど…ってことは続きあるのね… orz

評価:★★★☆(3.5)
5がイマイチだったので期待していなかったせいもあるけど、結構観られました。

ところで、今までのビデオは全て人形だったのに、ウィリアムのビデオだけご本人出演だったのは何か意味があるのかな?


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ソウ6 アンレイテッド・エディション [DVD]ソウ6 アンレイテッド・エディション [DVD]
(2010/03/19)
トビン・ベル
商品詳細を見る

ソウ6 アンレイテッド・エディション [Blu-ray]ソウ6 アンレイテッド・エディション [Blu-ray]
(2010/03/19)
トビン・ベル
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ケヴィン・グルタート
出演者:トビン・ベル、 コスタス・マンディロア、 ベッツィ・ラッセル、 マーク・ロルストン
収録時間:92分
レンタル開始日:2010-03-19

Story
シリーズ全作で編集を担当してきたケヴィン・グルタートが監督に初挑戦した人気ソリッドシチュエーションスリラー第6弾。FBI捜査官・ストラムが死体となって発見される。指紋が残されていないことから、ジグソウの後継者ではないかと思われたが…。R15+作品。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ソウ6ソウ6SAW ソウ6SAW ソウ6

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケヴィン・グルタート トビン・ベル コスタス・マンディロア ベッツィ・ラッセル マーク・ロルストン ピーター・アウターブリッジ 「ソウ」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
今年もやってきました、ソウの季節{/ee_3/} またやるのか{/dododo/}とお思いの方も多いでしょうが、 このシリーズの大ファンのわたしは、たとえどんどんつまんなくなっていったって 最後まで見届けることに決めたのです! (ソウは9までやることが既にほぼ決定) なんて...
2009年11月19日 (木) 22:57:39 |  我想一個人映画美的女人blog
さるおです。 『SAW VI/ソウ6』を劇場で観たよ。ネタばれなしです。 ひさびさに、おもしれー。 ついうっかり久々とか言ってしまいましたが、いや、全部おもしろいんだけど、まーとにかく『SAW VI』はけっこう素晴らしい。何が素晴らしいって、今までは、予測の範囲内な上...
2009年12月05日 (土) 14:17:58 |  さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
<ソウ6 を観ました> 原題:Saw Ⅵ 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 大ヒットのソリッド・シチュエーション・スリラー「ソウ」シリーズもついに6作目まで来ました。 2004年に公開され、毎年1作品ずつ公開されてきたこのシリーズ...
2010年10月25日 (月) 20:46:08 |  ★紅茶屋ロンド★
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。