週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > さ~そ > 猿の惑星:創世記(ジェネシス)
猿の惑星:創世記(ジェネシス) 
2011年10月11日 (火) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマ豊洲にて鑑賞
猿の惑星:創世記猿の惑星:創世記(ジェネシス)/RISE OF THE PLANET OF THE APES
2011年/アメリカ/106分
監督: ルパート・ワイアット
出演: ジェームズ・フランコ/フリーダ・ピント/ジョン・リスゴー/ブライアン・コックス/トム・フェルトン
公式サイト
公開: 2011年10月07日

ジェネシス社の研究者ウィル・ロッドマンは、認知症の治療薬開発の過程で生まれた、脳細胞を再生させるウィルス“ALZ112”をチンパンジーに投与し、経過を観察していたところ、1匹のチンパンジー“ブライト・アイズ”に著しい変化が見られたため、臨床試験に持ち込むことを所長のジェイコブズに交渉し、了解を得る。しかしプレゼンの最中、何故か興奮して暴れた“ブライト・アイズ”がプレゼン会場に乱入、射殺されてしまう。プレゼンを台無しにされ怒ったジェイコブズは、計画の中止とチンパンジーを全て安楽死させることを命令、飼育係のフランクリンは、“ブライト・アイズ”が赤ん坊を産み、子供を守るために暴れたことを知り、赤ん坊のチンパンジーをウィルに託す。ウィルは認知症の父親チャールズの慰めになればと、飼い主が見つかるまでのつもりでチンパンジーを連れ帰るが、産まれたばかりとは思えない能力の高さに驚き、チンパンジーにシーザーと名付け、そのまま飼い続けることを決める。3年後、シーザーは人間の3歳児よりも高い能力を示していた。シーザーの能力の高さは“ALZ112”が母から子に遺伝したからだと考えたウィルは、“ALZ112”を会社に黙って持ち帰り、チャールズに投与する。チャールズはみるみるうちに回復し、通常の生活が送れるようになるが、時間を経ると病気が進行し、認知症の症状が出始める。隣人の車を傷つけたチャールズが責められているのを見たシーザーは、チャールズをかばって隣人に襲い掛かり、動物保護局に引き取られることになってしまう。ウィルは父を救いシーザーを取り戻そうと、“ALZ112”を進化させた“ALZ113”を作り出すが―――――


「猿の惑星」と「PLANET OF THE APES 猿の惑星」は観たけど、続編は全然観ていません。まぁこの2本観ていれば大丈夫かなということで、予告も面白そうだったし早速鑑賞~
普通に面白かった。時間が短いせいもあって、中だるみすることなく綺麗にまとまっていると思います。
全体的に、シーザーに同情するような作りになっているので(特に動物保護局のシーン)、感情移入しまくりですよ。シーザーを演じたアンディ・サーキス(「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラムとか演じている人だよね)が、言葉がないので表情で伝えるのに苦労したと言っていて、その甲斐あってか、シーザーの表情が素晴らしかった。動物保護局に隔離されたシーザーとウィルの別れは切なかった… (´Д⊂グスン シーザーが壁に窓の画を描くところなんて、ぐっときたわ。

シーザーが初めて言葉を発するシーンはすごく衝撃を受けました  ここで喋ると思わなかったので、余計に。

ウィルと(というより人間と)一緒に暮らしていくのは難しいと悟ったシーザーが、家に戻ろうと言うウィルに、森が家だと言って決別するシーンで、ウィルはシーザーの意思を尊重して納得するけど、ウィルの表情にちょっと違和感ありました。あそこ、笑って送り出していいのかなー。ウィルも無理だと悟ったってこと? でも僕がお前を守るとか言っていたけど…

猿たちが町を襲うシーンもすごい迫力あった。劇場でも、わっ とか声あがっていたくらい。3Dにしなくったって、こういう迫力あるシーンは作れるんだよ…。正直「キャプテン・アメリカ ファースト・アベンジャー」なんかよりよっぽど迫力ありました。

隣人がパイロット とか関係ないじゃん(笑)なんて思っていたら、ラストでこの伏線が回収されて、見事なエンディング。エンドロールも、この後どうなったかがわかるようになっていて、上手いなあ~と唸らされました。

ちょっと無理もありますけどね。
サーカスにいたマントヒヒ、モーリスと手話で会話をするのは無茶だわ。モーリスはシーザーと違うので、意味もわからず動きを覚えただけだと思いますので、会話は無理でしょう。

赤ちゃんシーザー がめちゃめちゃ可愛いのー  人間に近いし、猿は一番いいペットというものね。連れて帰りたいわー。
逆に、大人になったシーザーのあまりのデカさにびびりました。チンパンジーってあんなに大きくなるの? あれはシーザーだからなのかなあ。

評価:★★★★(4.0)
エンターテイメントとして、よく出来ているんじゃないでしょうか。オリジナルストーリーだけど、「猿の惑星」にも上手く繋がっているんじゃない? オリジナルをもう一度観たくなっちゃった。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
(2012/02/22)
ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント 他
商品詳細を見る

猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕猿の惑星:創世記(ジェネシス) 2枚組DVD&ブルーレイ&デジタルコピー(DVDケース)〔初回生産限定〕
(2012/02/22)
ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ルパート・ワイアット
出演者:ジェームズ・フランコ、 フリーダ・ピント、 ジョン・リスゴー、 アンディ・サーキス
収録時間:105分
レンタル開始日:2012-02-22

Story
SF映画の名作『猿の惑星』の“起源”を、『127時間』のジェームズ・フランコ主演で描いたSFアクション。製薬会社の研究所に勤める神経科学者・ウィルによってアルツハイマー病の新薬を投与された1匹のチンパンジーが、驚くべき知能を示すが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)【Blu-ray】猿の惑星:創世記(ジェネシス)(ブルーレイ)猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ブルーレイディスク)猿の惑星:創世記(ジェネシス) (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ルパート・ワイアット ジェームズ・フランコ フリーダ・ピント ジョン・リスゴー ブライアン・コックス トム・フェルトン アンディ・サーキス 「猿の惑星」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ランキングクリックしてね ←please click 今月いちばん楽しみにしてた作品。期待以上に面白かった~ 人間が猿に支配されるという斬新な発想と前代未聞の世界観、当時はそりゃあびっくりオチのラスト・シーンが有名な1968年の名作『猿の惑星』。 本...
2011年10月12日(水) 00:41:29 |  我想一個人映画美的女人blog
アメリカ、サンフランシスコ。 科学者のウィル・ロッドマン(ジェームズ・フランコ)は、アルツハイマー病の新薬を実験投与したメスのチンパンジーに、驚異的な知能発達があることを確認した。 しかし、...
2011年10月15日(土) 02:50:59 |  心のままに映画の風景
□作品オフィシャルサイト 「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」□監督 ルパート・ワイアット□脚本 リック・ジャッファ、アマンダ・シルバー □キャスト ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・コックス、       トム・フェ...
2011年10月23日(日) 10:24:50 |  京の昼寝~♪
SF史上に残る、あの名作の「あとづけ」続編映画なのだけれど、そうは感じさせない構成力。 「老い」とは 「親子の絆」とは 「人格」とは 「愛情」とは 「人権」とは 「尊厳」とは なあんていうようなフレーズが、観賞後に するすると出てくるドラマに仕上がった。 な...
2011年10月24日(月) 06:08:20 |  日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~
【=52 -9-】 子どもん頃に見た「猿の惑星」は実はたいへんなトラウマになっている。 子供心に本当に衝撃を受けた、動物園で見るお猿さんに対する感情が「畏怖」になった、あのときから。 そんな衝撃の映画の、ビギニング編、予告編を初めて見たときから、ビビリながらも...
2011年10月24日(月) 09:44:27 |  労組書記長社労士のブログ
猿の惑星:創世記(ジェネシス) ★★★★☆(★4つ) 人間が高度な知能を持つ猿に支配される前代未聞の世界観と、衝撃的なラストシーンで話題となった『猿の惑星』の前日譚(たん)をひもとく話題作。 前評判通り面白かったですよ~。 チンパンジーの表情が豊かで?...
2011年10月26日(水) 10:51:29 |  食はすべての源なり。
あの名作「猿の惑星」シリーズのエピソード1的物語『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。 猿が知性を身に着け、人類が滅亡へのカウントダウンに入るまでの出来事を描いています。 その一連の出来事の根底にあるのは、家族への“愛”。 家族への“愛”=人間の“エゴ?...
2011年11月03日(木) 07:11:43 |  Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
 様々なメディアに影響をもたらした、SF映画の金字塔的作品。その前日譚を、ルパート・ワイアット監督、ジェームズ・フランコ主演で映画化。  過去の名作がモチーフなだけに、取っつきにくい内容かと思いきや、意外にもSF初心者にも分かりやすい、いい意味で敷...
2011年11月06日(日) 10:08:23 |  新・狂人ブログ~暁は燃えているか!~
壮大な「猿の惑星」サーガ、そのプリークエルとなる最新作。 この際シリーズをもう一回お浚いしてみようかなと思っていたのですが、1作目の『猿の惑星』を見終わった処で、むしろ白紙に近い状態で見た方が良いかなと思いなおし、結局先に映画館へ。 とりあえず、オリ...
2011年11月13日(日) 21:42:42 |  【徒然なるままに・・・】
猿の惑星:創世記(ジェネシス)'11:米◆原題:RISE OF THE PLANET OF THE APES◆監督:ルパート・ワイアット◆出演:ジェームズ・フランコ、フリーダ・ピント、ジョン・リスゴー、ブライアン・ ...
2011年11月16日(水) 16:34:18 |  C'est joli~ここちいい毎日を~
 うちの親父はSFは嫌いなんだけど大のチャールトン・ヘストンファン。そんな親父がテレビで見ていた猿の惑星を一緒に見ていました。子供心ながら、ラストの衝撃は忘れられません。そんなわけでティム・バートンの猿の惑星 ― Planet Of The Apesも楽しみにしていたのに、...
2011年12月05日(月) 01:02:01 |  よしなしごと
猿のシーザーの表現が素晴らしかった!CGやVFX技術なんかの技術的な細かい仕様もあるのでしょうが、とにかくシーザーの猿らしい表現、知性を持った猿という難しい役柄をアンディー・サーキスさんは巧みにこなされていると感じました。 正直「猿の惑星」の話なんてもう忘?...
2012年02月26日(日) 11:18:21 |  いやいやえん
監督 ルパート・ワイアット 主演 ジェームズ・フランコ 2011年 アメリカ映画 106分 SF 採点★★★ 相変わらず次々と作られておりますねぇ、“ビギニング”物。確かに物の始まりってのを考えるのは楽しいもんで、私もボーっと鉛筆眺めながら「コレ、木だったんだ…
2012年03月05日(月) 12:31:12 |  Subterranean サブタレイニアン