週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 明日、君がいないHOME > あ~お > 明日、君がいない
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


明日、君がいない 
2007年05月16日 (水) | EDIT |
 アミューズCQNにて鑑賞
明日、君がいない明日、君がいない/2:37
2006年/オーストラリア/99分
監督: ムラーリ・K・タルリ
出演: テレサ・パルマー/ジョエル・マッケンジー/クレメンティーヌ・メラー/チャールズ・ベアード/サム・ハリス
公式サイト
公開: 2007年04月21日

優等生のマーカスは一流弁護士である父親を尊敬しているが、その反面、プレッシャーも強く感じていた。マーカスの妹メロディは、両親が兄にばかり期待をかけているため両親から疎まれていると感じていた。メロディの幼馴染であるスポーツマンのルークは、学校は弱肉強食だと言い、仲間たちと弱いものいじめを繰り返す。女の幸せは結婚にあると言うルークの恋人サラは、高校を卒業したら就職せずに彼と結婚したいと思っている。ショーンはゲイであることをカミングアウトしたため、両親からは腫れ物に触るような扱いを受けており、マリファナで苛立ちを抑えるしかなかった。イギリスから移住してきたスティーヴンは身体に障害があるため、学校でいじめを受けていた。
それぞれに悩みを抱える生徒たちが通う高校で、ある日、人の気配はあるのに鍵がかかっている扉があった。不審に思った生徒や教師が扉を叩くが、一向に返事はない。やがて、扉の下から血が流れ出てきて―――――


やっと観てきました! アミューズCQNは超久しぶり。ブログ初めてから、ホント渋谷に良く行くようになったよ。今までほとんど足を踏み入れていなかったのに。
主な登場人物が高校生なので、悩みの内容も、理解できないというものではなく身近に感じるものが多かったので、感情移入しやすかった。
わたしは、メロディが一番キツかった。割と始めの方で、もしかしたらそうかも…と思ってはいたけど、実際にそういうシーンが流れたら、もういたたまれなくて心臓痛くなっちゃった。。。あのシーン、結構長く感じたんだけど、わたしが女だからかな。

誰が自殺を図ったのかを探るミステリー仕立てになっているだけに、ラストは賛否両論あるかもしれないな。わたしは、まぁOK。

長回しを多用していて、同じシーンを、視点となる人物と時間を変えて撮っていたり、シーンの繋ぎ方が上手いなーと思いました。当日の出来事と、それぞれのインタビューシーンを交えていたり、構成も上手い。
ムラーリ・K・タルリ監督は今22歳。19歳の時にこの映画を撮ったという…末恐ろしい。migさんも触れていらっしゃるけれど、19歳が撮ったとは思えない出来栄え。今後大いに期待出来ます キラキラ

表には出さなくても、みんな深い悩みを抱えている。大人だろうと子供だろうと、悩みの重さは同じ。そして誰もが、時には潰されそうになりながらも、何とか折り合いを付けながら生きている。でも、折り合いが付けられずに潰されてしまう人もいる。
悩みの本質は、他人には理解しきれない部分はあるけど、やっぱり死んでしまったら全てお終い。死ぬのはいつでも出来る。今自ら命を絶たなくても、いつか人間は必ず死ぬし。だったら、その気持ちをバネにして、なにくそ!と思って生きて欲しい。生きていればいくらでも巻き返すチャンスはあるけど、死んでしまったら本当にお終いだから。

評価:★★★★★(5.0)
観た後に、色々考えてしまう映画。非常に重いテーマを扱っていますが、わたしはかなり好みです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

明日、君がいない [DVD]明日、君がいない [DVD]
(2008/01/25)
テレサ・パルマージョエル・マッケンジー
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ムラーリ・K・タルリ
出演者:テレサ・パルマー、 ジョエル・マッケンジー、 クレメンティーヌ・メラー、 チャールズ・ベアード
収録時間:99分
レンタル開始日:2008-01-25

Story
オーストラリアの新鋭、ムラーリ・K・タルリ監督が弱冠19歳で書き上げた脚本を、2年の歳月を掛けて完成させた初監督作。友人の自殺と監督自身の自殺未遂経験を元に、10代の若者が抱える心の闇と、その脆さを描き出す。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
明日、君がいない明日、君がいない明日、君がいない明日、君がいない

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ムラーリ・K・タルリ テレサ・パルマー ジョエル・マッケンジー クレメンティーヌ・メラー チャールズ・ベアード サム・ハリス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 『それぞれに深い悩みを抱える10代たち 自ら命を絶つのはだれなのか?』  コチラの「明日、君がいない」は、4/21公開になった2006年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品され、絶賛されたムラーリ・K・タルリ監督の衝撃の初監督作品なのですが、観て来ちゃい....
2007年10月11日 (木) 23:49:23 |  ☆彡映画鑑賞日記☆彡
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。