週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 運命のボタンHOME > あ~お > 運命のボタン
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


運命のボタン 
2010年06月01日 (火) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
運命のボタン運命のボタン/THE BOX
2009年/アメリカ/115分
監督: リチャード・ケリー
出演: キャメロン・ディアス/ジェームズ・マースデン/フランク・ランジェラ
公開: 2010年05月08日
公式サイト

1976年12月16日の早朝、ヴァージニア州に住むルイス夫妻の家の玄関先に、見たことのない箱が置かれていた。箱の中には赤いボタンの付いた木製の装置と「本日午後5時にアーリントン・スチュワードが伺います」というメッセージカードが添えられていた。そして妻ノーマが仕事を終え自宅にいると、約束の時間に、火傷で顔の半分を欠損した不気味な男、スチュワードが訪ねてくる。スチュワードは、このボタンを押すと2つのことが起きると言う。1つ、見知らぬ誰かが死ぬ。2つ、押した人は100万ドル手に入る。その条件として、1つめは彼の雇い主についての情報は言えないこと、2つめはこの話を夫アーサー以外に話さないこと、3つめはこのボタンを押しても押さなくても24時間経つと引き取りに来る、そして次の人間に権利が移ると言う。ノーマは17歳の時、病院のミスにより足の指4本を欠損しており、近く手術を受ける予定があったが、手術費用が足りずに延期しようとしていた。宇宙飛行士を夢見てNASAのラングレー・リサーチ・センターに勤務している夫アーサーの給料も高くなく、成長期であるルイス家の1人息子ウォルターもこれからお金がかかる。2人は迷うが、目の前に100万ドルを見せられたノーマはついにボタンを押してしまう―――――


キャメロン・ディアスがホラー出演ってなかなかないし、予告を観て面白そうだなーと、かなり前から気になってたの、これ。
…が、migさんがいまいちだったので、そう期待しない方がいいのかな?と思いながら、観て来ました。
途中でこの展開、嫌~な感じするなー (^_^;) と思っていたんだけど…猛烈な眠気に襲われて寝ちゃった(笑)

わたし、こういうの好きじゃないんですよ。「フォーガットン」を思い出しました。あそこまでトンデモではないけど、まぁ近い感じ。
人間の欲望とか醜さを描いた心理的なものかと思っていたら、まったく外れているという訳ではないんだけど、宇宙人とか下手に出したせいで、その辺がぶれた気がする。アーサーがスチュワードの正体を追い始めてから面白くなくなっていった

別の人に権利が移った時、自分が“見知らぬ誰か”になって死ぬかもしれない…それは自分に返ってくるだけのことなので、当たり前のデメリットだけども…それが不慮の事故ならともかく、ボタンを押したことから繋がってくるのはどうもなあ…。ボタンを押したことで起こるデメリットを最初に説明しないで、ラストにあの選択しか残されていないのはフェアじゃないと思うんだけど。息子に起こることを告げられていたら、ルイス夫妻(だけじゃなくてどの夫婦も)はボタンを押さなかったでしょう。それを隠して、身内や友だちが命を落とすと言われたらそりゃ押さないだろうけど、自分の知らない誰かが死んで、100万ドルもらえるとだけ聞かされたら、押す人は多いんじゃない? わたしも押すと思う。

まー途中盛大に寝たので、重要な情報は抜けているとは思いますが、宇宙人とか出す必要あったのかなーってのが一番疑問。良心の呵責とか、次は自分たちが“見知らぬ誰か”になるという恐怖や葛藤とか、心理的なところを掘り下げていけば、結構いい作品になったと思うんだけどなあ。

こちらの意識の違いだけど、キャメロン・ディアスとジェームズ・マースデン、格が違うというか…夫婦として何となく違和感ある(笑)
フランク・ランジェラはさすが抜群の存在感でした。顔のメイクのせいもあるけど、すっごく不気味でしたもん。

評価:★(1.0)
テーマは悪くないと思うので、作り方を間違えたという感じ。宇宙人云々に持っていかなければねえ。惜しいなー


DVDの購入はコチラ
【amazon】

運命のボタン [DVD]運命のボタン [DVD]
(2010/10/22)
キャメロン・ディアスフランク・ランジェラ
商品詳細を見る

運命のボタン [Blu-ray]運命のボタン [Blu-ray]
(2010/10/22)
ジェームズ・レブホーンサム・オズ・ストーン
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:リチャード・ケリー
出演者:キャメロン・ディアス、 ジェームズ・マースデン、 フランク・ランジェラ、 ジェームズ・レブホーン
収録時間:115分
レンタル開始日:2010-10-22

Story
『アイ・アム・レジェンド』のリチャード・マシスン原作による短編小説を、キャメロン・ディアス主演で映画化したサスペンス。「24時間以内にボタンを押せば1億円が手に入るが、見知らぬ誰かが死ぬ」というゲームに巻き込まれた夫婦の運命を描く。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
運命のボタン運命のボタン運命のボタン運命のボタン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・ケリー キャメロン・ディアス ジェームズ・マースデン フランク・ランジェラ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
あはは!やっぱりねー(笑)

わたしもこういうのダメ~途中まで雰囲気良かったんだけどね。
結局わけわからんほうへーー
私も押すと思うんだけどあまりにうさん臭いオトコ持って来たものだから怖いよね押すのは(笑)
2010年06月04日 (金) 08:20 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

> 私も押すと思うんだけどあまりにうさん臭いオトコ持って来たものだから怖いよね押すのは(笑)

フランク・ランジェラが来たら押します(笑)
2010年06月04日 (金) 23:05 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『私の中のあなた』で好演したキャメロン・ディアスが出演するというので、『運命のボタン』を日比谷のTOHOシネマズ・スカラ座で見てきました。 (1)映画は、1976年12月 のある日、ルイス家のノーマ(キャメロン・ディアス)が呼び鈴に応じて入口のドアを開けると、...
2010年06月02日 (水) 07:30:15 |  映画的・絵画的・音楽的
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェー?...
2010年10月28日 (木) 02:34:29 |  ★★むらの映画鑑賞メモ★★
<運命のボタン を観ました> 原題:The Box 製作:2009年アメリカ ←クリックしてね♪ランキング参加中 キャメロン・ディアス主演のサスペンス。 リチャード・マシスンの短編小説が原作です。 決して裕福ではない、ノーマとアーサー夫婦の元に赤いボタンが付い?...
2010年11月20日 (土) 22:26:57 |  ★紅茶屋ロンド★
監督 リチャード・ケリー 主演 キャメロン・ディアス 2009年 アメリカ映画 115分 サスペンス 採点★★★ 「火星の自転周期と人間の体内時計はほぼ一緒だから、人類は昔火星からやってきたんだー!」とか、「地球人は科学の進んだ宇宙人の実験用に作り出されたんだ…
2011年01月20日 (木) 16:12:07 |  Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。