週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 源氏物語 千年の謎HOME > か~こ > 源氏物語 千年の謎
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


源氏物語 千年の謎 
2011年12月28日 (水) | EDIT |
 TOHOシネマズ 渋谷にて鑑賞
源氏物語 千年の謎源氏物語 千年の謎
2011年/日本/136分
監督: 鶴橋康夫
出演: 生田斗真/中谷美紀/窪塚洋介/東山紀之/真木よう子
公式サイト
公開: 2011年12月10日

時の権力者、藤原道長は、一条天皇の元に入内している娘、彰子に男子を産ませる野望を抱いていた。道長は、帝を彰子の元に通わせるため、当代一の筆を誇る紫式部に物語の執筆を依頼する。式部は道長をモデルとした若者、光源氏の物語の執筆を始め、物語は帝の心を捉え、また帝以外の人々の心をも魅了し、世の話題となる。帝の寵愛を得た彰子は見事に男子を儲け、道長は式部に物語を止めても良いと告げるが、式部は物語を書き続ける。道長への式部の思いと、物語の中で源氏の君を思う六条御息所の生霊とが同化しはじめ、道長の友人である陰陽師の安倍晴明は不穏な空気を感じ取っていた―――――


かなり恐ろしいことになりそうだと思いつつも(笑)、一応期待はせずに観てきました。
いや~はっはっはっはっはー… (;´∀`)
まぁ、「千年の恋 ひかる源氏物語」よりはマシかと。雅楽とか舞は東儀秀樹が指導しているだけあって(出演もしてますよん)、とても美しかった  それぞれの局もカプセルホテルじゃなかったし、聖子も飛ばないし(笑) どうでもいいところでは、女人たちの髪が短すぎる気がするが。あの時代は、身の丈より長かったような。

ただね…物語と現実を絡ませる必要性を感じない。式部の思いを描きたいなら、もう少しわかりやすい構成にした方がいいでしょう。源氏物語の大筋を知っている自分としては、物語の描写が物足りないし、知らない人には、物語と現実の境目がわかりづらいと思う。現実世界での式部の心情をもっと細かく知りたいのに、そこも中途半端な感じ。
晴明が物語に入り込んで怨霊 を調伏するのにも違和感ありました。式部の凝り固まった思いが物語から出てきて、それを調伏するならわかるんだけども…。物語の中で登場人物を調伏しちゃったら、物語が破たんしちゃう(笑)

冒頭で、何故か外をふらふら歩いている式部が道長に外でやられてしまうのに、えーーーーー!? って感じでした。…そりゃやられるだろうけども…。ここから式部の道長への思いは始まったという設定なんだと思うけど、どうにも不自然じゃない? 屋敷の廊下で会って…って感じで良かったのに。
政敵の伊周の怨霊が現れるシーンの意味もよくわからんなー。晴明が出てくるためだけ? 無駄なCG使っちゃってえ としか思えないわ。

物語の方も描写不足で、例えば源氏が何故藤壺をそこまで恋い慕うのか、六条が何故そこまで源氏に執着するのか表現されていないので、上手く現実と絡んでいない。絡ませるなら、そこがわかるようなエピソードをもう少し入れないと意味がないと思うのですよ。
解釈もちょっと違うかなあ。弘徽殿がギャグみたいで引いた。高貴な人は直接手を下したりしないのですわ。桐壷に掴み掛るって、ありえん。桐壷が弘徽殿に反撃するのもキャラ違うやろ。
葵が妊娠した時、六条が「何故愛されていない妻に子供が出来るのか」みたいなことを言うけど、そんな嫌味を本人に言えるくらいなら生霊にならなかったんじゃないか?とか。本は実家にあるので、そんな台詞があったかどうか確認できませんが(台詞があったら、わたしの記憶違いってことで)…
藤壺と源氏との逢瀬で、藤壺が自分から誘うとか…ええー ですわ。映画の内容に影響はないけど、冷泉帝と夕霧の誕生の順番も入れ替わっているのも、ちょいと気に障った。
最後の源氏の高笑いも良くわからん。

それにしても、千年の謎って何が謎なのか。そんなの映画の中で追究してもいないし。式部が道長への秘めたる思いを綴っていたということが謎だというなら、もう少しクローズアップするべき。

中谷美紀とヒガシは良かったけど、生田斗真は平安顔じゃないからどうもねえ。
田中麗奈はまぁ頑張っていたとは思うけど、源氏の君である生田斗真とそう年の差があるように見えないのもつらい(六条は源氏よりも年上なのも苦にしていたはず)。
女人たちはいーーーーっぱい出てくるし、しかも出番がちょっとなので、誰が誰か認識する間もなく(笑) 多部未華子は可愛かったけど、ちょっと葵のイメージと違うかも。

評価:★(1.0)
現実と物語のバランスというか、映画の構成がまずいと思う。そもそも期待はしていなかったけれども、中谷美紀とヒガシと、雅楽や衣装などの美しさぐらいしか見どころがない。源氏物語を好きな人にはオススメしません。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

源氏物語 千年の謎 Blu-ray通常版源氏物語 千年の謎 Blu-ray通常版
(2012/06/22)
生田斗真、中谷美紀 他
商品詳細を見る

源氏物語 千年の謎 通常版 [DVD]源氏物語 千年の謎 通常版 [DVD]
(2012/06/22)
生田斗真、中谷美紀 他
商品詳細を見る
源氏物語 千年の謎 Blu-ray豪華版(特典DVD付2枚組)源氏物語 千年の謎 Blu-ray豪華版(特典DVD付2枚組)
(2012/06/22)
生田斗真、中谷美紀 他
商品詳細を見る

源氏物語 千年の謎 豪華版(2枚組) [DVD]源氏物語 千年の謎 豪華版(2枚組) [DVD]
(2012/06/22)
生田斗真、中谷美紀 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:鶴橋康夫
出演者:生田斗真、 中谷美紀、 窪塚洋介、 東山紀之
収録時間:136分
レンタル開始日:2012-06-15

Story
日本が生んだ偉大なる恋愛小説「源氏物語」の誕生秘話を、光源氏の華麗なる愛と紫式部の秘めた恋の物語を交錯させた大胆な解釈で描き出した歴史絵巻。生田斗真、中谷美紀、東山紀之ほか豪華キャストが共演。監督は『愛の流刑地』の鶴橋康夫。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
源氏物語 千年の謎源氏物語 千年の謎源氏物語 千年の謎 (ブルーレイディスク)源氏物語 千年の謎 (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:鶴橋康夫 生田斗真 中谷美紀 窪塚洋介 東山紀之 真木よう子 東儀秀樹 田中麗奈 多部未華子 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。