週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > あるスキャンダルの覚え書きHOME > あ~お > あるスキャンダルの覚え書き
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


あるスキャンダルの覚え書き 
2007年06月06日 (水) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
あるスキャンダルの覚え書きあるスキャンダルの覚え書き/NOTES ON A SCANDAL
2006年/イギリス/92分
監督: リチャード・エアー
出演: ジュディ・デンチ/ケイト・ブランシェット/ビル・ナイ/アンドリュー・シンプソン
公式サイト
公開: 2007年06月02日

ロンドン郊外のセントジョージ総合中学校で歴史を教えているバーバラ・コヴェットは、独身で友人もおらず、職場でも煙たがられ、心の拠り所は愛猫のみと言う孤独な人生を送っていた。
ある日、セントジョージ校に、シーバ・ハートが新しい美術教師としてやってくる。同僚たちは若く美しい彼女に憧れて接近しようとし、彼女に親近感を覚えたバーバラも何とかして彼女に近付こうとする。労働階級の子供が多く集まるこの中学校で、新任の彼女は生徒たちを押さえきれず、ある日生徒が教室で喧嘩をしているところにバーバラが仲裁に入ったのをきっかけに、シーバとバーバラは急接近する。シーバの自宅に招かれるほどに彼女と親しくなったバーバラだが、学校で演芸会が行われた夜、なかなか会場に現れないシーバを探しに美術室を訪れたバーバラが目にしたものは、生徒とセックスに耽るシーバの姿だった。シーバはバーバラを問いつめ、事の成り行きから全てを告白させる。バーバラはこれを機に主導権を握り、シーバを意のままにしようと企むが―――――


この映画で、ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット共に第79回米アカデミー賞、第64回ゴールデングローブ賞等々にノミネートされています。惜しくもどちらも逃していますが。
元ネタは、1997年にアメリカで起きた、30代の既婚女性、メアリー・ケイ・ルトーノーが13歳!!の少年と関係を持ち、児童レイプの罪で逮捕されたというスキャンダル。
だけど、この映画では、この事件は重要ではありません。事件の概要もだいぶ変えてます。バーバラとシーバの関わり合いがメイン。
ジュディ・デンチもケイト・ブランシェットもすごい  さすが演技派と言われる2人。ラスト近くの罵り合いは息詰まるという言葉がぴったりでした。

バーバラは、いわゆる距離梨、人との距離を測れない人。バーバラの愛猫が死んだことをきっかけにして、バーバラの本性が現れてくるんだけど、さすがジュディ・デンチ、このバーバラが怖いのなんのって。 ((;゚Д゚)ガクガクブルブル
ケイトも、シーバの人妻でありながらも生活感というか、現実味のないふわふわとした感じが上手かった。
パンフレットにインタビューが載っていたのだけど、ケイトが「2人とも未熟、どこか子供っぽい」と言っていて、確かに納得。バーバラが精神的に成熟していれば、人との距離もきちんと測れて、シーバとは普通の友情を育んでいただろうし、シーバが成熟していれば、そもそも生徒と肉体関係を結ぶことはなかっただろうね。お互いに子供な2人が引き起こしたとも言える。

この映画、92分しかありません。だけど端折っている訳でもなく、説明不足な訳でもなく、コンパクトに上手くまとめています。
音楽も、ちょっと煩いかな?ってくらい、かなり煽り立てるような音楽で、雰囲気を出していました。

評価:★★★★☆(4.5)
migさんきららさんもなかなか高評価。お2人とも書かれていますが、ジュディばーさんとケイトの演技合戦、かなり観応えあります。まー演技力で言えば、ジェニファー・ハドソンよりもケイト・ブランシェットの勝ちだよねー


DVDの購入はコチラ
【amazon】

あるスキャンダルの覚え書き [DVD]あるスキャンダルの覚え書き [DVD]
(2010/06/25)
ジュディ・デンチケイト・ブランシェット
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:リチャード・エアー
出演者:ジュディ・デンチ、 ケイト・ブランシェット、 アンドリュー・シンプソン、 ビル・ナイ
収録時間:92分
レンタル開始日:2007-11-02

Story
2大オスカー女優、ジュディ・デンチとケイト・ブランシェット共演のサスペンスドラマ。中等学校で教える厳格な教師・バーバラは、赴任してきた美貌の教師・シーバと親しくなる。ところがある日、シーバと男子生徒との情事を目撃し…。R-15作品。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
あるスキャンダルの覚え書きあるスキャンダルの覚え書きあるスキャンダルの覚え書きあるスキャンダルの覚え書き


関連商品はコチラ
【amazon】

原作
あるスキャンダルの覚え書き (ランダムハウス講談社文庫)あるスキャンダルの覚え書き (ランダムハウス講談社文庫)
(2007/06/02)
ゾーイ・ヘラー
商品詳細を見る
今度探してみようっと。

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リチャード・エアー ジュディ・デンチ ケイト・ブランシェット ビル・ナイ アンドリュー・シンプソン 第79回米アカデミー賞 第64回ゴールデングローブ賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
バーバラは危険きまわりない人物だった。 ? 10月16日、京都シネマにて鑑賞。上映前からかなり気になっていた作品『あるスキャダンルの覚え書き』。上映時間や、上映回数が少なく・・・・。この日も10:40の1回だけだったようです。 ? ジュディ・デンチとケイ...
2007年11月08日 (木) 00:09:17 |  銅版画制作の日々
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』 B (演技4/演出3/脚本2/撮影3/音響3/...
2008年03月11日 (火) 15:24:48 |  ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!
監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン、トム・ジョージソン、マイケル・マロニー 評価:90点 緊張感溢れまくりの大女優の競演。火花散る演技がなんとも素晴らしく、時を忘れて見入って...
2008年04月02日 (水) 00:31:59 |  デコ親父はいつも減量中
2人の女性が同じ境遇に見えた。 同じ境遇の場合、どこかで共感しあって友情を 育むのは簡単なこと。しかし、うまく均衡が とれていたが、シーバが15歳の男子学生と 関係をもったところから、このバランスが 崩れてしまう。
2008年04月07日 (月) 21:55:14 |  気ままな映画生活
原題:Notes on a Scandal これはサイコ・サスペンスなのかと思う、アメリカで実際に生徒と性行為の末に2人の娘を妊娠・出産した女性教師メアリー・ケイ・ルトーノー事件がモデル・・・ 定年間近のベテラン教師バーバラ(ジュディ・デンチ)は孤独なベリー・オ?...
2008年08月24日 (日) 02:12:38 |  茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。