週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 50/50 フィフティ・フィフティHOME > 0~9 > 50/50 フィフティ・フィフティ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


50/50 フィフティ・フィフティ 
2011年12月10日 (土) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
50/50 フィフティ・フィフティ50/50 フィフティ・フィフティ/50/50
2011年/アメリカ/100分
監督: ジョナサン・レヴィン
出演: ジョセフ・ゴードン=レヴィット/セス・ローゲン/アナ・ケンドリック/ブライス・ダラス・ハワード /アンジェリカ・ヒューストン
公開: 2011年12月01日
公式サイト

シアトル公営ラジオ局に勤める27歳のアダム・ラーナーは、腰痛があまりにひどくなったため病院を訪れたところ、悪性神経鞘腫神経線維肉腫と宣告される。医師の説明にあまり理解が出来ず、アダムがネットで調べると、背骨の癌で、5年後の生存率が50%であることがわかる。アダムはショックを受けながらも、恋人レイチェルや母親のダイアンに打ち明ける。ダイアンは自分が看病すると言い張るが、認知症の父親の面倒も見なければならず、代わりにレイチェルが一緒に住んで看病することを申し出てくれる。闘病生活に入るアダムに、誰もが励ましの言葉を口にするが、アダムの心には響かず、孤独を感じていた。そんなアダムの側にいつもいたのは、「生存率50%なんて、どんなギャンブルより高確率だ」と言い、アダムの病気をネタにしてナンパをするような女好きの親友カイルだった。カイルや抗がん剤治療で知り合ったアランとミッチ、セラピストのキャサリンなど、色々な人に励まされ支えられ、アダムは不思議なほど平常心のまま日々を過ごしていたが―――――


前から楽しみにしていたので、公開日に行ってきましたの。1週間以上も前じゃん…
難病コメディとでもいいましょうか。そんなジャンルはないか(笑) 難病ものと言えばそうなんだろうけど、泣かせの難病ものではありません。
この脚本を書いたウィル・ライザーは実際に癌を克服したとのことで、カイルを演じたセス・ローゲンとは親友同士。つまり、セス・ローゲンが体験した話でもあるということ。そのせいか、かなりリアルです。

いくつになっても病気を宣告されるってキツイよね…。それが癌で、20代なら尚更のこと。平均寿命の半分に近くなればともかく、自分が死ぬなんて考えもしていない年代だもの。
アダムが癌を宣告された時、周りの音が消えて、目の前がぼやけるけど、ホントそうなると思う。

病気の怖さはなった本人にしかわからないし、病気と闘うことも、他人が代わってあげることは出来ない。周りの人間は、心を軽くしてあげられるくらいしか出来ない。こういう時に、本当に自分を心配して支えてくれているのが誰か、明確になるよね。
カイルの存在には本当に癒された。本人と一緒に馬鹿やれるって貴重。まぁそれはアダムが出歩けたってのが前提ですけどね。
アダムが、カイルの部屋にあった「癌患者とともに」という本を見つけた時、泣けた。
わたしも友だちを癌で亡くしていますが、親友同士とまでは言える関係ではなかったとは言え、自分は彼女の心を少しでも軽く出来たのかな、とちょっと思いました。

カイルがいいヤツだったので、余計に(笑)レイチェルにはムカついたー  「ヒア アフター」の時もそうだったけど、ブライス・ダラス・ハワードは、ホントムカつく女が上手い(笑)
癌に限らないけど、重病患者の看病は血のつながった家族だって辛いもの。病気の前から、そこまでアダムのことを好きじゃないんじゃ?って感じだったのに(カイルは嫌っていたくらいだし)、“癌になった恋人を見捨てる自分”が嫌だっただけで看病を引き受けるなんて、そりゃ耐えられないでしょうよ。だからアダムは最初に別れようって言ったのに…

自分が癌だとわかって、アダムは冷静に見えるけど実はそうじゃなくて、感情を表に上手く出せなかっただけ。馬鹿らしいと思いながらもセラピーに通っていたのは、恐らくそういうところを分かって欲しかったからじゃないかと思う。
カイルが持っていた本を見つけたり、ママが癌の子供を持つ親の支援グループに入っていたり、自分のことを心から心配して支えてくれている人がいることに気付いたアダムが手術に向かうところは良かった。カイルと「後でな」というのもさりげなくて。

ジョセフ・ゴードン=レヴィットは最近お気に入りなので、彼を観られて満足です  セス・ローゲンの役が風貌とマッチしていて良かったなぁ。
アナ・ケンドリックはまたも頭でっかちの役だけど、ちょっと観ててイラつく(笑) 結構評判がいい彼女だけど、どうもそう思えないのは顔が好みじゃないからかなー。

評価:★★★★(4.0.)
難病ものなのに、泣かせの映画ではないところが好みでした。まぁ泣きましたけど(笑)
オススメです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]50/50 フィフティ・フィフティ [Blu-ray]
(2012/07/03)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン 他
商品詳細を見る

50/50 フィフティ・フィフティ [DVD]50/50 フィフティ・フィフティ [DVD]
(2012/07/03)
ジョセフ・ゴードン=レヴィット、セス・ローゲン 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ジョナサン・レヴィン
出演者:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、 セス・ローゲン、 アナ・ケンドリック、 ブライス・ダラス・ハワード
収録時間:100分
レンタル開始日:2012-07-03

Story
ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演のハートフルドラマ。ガンで余命宣告を受けた青年の葛藤と周りの人間たちの交流をユーモラスに綴る。酒もタバコもやらずいたって“普通”に生きてきたアダムはある日突然、27歳の若さでガンと診断される。PG12 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
50/50 フィフティ・フィフティ
50/50 フィフティ・フィフティ
50/50 フィフティ・フィフティ50/50 フィフティ・フィフティ

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジョナサン・レヴィン ジョセフ・ゴードン=レヴィット セス・ローゲン アナ・ケンドリック ブライス・ダラス・ハワード アンジェリカ・ヒューストン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。