FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > た~と > チーム・バチスタの栄光
チーム・バチスタの栄光 
2011年03月19日 (土) | EDIT |
 TBSにて鑑賞
チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光
2008年/日本/120分
監督: 中村義洋
出演: 竹内結子/阿部寛/吉川晃司/池内博之/玉山鉄二

東城大学医学部付属病院心療内科の医師、田口公子はある日、高階院長から呼び出され、バチスタ手術の第一人者である臓器統御外科の桐生恭一が3回連続失敗しており、単なる事故か、医療ミスか、あるいは故意に事故が起こされているのか、その原因を探るよう依頼される。田口は、桐生とチームを組む第一助手の垣谷雄次、第二助手の酒井利樹、麻酔医の氷室貢一郎、臨床工学士の羽場貴之、看護師の大友直美の事情聴取を行うが、桐生の義理の弟でもある病理医の鳴海涼は、これは殺人だと推測していた。そして次のバチスタ手術は成功するが、院長の知り合いだという厚労省の役人、白鳥圭輔が調査のために乗り込んでくる。一連の事故を殺人だと断定する白鳥は強引な調査を始め、田口はそれに振り回されるが―――――


そもそも田口が女になっている時点で既に観る気がしなくって  たまたまテレビでやっていたのでね。去年ですけど。
まー展開が早いこと早いこと。それでも真打白鳥が出てくるまでに30分かかっているけど。30分で真打登場なら早い方かな。
映画全体のテンポはいいんだけど、ミステリ部分が弱い 原作でもそうなので、これはしょうがないけどさ。
そもそも、殺人の動機にちょっと無理があるんだよなあ。一種の快楽殺人と言えなくもないけど、どうもその辺が弱い。

まず、桐生の行動にかなり納得がいかなかった。患者は待っているかもしれないけど、自分がまともに手術が出来ないかもしれないのにそのまま続けるって、医者としての意識が足りなくないか? 自分の目のせいじゃないかもしれないから、原因の調査を依頼したって、どうなのよそれ。白鳥の意見は正論でしょー と思いました。

あとはねえ…。医療に詳しい訳ではない観客に説明しなきゃいけないので、ある意味しょうがないといえばしょうがないんだけど、田口が医者の割に医療的なことを知らな過ぎる。心療内科の医師だって、一通り勉強するだろうよ。本では文字で説明できるけれど、映画ではそうはいかないので、田口に説明するという形を取ったんだろうけど、そのせいか田口がどうも医者っぽくないんだよなあ。
そうそう、田口があまりにも近く(というか手術室の中)で手術を見学しているのが意外でした。インターンとかがいるような部屋から、ガラス越しで見ているイメージがあったもので。

田口が事情聴取しながらそれぞれ関係者を動物に例えていて、別にこれ関係ないんじゃ…と思ったんだけど、時間制限のせいか一人一人のキャラの描き方が弱いので、これはこれでわかりやすくていいかな。
個人的には、氷室のイメージ がちょっと違うかな。こんなに、調査に協力的でフレンドリーだっけ? 何を考えているかわからない、冷たいイメージがあったけど。

原作でも、とにかくキャラが立っていたのが白鳥。原作ではとにかくヘンな人で、わたしは変人結構好きなんですが、あんまり好きなタイプじゃなかった。原作と比べると、割と常識的な人ですね。ロジカル・モンスターという感じでもない。ま、白鳥がいきなりこれを殺人と断じた理由はよくわからなかったけど。

途中のソフトボール のシーンは、結局白鳥が掻っ攫っていくことを暗示していた…と思ったんだけど、最後、夢なのか本当なのかよくわからず。これ入れる意味あったのか?

この程度なら田口は女でも影響ないといえばないけど、自分としてはやはり違和感。竹内結子である必要はあったのだろうか。
阿部ちゃんはこういう役が上手いなあ。…と思ったけど、そういえば榎さんもこういう感じだっけ…もしや演技は同じ? (;・∀・)

評価:★★☆(2.5)
全体的には、まぁまぁ原作に忠実に映像化しているのではないでしょうか。田口の性別を入れ替えたことを除いては。
ミステリ好きにはおすすめしませんが、エンタメとして気軽に観られる作品だと思います。

 原作のレビューはコチラ チーム・バチスタの栄光


DVDの購入はコチラ
【amazon】

チーム・バチスタの栄光 [DVD]チーム・バチスタの栄光 [DVD]
(2008/08/08)
竹内結子、阿部寛 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:中村義洋
出演者:竹内結子、 阿部寛、 吉川晃司、 池内博之
収録時間:118分
レンタル開始日:2008-08-08

Story
現役医師・海堂尊による大ベストセラー医療ミステリーを映画化。難易度の高い心臓手術専門の精鋭集団“チーム・バチスタ”に起きた不可解な連続術中死の真相を暴くため、門外漢の心療内科医・田口と切れ者の役人・白鳥のふたりが調査を開始するが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光チーム・バチスタの栄光

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:TVで見た映画
GENRE:映画
TAG:中村義洋 竹内結子 阿部寛 吉川晃司 池内博之 玉山鉄二 原作:海堂尊 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんにちは。
地震は大丈夫でしたか?

この作品は原作の方が死ぬほど良いです!
でも映画という点で中村監督の次回作、
「ジェネラル~」を観てください。
同じ監督がこんなに上手になったかという
そんなfootprintにはなります!
監督の成長をこんなに感じるのは珍しいと思いますよ(笑)
ぜひ!

それにしても「ナイチンゲール~」は
どうして抜いたのでしょうか?
ファンとしては気になります。
2011年03月27日(日) 02:30 |   | りーこ #-[ EDIT]
りーこさん
コメントありがとうございますv-411

> 地震は大丈夫でしたか?

ありがとうございます。こちらはほぼ問題ありません(買占めなどの問題はありますが…)。
りーこさんは大丈夫でしたでしょうか。

> この作品は原作の方が死ぬほど良いです!

すみません、わたしは原作も特に面白いとは思いませんでした。

> でも映画という点で中村監督の次回作、
> 「ジェネラル~」を観てください。
> 同じ監督がこんなに上手になったかという
> そんなfootprintにはなります!

なるほど。あんまりそういう見方をしたことはなかったのですが、機会があれば観てみますね。

> それにしても「ナイチンゲール~」は
> どうして抜いたのでしょうか?

調べてみたら、映画の方はすっとばしているけど、ドラマの方はやっているんですね。
何か事情があるのかも。
2011年03月28日(月) 00:11 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
TCエンタテインメントより¥4935で発売中 2008年度作品/日本 <監督> 中村義洋(「アヒルと鴨のコインロッカー」) <原作> 海堂尊 <出演> 竹内結子 阿部寛(「自虐の詩」) 吉川晃司(「レディ・ジョーカー」) 池内博之 玉山鉄二 井川遥 田口浩正 …
2011年03月20日(日) 17:47:28 |  みるき~うぇい