週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > この愛のために撃てHOME > か~こ > この愛のために撃て
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


この愛のために撃て 
2011年08月20日 (土) | EDIT |
 有楽町スバル座にて鑑賞
この愛のために撃てこの愛のために撃て/A BOUT PORTANT
2010年/フランス/85分
監督: フレッド・カヴァイエ
出演: ジル・ルルーシュ/エレナ・アナヤ/ロシュディ・ゼム/ジェラール・ランヴァン/ミレーユ・ペリエ
公開: 2011年08月06日
公式サイト

看護助手のサミュエル・ピエレットは、愛する妻ナディアが臨月を迎え、幸せの絶頂にいた。ある日、勤務する病院に担ぎ込まれた身元不明の男の患者の人工呼吸器が切断されたのを目撃したサミュエルは、間一髪で患者を救う。何のために患者が命を狙われたのかわからず、夜勤を終えて家に家にたどり着いたサミュエル。ところが突然家に侵入してきた何者かに殴られて気を失い、その間にナディアは誘拐されてしまう。気が付いたサミュエルの元に、妻を返して欲しければ、昨日入院した患者を外へ連れ出せと言う電話がかかってくる。ナディアを救うため、サミュエルは患者を連れ出すが、実は患者は強盗犯として前科があるユーゴ・サルテと判明、サミュエルは思わぬ事実に動揺しつつ、サルテを連れてナディアを救出に向かうが―――――


フレッド・カヴァイエの2作目です。「すべて彼女のために」がかなり好みだったので、観に行ってきました~
何せ全編85分。ノン・ストップ・ムービーという言葉がしっくりくるくらい、展開が超スピーディーで、何となく「96時間」を思い出しました。捕らわれた家族を救うために戦う男という基本路線だけが一緒で、サミュエルはブライアンと違って特殊部隊出身ではないし(笑)、善良な一般人だけど。まぁ、王道ともいえるね。

冒頭、男が逃げているシーンから畳み掛けるように始まって、何が何だかわからないままにナディアが誘拐、サルテの正体がわかり、誘拐した相手がサルテの仲間?って辺りから、思っていたのとは違う方向に進んでいきました。こういうの結構好き  少々疑問があっても、あれ?と思う前に次々と展開するので、かなり引き込まれました。犯人というか、これを仕組んだ相手が結構あっさりわかったなあという感じだけど(笑)
ファーブルが味方になってくれるのだろうと思いきや、さくっと退場したのには、かなりびっくり

前半はサミュエルがナディアを救うための奮闘、後半はそれもありつつ、サルテが巻き込まれた陰謀を暴く展開になっていて、かなり緊迫感がありました。地下鉄を逃げるシーンとか、警察署の中でのシーンとか。
2人が警察署に入り込むのに、サルテが取った方法に ( ´・∀・`)へー 確かにあの混乱の中なら、誰が入り込んでもわからないもんね。ギャングだかマフィアだかわからないけど、サルテに協力して騒ぎを起こしてくれるって親切だ(笑)

サルテは悪党なんだけど、巻き込んだ一般人であるサミュエルに申し訳ないと思っているような態度なので(ま、「自分をハメたマルコーニ許せん」が第一にきてはいるけど)、そんなに嫌なやつという感じはしない。サミュエルは、ナディアを気遣う様子からしても、善良な一般市民って感じがにじみ出ているし、入り込みやすいかな。サミュエルの子供が産まれた時は、良かったねー!!ってちょっと ( ;∀;) ホロリ

評価:★★★☆(3.5)
すべて彼女のために」には及ばないけど、テンポのいいサスペンスで、なかなか良かったです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

この愛のために撃て [DVD]この愛のために撃て [DVD]
(2012/02/24)
ジル・ルルーシュ、エレナ・アナヤ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:フレッド・カヴァイエ
出演者:ジル・ルルーシュ、 エレナ・アナヤ、 ロシュディ・ゼム
収録時間:85分
レンタル開始日:2012-02-24

Story
ハリウッドリメイクされた『すべて彼女のために』で脚光を浴びたフランスの俊英、フレッド・カヴァイエ監督によるサスペンスアクション。パリ市内の病院に勤務する看護助手のサミュエルは、突然家に押し入ってきた謎の男たちに妻を誘拐され…。PG12 (詳細はこちら
【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
この愛のために撃てこの愛のために撃てこの愛のために撃てこの愛のために撃て

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フレッド・カヴァイエ ジル・ルルーシュ エレナ・アナヤ ロシュディ・ゼム ジェラール・ランヴァン ミレーユ・ペリエ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
あらすじパリ市内病院勤務の看護助手サミュエルは妻が誘拐され、脅迫の電話がかかってくる・・・。感想『スリーデイズ』として、ハリウッドでリメイクされた『すべて彼女のために』...
2012年02月16日 (木) 22:29:30 |  虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映...
あらすじパリ市内病院勤務の看護助手サミュエルは妻が誘拐され、脅迫の電話がかかって
2012年02月16日 (木) 22:29:47 |  虎団Jr. 虎ックバック専用機
最後までハラハラできる展開で大変面白いフレンチノワールだった。
2012年03月06日 (火) 00:17:26 |  だらだら無気力ブログ!
監督 フレッド・カヴァイエ 主演 ジル・ルルーシュ 2010年 フランス映画 84分 サスペンス 採点★★★★ 子供が3人いるんですけど、上の子2人の出産には立ち会えなかった私。女房が出産に向け入院中だった上に私は仕事の都合で県外に居たんで、「さっき産まれたよー…
2012年03月11日 (日) 09:18:39 |  Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。