FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > か~こ > 悲しみが乾くまで
悲しみが乾くまで 
2010年09月06日 (月) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
悲しみが乾くまで悲しみが乾くまで/THINGS WE LOST IN THE FIRE
2008年/アメリカ、イギリス/119分
監督: スサンネ・ビア
出演: ハル・ベリー/ベニチオ・デル・トロ/デヴィッド・ドゥカヴニー/アリソン・ローマン/オマー・ベンソン・ミラー
公式サイト

オードリー・バークは、夫ブライアンと2人の子供と幸せに暮らしていたが、ブライアンが、ヘロインに溺れている元弁護士の親友ジェリー・サンボーンの生活を気にかけていることが気に入らず、ジェリーを疎ましく思っていた。しかしある日、ブライアンが道端で女性を助けようとして殺されてしまう。呆然とするオードリーは、葬儀の日、ジェリーにブライアンの死を連絡することを忘れていたことに気付く。親友の死を知らされ、慌ててやってきたジェリーは葬式に参列し、そして帰って行くが、日々の暮らしの中で、オードリーはブライアンを失った悲しみに耐えられず、ジェリーを訪ね、一緒に暮らすことを提案する―――――


スサンネ・ビアの作品は2作観ていますが、題材の選び方は好みなのに、どうもイマイチ肌に合わない…。って訳で、これは最初からWOWOWで観るつもりでした。
キャッチフレーズが

そう、きっとあなたを利用した。

なんだけど、きっとも何も完全に利用している し、とにかくこのオードリーという女性が自分勝手でまったく感情移入できず。
スサンネ・ビアの描く女性って、わたしが観て嫌だなと思う女性が多いんだけど、このオードリーは特に嫌な女性でした。

自分が悲しいから一緒に暮らして欲しいとか、添い寝しろとか耳を触れとか(耳を触るのは要するに前戯でしょ?)、さんざん好きに利用しておいて、挙句の果てには、親友の妻と子供たちの力になろうとしているジェリーに対して、出て行けとか、何を言っているんだろうという感じ。
何故夫が死ななければならなかったのかと思うのは当たり前の感情だけど、その場にいた訳でもないジェリーに対して「あなたが死ぬべきだった」と口に出すことが理解できない。夫を失って悲しいのは理解できるけど、彼女の行動はそれで許される範囲を超えている気がする。ジェリーなら傷つけてもいいと思っているんだろうなという、オードリーの傲慢さがにじみ出ていた感じがして、気分が悪かった。

ジェリーを迎え入れようとするのも、元々親しく付き合ってた間柄ならお互いに慰めあうのはわかるし、そうしても自然だろうと思うけど、オードリーは明らかにジェリーを疎ましく思っていたし…そういう相手と一緒に暮らそうと思うものかなぁ。思うなら、自分の悲しみを癒すことを第一に考えたということなのだろうから、やっぱり彼女は自分勝手だと思う。
一番理解しがたいのは、子供のいる家にジャンキーを迎え入れるってことですけどね。

相変わらず目のアップを多用しています。スサンネ・ビアの映画には必ずあるので、これは慣れたかも。

評価:★(1.0)
デル・トロは意外にいいパパぶりを発揮していましたが…こういう話で主人公に感情移入できないと厳しいね。わたしやっぱりスサンネ・ビアは合わないわ。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

悲しみが乾くまで スペシャル・エディション [DVD]悲しみが乾くまで スペシャル・エディション [DVD]
(2009/06/19)
ハル・ベリーベニチオ・デル・トロ
商品詳細を見る

悲しみが乾くまで [DVD]悲しみが乾くまで [DVD]
(2010/07/23)
ハル・ベリーベニチオ・デル・トロ
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:スサンネ・ビア
出演者:ハル・ベリー、 ベニチオ・デル・トロ、 デヴィッド・ドゥカブニー、 アリソン・ローマン
収録時間:118分
レンタル開始日:2009-01-09

Story
ハル・ベリー、ベニチオ・デル・トロ共演、スサンネ・ビア監督のハリウッド進出第1作。突然愛する夫を失い、悲しみに打ちひしがれながら夫の親友だった男と共同生活を始めた女性の姿を通し、人間の弱さと儚さ、悲しみを乗り越える強さを描いた感動作。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
悲しみが乾くまで悲しみが乾くまで悲しみが乾くまで悲しみが乾くまで

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:スサンネ・ビア ハル・ベリー ベニチオ・デル・トロ デヴィッド・ドゥカヴニー アリソン・ローマン オマー・ベンソン・ミラー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック