週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > GANTZ:PERFECT ANSWERHOME > A~M > GANTZ:PERFECT ANSWER
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


GANTZ:PERFECT ANSWER 
2011年06月04日 (土) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
GANTZ:PERFECT ANSWERGANTZ:PERFECT ANSWER
2011年/日本/141分
監督: 佐藤信介
出演: 二宮和也/松山ケンイチ/吉高由里子/本郷奏多/夏菜
公開: 2011年04月23日
公式サイト

謎の黒い球、ガンツに呼び寄せられ、地球を征服しようとしているという星人たちと戦いを繰り広げることになった玄野(くろの)計。戦いの中で死んだ幼馴染の加藤勝を生き返らせるため、玄野(くろの)は同じように部屋に集められた仲間たちと一緒にミッションを遂行していた。一方、モデルの鮎川映莉子の元に小さい黒い球(ガンツ)が送られてくる。鮎川は小さい黒い球(ガンツボール)の指示のままに人を殺し、部屋に人を送り込んでいた。
現実の世界に戻っていた玄野(くろの)の前に、死んだはずの加藤が現れ、玄野(くろの)は混乱する。そして黒い球(ガンツ)部屋に召喚された玄野(くろの)たちは、「黒服星人をやっつけろ」という指令を受けて転送されるが、転送先はいつもと違い、普通の人が乗っている電車の中だった。玄野(くろの)たちは戸惑うが、黒服星人は構わずに攻撃を始め、その場にいた一般人たちは戦いに巻き込まれて倒れていく。必死で黒服星人たちと戦ううちに、メンバーの中村孝太、山本真子、小林新一は以前黒い球(ガンツ)に召喚され、黒服星人と戦ったことを思い出す。彼らは、100点を取って黒い球(ガンツ)から解放された“卒業生”だったのだ。玄野(くろの)は黒服星人と戦っている電車の中に小島多恵が乗っているのを目撃する―――――


前作を観ているので一応チェック。先週した3本はしごの3本目です。
「ANOTHER GANTZ」は「こんなに放映して大丈夫?って思うくらい1作目のダイジェストだよ。観なくても大丈夫」と言われていたので、録画はしているけど観ないで行きました。冒頭に1作目のダイジェストが流れるので、本当に観なくても大丈夫でした。
“PERFECT ANSWER”…どこが?って感じでした…
一応物語は終了するけど、ガンツが何なのか、星人が何なのか、何のために星人と戦っているのか、核となる部分の説明は全くなく、最後に玄野が玉男になりかわって、殺された皆は生き返って記憶もなくして解放されて平和になりましたちゃんちゃんって…それで終わらせないでよ。こんなので“PERFECT ANSWER”なんて銘打つなよ、ふざけんな ってくらい、消化不良。

今回新たに加わった謎も投げっぱなし。
ガンツボール って何なのさ。
ガンツの言う4つめの鍵が多恵だったのは理由は何なのか。彼女は星人じゃないんでしょ? あ、でも加藤星人に3度刺されてもふらつきつつ玄野の元まで歩ける星人並みの多恵に笑った。しぶと過ぎでしょ。
ガンツから解放されても、こうやって呼び戻されるんなら、100点メニューの解放って嘘じゃねーか。そもそも何のために卒業生たちは集められたのか。ガンツが電池切れとなる前に星人を片付けようとしたんじゃないかって推測していたけど、そもそも星人と戦う必要があるのか。星人は仲間を殺された復讐をしていると言うし、観ていると先に仕掛けているのはガンツメンバーだから、星人の主張も納得できるんだけど、ガンツが何故星人に戦いを仕掛けるのかも明かされないし…
星人がガンツにかけた聖水 ?も何だかわからん。ガンツが爆発したのかと思ったら、爆発はしたようだか普通にガンツは存在していたし、爆発の意味がわからん。
最後のガンファイト…とは言えないか、単なる撃ち合いの意味も不明。あれだけ至近距離で撃ち合って、主要人物だけ生き残るってどういうことか。
回収された?謎としては、死んだはずの加藤が何故生きていたのかというものがあるけど、この種明かしが、星人が化けていて本物の加藤ではなかったという拍子抜けの理由

100点取って生き返るために多恵を狙うのは、普通の行動だよね。彼女が星人じゃない証拠もないし、これまでガンツメンバーがしてきたことのターゲットが多恵になっただけ。これまで散々星人を殺してきたくせに多恵は駄目とか、玄野も勝手だよなあ。星人の立場だったら ( ゚Д゚)ハァ? でしょ。

どうでもいいところでは、生き返った西くんがあっさり加藤星人に殺されちゃって笑った。多恵に比べて弱すぎ(笑) 何のために生き返ったんだ彼は。

良かったのは、電車 でのアクション。相当格好良かった、というか、ここしか褒めるべき点が見つからない… (^_^;)
これまでの星人に比べて、黒服星人も加藤星人も強いのなんのって。黒服なんか、腕を切り離されても再生出来ちゃうんだぜー刺されてもなかなか死なないんだぜーでもガンで撃たれたら再生できないの…うーんという感じはあるけど、アクションは格好良かった。黒服仲間の女子高生、強くて良かったなー
今回はほとんど日本刀 でのアクションなので、ねぎ星人みたいなグロは抑えられていたように思います。

今回は夏菜がほぼ登場せず、ヒロインは吉高由里子ってことで彼女が出ずっぱりでした。舌足らずなしゃべりかたにちょっとイライラ
山田孝之は勿体ない使い方ですね。あの役自体、一体何のために出てきたのか意味不明。いらないでしょ。
鮎川役で出ている伊藤歩が、どうもPerfumeのかしゆかに観えちゃってねー。何となく似てません?

評価:★(1.0)
サブタイトルが“PERFECT ANSWER”な割に全くPERFECT ANSWERではなく、感覚としては詐欺みたい。。。
原作はまだ連載中らしいんだけど、あえて映画化するのなら、映画なりの謎回収はするべきではないかと思うのですが。でなければ、“PERFECT ANSWER”なんてサブタイトルつけなきゃいい。
すっきりしないので★0.5にしたいところだけど、電車のアクションが格好良かったのでおまけ。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]GANTZ PERFECT ANSWER [Blu-ray]
(2011/10/14)
二宮和也、松山ケンイチ 他
商品詳細を見る

GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]GANTZ PERFECT ANSWER [DVD]
(2011/10/14)
二宮和也、松山ケンイチ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:佐藤信介
出演者:二宮和也、 松山ケンイチ、 吉高由里子、 山田孝之
収録時間:141分
レンタル開始日:2011-10-14

Story
「週刊ヤングジャンプ」で連載中の人気コミックを映画化したSFアクションの完結編。ガンツの100点めにゅーで加藤を生き返らせることができると知った玄野は、心強い仲間たちと共に順調に得点を積み重ねていた。ところが、ガンツに異変が起き始め…。PG12 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
【Blu-ray】GANTZ PERFECT ANSWER(ブルーレイ)【Blu-ray】GANTZ PERFECT ANSWER(ブルーレイ)GANTZ PERFECT ANSWER (ブルーレイディスク)GANTZ PERFECT ANSWER (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:佐藤信介 二宮和也 松山ケンイチ 吉高由里子 本郷奏多 夏菜 山田孝之 伊藤歩 「GANTZ」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。