fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > あ~お > あるいは裏切りという名の犬
あるいは裏切りという名の犬 
2006年12月28日 (木) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬/36 QUAI DES ORFEVRES
2004年/フランス/110分
監督: オリヴィエ・マルシャル
出演: ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー/アンドレ・デュソリエ/ヴァレリア・ゴリノ/ロシュディ・ゼム
公式サイト
公開: 2006年12月16日


パリ警視庁のレオ・ヴリンクスとドニ・クラン。かつて2人は親友同士だったが、同じ1人の女性カミーユを愛し、彼女がレオを選んだことから友情は決裂。レオが束ねる探索出動班(BRI)とドニが束ねる強盗鎮圧班(BRB)も対立を深めており、また近々異動する予定の警視庁長官の後釜をめぐってライバル同士となっていた。そんな中、パリでは現金輸送車が強盗団に襲われる事件が頻発していた。レオは服役中の情報屋ユゴー・シリアンが特別外泊となった夜、呼び出されて「30分だけ自分と一緒にいて欲しい」と頼まれる。しかしシリアンは自分を密告し刑務所に送り込んだ相手マルキュス・ゼルビブを撃ち殺し、レオは強盗団の情報を教えるかわりにアリバイを証言して欲しいとシリアンに脅される。自分がアリバイ作りに利用されたと激怒するレオだったが、脅しに屈し、アリバイを証言するはめになる。そしてシリアンの情報を元に強盗団を追いつめ捕らえようとするが、レオの指示を無視したドニが単独で強盗団に近付き、それと気付いた強盗団と銃撃戦が始まり、その結果レオの相棒エディが撃ち殺され、強盗団も取り逃がしてしまう。BRIの仲間たちはドニに対して反発運動を起こし、ドニは調査委員会にかけられる。そんな時、ドニの元に、ゼルビブ殺人事件の現場に居合わせた女から、現場にレオが居合わせたという情報が寄せられる。追いつめられていたドニはそのことを調査部に密告、レオは捕らえられ、投獄されてしまう―――――


前々から気になっていたこの映画。タイトルも素敵と思っていたのですが、主役2人がオヤジってのがたまらんでしょー(笑)
水曜日だったせいもあるだろうけど、激混みでした。これから観に行く方は要注意。
いや~も~…期待に違わず。こういう映画大好き ハート です。超アタリ でした。

パンフレットではフィルム・ノワール、フィルム・ノワールと連呼していましたが、厳密にはこれってフィルム・ノワールなのかなあ? ノワールって、裏社会のことを描いているというイメージがあったものだから。これって警察内部の話だよね?

警察内部のことではあるけど、基本的にはレオとドニ、2人の対立関係が主として描かれています。とにかく
このオヤジ2人が格好いいのなんのってー!!
ホント、オヤジ好きにはたまらんです (*´Д`)ハァハァ 特にダニエル・オートゥイユ、めちゃ格好いいです。

実話を元にした話と聞いたものだから、これと同じ事件があったのかと思っていたけど、そうではなくて似たような事件数件をヒントにして、この映画を作ったということのようです。だから実際よりは、かなりドラマティックに映画っぽく作っています。監督は実際に警察に勤務経験があるそうで、レオのモデルになった友人が脚本にかかわっているので、リアリティもばっちり。
ヘー太さんも書かれていますが、これで110分って…すごい密度でした。とても110分とは思えない内容。

ちょっと疑問を感じたのは、肝心のゼルビブ事件の時、女はレオを見られる状況だったか?ということ。シリアンの車が止まっているところに、ゼルビブの車がやってきて、シリアン1人が降りて撃って(しかも女はフェラ中)、車に戻って逃走…レオは車から一歩も出てなかったよね? 正確には思い出せないんだけど、女があの状況でレオの顔が判別出来たのかってのがすごく疑問なんだけど。まぁ、レオ自身が認めてしまったので問題はなかったんだろうけど、その辺がどうも引っかかりました。

評価:★★★★★(5.0)
男臭~い映画なので、男の人にはいいんじゃないかな。「インファナル・アフェア」が好きなら、結構イケるかと。オススメ

リメイク? そんなもん知らん! ( `_ゝ´)ツーン


DVDの購入はコチラ
【amazon】

あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]
(2007/06/08)
ダニエル・オートゥイユジェラール・ドパルデュー
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:オリヴィエ・マルシャル
出演者:ダニエル・オートゥイユ、 ジェラール・ドパルデュー、 ヴァレリア・ゴリノ、 アンドレ・デュソリエ
収録時間:110分
レンタル開始日:2007-06-08

Story
かつて親友だったふたりの警視の運命の物語を、元警察官のオリヴィエ・マルシャル監督が実話に基づき映画化したハードボイルドアクション。フランスの名優、ジェラール・ドパリュデューとダニエル・オートゥイユが、対立する正反対の刑事役を好演。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬あるいは裏切りという名の犬
関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:オリヴィエ・マルシャル ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー アンドレ・デュソリエ ヴァレリア・ゴリノ ロシュディ・ゼム 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『かつて親友だった 同じ女を愛した 今はただ敵と呼ぶのか…』  コチラの「あるいは裏切りという名の犬」は、12/16公開になった\"──実話に基づく、激しくも切ない宿命の物語──\"なのですが、観てきちゃいましたぁ~♪  ロバート・デ・ニーロとジョージ・クル?...
2007年12月29日(土) 20:38:26 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
『あるいは裏切りという名の犬』を観ましたかつて親友だったふたりの警視の運命の物語を、元警察官のオリヴィエ・マルシャル監督が実話に基づき映画化したハードボイルドアクションです>>『あるいは裏切りという名の犬』関連原題:36QUAIDESORFEVRESジャンル:ドラマ/犯...
2008年07月29日(火) 23:15:29 |  おきらく楽天 映画生活