FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > は~ほ・う゛ > ハウスメイド
ハウスメイド 
2011年09月04日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
ハウスメイドハウスメイド/하녀
2010年/韓国/107分
監督: イム・サンス
出演: チョン・ドヨン/イ・ジョンジェ/ソウ/ユン・ヨジョン/パク・チヨン
公開: 2011年08月27日
公式サイト

イ・ウニの元に、ある上流家庭が住み込みの家政婦を探しているとチョがやってくる。ウニはメイドとして、チョとともに、その家の主人コ・フンと臨月の妻ヘラ、娘ナミの世話をすることになる。ある夜、フンがウニの部屋へやってきて体を求め、ウニはこれを拒まず、フンを受け入れる。しばらく関係が続いた後、フンは小切手をウニに渡し、ウニはショックを受ける。その時、2人の関係を察知していたチョは本人よりも早くウニの妊娠に気づいていた。チョからそれを聞き危機感を持ったヘラの母親は、事故を装ってウニを流産させようとするが―――――


予告が面白そうだったので、期待していました。さっそく鑑賞~
ちょっと期待外れ。ドロドロかと思いきやそんなでもなく。。。

主人公であるウニに感情移入できないのがしんどい。作り手の意図としては、恐らくウニに感情移入するように作っているんだろうけど、どうもこのウニが無垢というよりはちょっと足りない感じなので、共感しにくいんだな
中絶するのが嫌なら、さっさと辞めて遠くで子供を産めばいいのに、それをせず、妻に憎まれているのがわかっていてそのままあの家で過ごすという神経がわからない。別に金目当てでもなさそうなのに。
無理矢理中絶させられた後、復讐するとか宣言していたので、これから何やってくれるんだろう ( ^ω^)ワクワク 、産まれた双子に何かするのかと思いきや、あれのどこが復讐なのさ。全然復讐になってなくね? こんなことしてもこの家族には全く応えていないでしょうと思ったら、案の定のラストでした。

この旦那も理解不能というか…。そもそも、妻が出かけていて戻らない夜とかならともかく、同じ家にいてメイドに手を出すかねえ…。普通に気付かれるでしょうよ。しかも子供部屋と繋がってるんだし。まぁ、やっぱり気づかれる訳ですけど、当たり前だよね。

ウニが「自分を人間扱いしなかった」と言うけど(実際名前も呼ばずに終始“アジュンマ”だもんね。アジュンマってお前そんな年変わらんだろう)、ウニだけじゃなくて、フンには妻であるヘラでさえも対等に思っていないんじゃない?って気がする。それであれば、別にウニに手を出したことがばれてもいい訳だよね。この旦那の行動って、そういうことなんだろうか。
ウニを流産させようとしたことを怒るけど、別にウニがどうとかじゃなくて、誰が産んでも自分の子供だとか言うし、要するに自分だけが大事ってこと?

ヘラとヘラの母親の行動の方が理解できるわ。愛人の子供を認めたら妻としての立場もないし、ウニが子供を産んで権利を主張したら、財産の一部を譲らないといけなくなる。説得に応じなければ、どんな手を使っても産ませるまいとするでしょう。

チョが何をしたかったのかもよくわからない。この家に忠実なのでウニの妊娠をご注進したのかと思いきや、そういう訳でもないし…ウニに同情して涙したりする。このばーさんが一番理解不能かも(笑)

冒頭の飛び降りも何の関係があったのかわからないわ。別に飛び降りた人がこの家と関係していた訳じゃないようだし。この辺は削っちゃっても良かったんじゃないかなあ。

韓国って、用を足すって隠すことじゃないのかしら。人に見られることを何とも思っていなさそうなことに、ちょっとショックというか文化の違いを感じました。

チョン・ドヨンがどうにもいとうあさこにしか観えなくて(笑)
イ・ジョンジェ、年取ったのかしら…「イルマーレ」の時とは全然印象が違って Σ(゚д゚lll)ガーン

評価:★☆(1.5)
雰囲気は悪くないんですけどね。107分よりもかなり長く感じた。期待外れというのが一番ぴったりくるかも。
息もできない」「母なる証明」を超えたなんて煽っているけど、正直この2作には遠く及ばない。
関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:イム・サンス チョン・ドヨン イ・ジョンジェ ソウ ユン・ヨジョン パク・チヨン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック