fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > さ~そ > 人生万歳!
人生万歳! 
2011年02月02日 (水) | EDIT |
 恵比寿ガーデンシネマにて鑑賞
人生万歳!人生万歳!/WHATEVER WORKS
2009年/アメリカ/91分
監督: ウディ・アレン
出演: ラリー・デヴィッド/エヴァン・レイチェル・ウッド/パトリシア・クラークソン/ヘンリー・カヴィル/エド・ベグリー・Jr
公式サイト
公開: 2010年12月11日


かつてノーベル物理学賞の候補にもなったことがあるが、いまや厭世的な考えに捕らわれた老人となったボリス・イェルニコフ。ボリスはある夜、自宅の前で家出娘メロディ・セレスティンを拾い、勢いに押されて数日の約束で家に泊めるはめになる。ボリスは世間知らずのメロディの様子にすっかり調子を狂わされ、メロディもまたボリスの豊富な知識に触れ、ボリスに恋をしていると思い込む。やがて2人は結婚するが、ある日、メロディの母親マリエッタがメロディを探して2人の住む家にやってくる。メロディの父ジョンがマリエッタの親友マンディと出奔してしまったため、しばらくNYに滞在すると言う。マリエッタはNYで過ごすうちに、これまでと違った自分に目覚めていく。そこへ、ジョンがマリエッタを追ってNYに現れ―――――


恵比寿ガーデンシネマでの最後の鑑賞です。
テンポ良く進むウディ・アレンらしいコメディ。個人的には「ウディ・アレンの夢と犯罪」みたいな作品の方が好みですが、これはこれで結構楽しめました

厭世的になっているとは言え、得体の知れない(何か盗んで逃げるかもしれない)家出娘を家に上げて泊めてあげるあたり、ボリスも完全に性悪説に捕らわれている訳ではないんだよね。ユーモアもあって、人間的に嫌な奴ではないので、観ている方も嫌な気分にならずに観られる。

ボリス的には、同じくらいの知的レベルの女性より、少しくらいおバカで、「そうなんだ、すごーい 」と素直に感動してくれるくらいの人が良かったんだろうな。
メロディがボリスに惚れるのは(本当に惚れている訳ではないが)、高校生辺りが先生に恋をするのと同じだななんて思いました。今までボリスみたいな人が周りにいなかったから、恋と錯覚してしまった。まぁ、ランディに対する気持ちが恋かどうかも微妙ですけど。

この2人、セックスしていたのかしらなんて下世話なこと考えてしまったんだけど、バイアグラが何とかと言っていたので、まぁしていたんだろうね。ボリスは、メロディが自分を好きと言っているのは錯覚だとわかっているのだから、そこはしないでおいて欲しかったんだけど…まぁ、男だからな…

ボリスとメロディよりも、メロディのママ、マリエッタがすごくいいキャラ で笑った  貞淑な妻から超ビッチに大変身(笑)ですよ。かなりいい味出してました。

評価:★★★☆(3.5)
最終的に人生万歳! と言いたくなる映画でした。ポジティブに生きたもの勝ちというか、人生何が起こるかわからないし、楽しんだもの勝ちだもんね。

恵比寿ガーデンシネマさん、今までいい映画を上映していただいてありがとうございました。お疲れさまでした。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

人生万歳! [DVD]人生万歳! [DVD]
(2011/05/03)
ラリー・デヴィッド、エヴァン・レイチェル・ウッド 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ウディ・アレン
出演者:ラリー・デヴィッド、 エヴァン・レイチェル・ウッド、 パトリシア・クラークソン、 エド・ベグリーJr.
収録時間:91分
レンタル開始日:2011-05-03

Story
ウディ・アレンの監督40作目となるラブコメディ。ある夜、家出娘のメロディに声を掛けられた元天才物理学者のボリス。寒さで凍える彼女を気の毒に思った彼は、数晩だけ泊めることにするが、メロディがボリスを“運命の相手”だと勘違いしてしまい…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
人生万歳!人生万歳!人生万歳!人生万歳!

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウディ・アレン ラリー・デヴィッド エヴァン・レイチェル・ウッド パトリシア・クラークソン ヘンリー・カヴィル エド・ベグリー・Jr 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
りおさん、前に言ってた
翔の上映がまたあって初日にブロガーさん数人また来てくれるのだけどりおさんはいかがかな?
ぜひともりおさんにも会いたいわ☆
お返事はツイのDMでもいいし。
アレンの映画はやっぱり笑いのツボ合う。古いのかな私(笑)
ガーデンシネマ最後の上映、悲しいね。
2011年02月04日(金) 00:09 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございます v-411

> りおさん、前に言ってた
> 翔の上映がまたあって初日にブロガーさん数人また来てくれるのだけどりおさんはいかがかな?

2月後半だっけ。まだわかんないけど、時間が合えば行きますね。

> アレンの映画はやっぱり笑いのツボ合う。古いのかな私(笑)

そうしたらみんな古くなっちゃう(笑)
笑いのツボが合うって大事だよね。

> ガーデンシネマ最後の上映、悲しいね。

復活はもうないのかなあ…寂しいね。
2011年02月05日(土) 21:06 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ランキングクリックしてね ←please click しばらく離れていたNYに5年振りに再び戻ってきた、ウディ・アレン監督40作目 アレンの映画、好き♪ 来年1月28日をもって、17年間の歴史に幕を閉じることが決定した(閉館)恵比寿ガーデンシネマで最後の鑑賞となった。 (?...
2011年02月04日(金) 00:10:20 |  我想一個人映画美的女人blog
米映画界の才人、ウディ・アレン(75)がメガホンを執った自身40作目となり、故郷NYを舞台にしたラブ・コメディ「人生万歳」(原題=何でもあり、2009年、米、91分、W.アレン脚本)。この映画は、ひょんなことから出会った中年学者と、世間知らずな家出娘とのお...
2011年05月15日(日) 03:00:09 |  シネマ・ワンダーランド
『それでも恋するバルセロナ』などの名匠、ウディ・アレン監督の通算40作目となるラブコメディー。久々に舞台をヨーロッパから古巣ニューヨークに移し、くたびれた中年男性と若い娘の奇妙な恋愛模様を映し出す。主役を務めるのは、アメリカを代表するコメディアンのラリー...
2011年11月13日(日) 22:07:10 |  サーカスな日々