週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 白いリボンHOME > さ~そ > 白いリボン
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


白いリボン 
2011年01月08日 (土) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
白いリボン白いリボン/DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE
2009年/ドイツ、オーストリア、フランス、イタリア/144分
監督: ミヒャエル・ハネケ
出演: クリスティアン・フリーデル/レオニー・ベネシュ/ウルリッヒ・トゥクール/フィオン・ムーテルト/ミヒャエル・クランツ
公式サイト
公開: 2010年12月04日


第一世界大戦の前年、ドイツのある小さな村で、大地主である男爵の家からの帰り道、ドクターが落馬事故を起こして大怪我を負ったことがすべての始まりだった。事故の原因は庭に張られていた細い針金に引っかかったことであり、人為的な事故であるとして警察が調べるものの、目撃者は見つからず、犯人は判明しない。そしてドクターの事故の翌日、男爵の製鉄所で働く小作人の妻が事故で亡くなる。その後も男爵のキャベツ畑が荒らされたり、男爵の息子が行方不明になり、何者かに暴行されて見つかるなどの事件が続き、村にも不穏な空気が漂っていく―――――


年末に「黒く濁る村」に続けて観てきました。平日だったけど結構混んでいましたよ。
ハネケの映画はあんまり本数観ていないんだけれど、基本的に不条理劇と思っているので、やっぱりハネケだなあ…という感じ。
犯人探しではなくて村に流れる不穏な空気を描き出すことが主とは言え、やっぱり観ている方にとってはカタルシスは得られないので、観終わった後にもやもや する。それにしては思わせぶりに犯人を示唆しているんだよね。。。まさに「隠された記憶」で感じたのと同じ。今回は最初から犯人探しが主ではないと思って観たので、自分の気持ち的には幾分かはましだけど…

何とも感想の書きようが無い、合わないわたしにとっては、ふぅ~ん… としか言いようが無い作品でした。

全編モノクロでBGMは一切無いので、途中眠気に襲われました。寝はしなかったけど。

評価:★☆(1.5)
好きだという人がいるのもわかるけど、やっぱりわたしには合わないな。黒沢清の映画を観た時の気分とちょっと似ているかも。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

白いリボン [DVD]白いリボン [DVD]
(2011/06/25)
クリスチャン・フリーデル
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ミヒャエル・ハネケ
出演者:クリスチャン・フリーデル、 レオニー・ベネシュ、 ウルリッヒ・トゥクール、 ブルクハルト・クラウスナー
収録時間:144分
レンタル開始日:2011-06-24

Story
2009年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した鬼才、ミヒャエル・ハネケが第一次大戦前夜のドイツを舞台に描いたドラマ。小さな村で不可解な事件が次々に発生。村中が不穏な空気に包まれる中、村人の心の闇が次第に浮き彫りになっていく。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
白いリボン白いリボン白いリボン白いリボン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ミヒャエル・ハネケ クリスティアン・フリーデル レオニー・ベネシュ ウルリッヒ・トゥクール フィオン・ムーテルト ミヒャエル・クランツ 第62回カンヌ国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
■製作年:2009年 ■監督:ミヒャエル・ハネケ
2011年01月08日 (土) 21:57:13 |  飾釦
ランキングクリックしてね ←please click 2009年 カンヌ映画祭にて、パルムドール受賞他、 世界の映画祭32部門で受賞、54部門ノミネート! 待ちに待ったハネケ新作 わたしなんかが言うのはおこがましいけど、間違いなくハネケの傑作。 のちのファシズム、ナチズ?...
2011年01月15日 (土) 14:45:24 |  我想一個人映画美的女人blog
第一次世界大戦前、ドイツ北部の小さな田舎町。 地主である男爵が支配するこの町で、不可解な事故が次々と襲い掛かる。 プロテスタントの教えを信じる村人たちは疑心暗鬼に陥り、子どもたちは苦悩を感じ...
2011年01月21日 (金) 19:08:17 |  心のままに映画の風景
水曜日はハシゴの日。 私にとって水曜日は「映画ハシゴの日」です。 関東圏の多くの映画館では「レディースデイ」と称して女性のみ¥1000で映画が見られます 最近でこそ「メンズデイ」なる日を設定する映画館もありますが、まだまだ少ない。 「メンズ」があって「レデ...
2011年01月27日 (木) 23:34:32 |  映画の話でコーヒーブレイク
 【ネタバレ注意】  涙を流す少年のアップ。ポスターのこんなモノクロ写真を見て、私はてっきり『白いリボン』は暗くて退屈な映画だろうと思い込んでしまった。よもやミステリ仕立てでワクワクさせる、こ...
2011年01月30日 (日) 18:29:15 |  映画のブログ
'10.12.22 『白いリボン』@銀座テアトルシネマ rose_chocolatさんのお誘いで見に行く! 共通のお友達migちゃんが大好きなハネケ作品。気になってたのでもちろん行く! *ネタバレありです 「第一次世界大戦直前のドイツの小さな村。ある朝、村でただ1人の医者が何者かに...
2011年02月04日 (金) 00:35:14 |  ・*・ etoile ・*・
美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音 京都シネマにて鑑賞。公開2日目でしかも日曜日、その上第1回目の上映ということもあってか、多くのお客さんでロビーは賑わっていました。1時間前に行ったのですが、すでに64番目。 ハネケ監督作品がカンヌでパル...
2011年02月07日 (月) 23:56:52 |  銅版画制作の日々
11-7.白いリボン■原題:DasWeisseBand(TheWhiteRibbon)■製作年・国:2009年、ドイツ・オーストリア・フランス・イタリア■上映時間:144分■字幕:齋藤敦子■鑑賞日:1月15日、新...
2011年02月28日 (月) 23:08:59 |  KINTYRE’SDIARY
「美しい村 静かな暮らし 聴こえてくる魔物の足音」…観る人を不快にさせる作品を作る奇才ミヒャエル・ハネケ監督の新作。 決して万人受けする作品ではありませんし、結局なんだったのといわれればそれまで。でもまるで本当にあったことのような錯覚に囚われてしまうほ...
2011年06月30日 (木) 09:59:28 |  いやいやえん
【DAS WEISSE BAND - EINE DEUTSCHE KINDERGESCHICHTE/THE WHITE RIBBON】2010/12/04公開 ドイツ/オーストリア/フランス/イタリア 144分監督:ミヒャエル・ハネケ出演:クリスティアン・フリーデル、レオニー・ベネシュ、ウルリッヒ・トゥクール、フィオン・ムーテル...
2011年07月07日 (木) 12:42:24 |  新・映画鑑賞★日記・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。