週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 灼熱の魂HOME > さ~そ > 灼熱の魂
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


灼熱の魂 
2012年01月17日 (火) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
灼熱の魂灼熱の魂/INCENDIES
2010年/カナダ、フランス/131分
監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演: ルブナ・アザバル/メリッサ・デゾルモー=プーラン/マキシム・ゴーデット/レミー・ジラール
公式サイト
公開: 2011年12月17日

母親ナワル・マルワンが亡くなり、ナワルの勤務先の上司でもある公証人ジャン・ルベルから、遺言があると呼び出されたジャンヌとシモン。その内容は、「棺には入れず裸でうつぶせのままとし、墓石も立てず墓碑銘も刻まず。約束を守れぬ者には墓碑銘はいらぬ、約束が果たされた時に初めて墓碑銘を刻む」という奇妙なものだった。そして、双子の姉ジャンヌには父親宛の封筒、弟シモンには兄宛の封筒が託される。父親は内戦で死んだと聞かされ、兄のことは初耳だった2人は困惑し、これまで変わり者の母親に悩まされてきたシモンは父親も兄もいないと憤るが、ジャンは、確かに風変りな内容だが遺言は絶対であると2人を諭す。ジャンヌは1人、ナワルの出身地である中東のデルオム村へ向かい、母の人生を辿り始める―――――


これは予告にかなり興味を惹かれまして、早く観に行かなくちゃ!と思っていたのですが、年明けになってしまいました。第83回米アカデミー賞外国語映画賞ノミニーです。
いやあ…何というか、うーん…
サラの鍵」と同じく、現在のジャンヌ、シモンたちのストーリーと、ナワルの過去とが入れ替わるように進んでいくミステリ仕立ての構成なので、入り込みやすかったし、ナワルの生きてきた過酷な状況がだんだんわかってくるにつれて、どうなっちゃうんだろうと思っていたのだけど、衝撃の事実が明かされた時にちょっと引きました。
というか、この衝撃ありきでこの話考えられたのでは?と思うくらい、突拍子もないというか…。上手く言えませんが、しっくりこない感じがしました。

この事実を残された双子に伝えることに何の意味があったのかが、理解できない。これは、ナワルが墓の中まで持っていくべきことでしょう。ジャンヌが事実を知った時に悲鳴をあげたけど、自分なら自殺を考えるレベルの話だと思った。
そして、ニハドも。真実を知らされて、あのままニハドが生きていけるとも思えないけど…
真実を告げることがいいこととは限らない。これを聞かされた3人がどう思うかを考えたら、黙っていることが相手を思う、愛しているということだと思うので、敢えて3人に知らせたナワルは自分勝手な女としか思えない。
双子はこの事実を、自分の中でどう決着をつけて、どんな思いでニハドに手紙を持って行ったのか、色々葛藤があったはず。それがさらっと流されてしまったのもちょっと気にくわない。

あと、すっごく気になったのは、あまりにも偶然に頼りすぎているところ。
アブ・タレクとカナダのプールで会うのは、偶然が過ぎる。カナダどれだけ狭いんだって話。会った時、アブ・タレクが全く気付かないのも不思議だなあ。彼は似たようなことをあちこちでしていたのかな。拷問人だから、相手の顔も見ていなかったのか。そんな拷問人が、カナダで普通に暮らしていることも不自然極まりないと思うのですが。

ニハドが組織の中で戦士として育てられ、凄腕の狙撃手にまでなったのに、そんなに簡単に洗脳されてしまうもの? そこもちょっと不自然に感じました。

ジャンヌたちとニハドの年齢差もちょっと良くわからないんだよね。ナワルがニハドを出産したのが1970年。その後テロに身を投じて、15年服役して…そこで子供を産んでいるから、ジャンヌたちが幾つぐらいだろう。少なくとも働いている訳だから、20歳は過ぎているはず。看護婦のマイカが、歌う女が釈放されるまで双子の面倒を見ていたと言っていたので、収監されて14年目に妊娠した訳じゃないってことだよね。13年目に妊娠したとして、2009年にジャンヌたちが23~24歳とすると、妊娠したのは1984~85年くらいか。するとニハドは15~6歳くらい? そうは観えなかったが…

最初の方で、ナワルとジャンヌの区別がつきづらくてちょっと混乱 ?(゜_。)?(。_゜)?
どこの地域の話なのかもなかなかわからなくて、ジャンヌとシモンってフランス名っぽいし…と思っていたら、カナダだと出てきて でした。カナダのケベックって、フランス語が公用語なのね。ナワルの出身も、パレスチナの辺りなのかなあと思っていたんだけど、レバノンなんですね。知らなくてもわかるけど、知っていると背景がよりわかっていいかな。
バスが襲われるシーンは怖かった…。あのシーンが一番臨場感があったように思いました。

評価:★★★(3.0)
衝撃の事実のおかげで、残念なことになっている気がする。1+1=1じゃなくても、ナワルの悲劇は十分伝わるし…
そこまでは良かったので、★3.0で。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

灼熱の魂 [DVD]灼熱の魂 [DVD]
(2012/05/02)
ルブナ・アザバル
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演者:ルブナ・アザバル、 メリッサ・デゾルモー=プーラン、 マキシム・ゴーデット、 レミー・ジラール
収録時間:131分
レンタル開始日:2012-05-02

Story
母の深い愛が心を揺さぶるヒューマンミステリー。双子の姉弟・ジャンヌとシモンの母親が、謎めいた2通の手紙を遺して他界。その手紙は存在すら知らされていない姉弟の父親と兄に宛てられたものだった。姉弟は母の数奇な人生をたどり始めるが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
灼熱の魂灼熱の魂灼熱の魂灼熱の魂

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ドゥニ・ヴィルヌーヴ ルブナ・アザバル メリッサ・デゾルモー=プーラン マキシム・ゴーデット レミー・ジラール 第83回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
おはようございます!
コメント&TBありがとうございました。
あ、私もプールのシーンは思いました。
いや流石にそこで会うのは偶然過ぎるにも程があるだろうって。
顔を見てもそ知らぬ感じでしたし、ここは疑問に思う部分ではありましたね。
確かにあの真実あっての、それまでのドラマではあるでしょうけども、私はあの真実を考え付いた所に感心させられた部分はあります。
ただ重たいだけの映画は苦手なんですが、意外性を持つラストシーンを用意した作品にはどうしても好感を抱いてしまう私でありました。
2014年10月26日 (日) 08:47 |   | ヒロ之 #-[ EDIT]
ヒロ之さん
コメントありがとうございますv-411

> あ、私もプールのシーンは思いました。
> いや流石にそこで会うのは偶然過ぎるにも程があるだろうって。
> 顔を見てもそ知らぬ感じでしたし、ここは疑問に思う部分ではありましたね。

そうなんですよねー
ちょっとあれは偶然にも程があるって。

> 確かにあの真実あっての、それまでのドラマではあるでしょうけども、私はあの真実を考え付いた所に感心させられた部分はあります。
> ただ重たいだけの映画は苦手なんですが、意外性を持つラストシーンを用意した作品にはどうしても好感を抱いてしまう私でありました。

意外性を持つラストはわたしも好きなんですが、この作品については、ちょっとやり過ぎだなって思ってしまったんですよね。
後味が悪いのは嫌いじゃないんですが、あまりにもちょっと…と引いてしまったというのもあるかもしれません。
2014年10月27日 (月) 23:39 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Data原題INCENDIES原作ワジ・ムアワッド監督ドゥニ・ヴィルヌーヴ出演ルブナ・アザバル メリッサ・デゾルモー=プーラン マキシム・ゴーデット公開2011年 12月
2012年02月03日 (金) 21:06:57 |  映画 K'z films 2
主人公の女性・ナワルのあまりに壮絶な人生に、思わず「こんなのんきな人生を送っていてごめんなさい」とあやまりたくなってしまうような衝撃作『灼熱の魂』。 戦争やテロが、いかに過酷な運命を作り出すか、この作品が私に教えてくれました。 平和な世界でのんきに...
2012年02月12日 (日) 10:15:57 |  Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
 『灼熱の魂』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)随分と地味な映画ながら良い作品だと耳にしたものですから見に行ってきました。  確かに衝撃的な良作に違いありませんが、それにしても大層重厚な作品(注1)で、それも2時間11分もの長尺ですから、見る方...
2012年02月19日 (日) 07:54:50 |  映画的・絵画的・音楽的
11-88.灼熱の魂■原題:Incendies■製作年・国:2010年、カナダ・フランス■上映時間:131分■字幕:松浦美奈■料金:1,800円■鑑賞日:12月19日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:ドニ・ヴィルヌーヴ□原作:ワジディ・ムアワッド□撮影監督:アン?...
2012年03月01日 (木) 21:06:29 |  kintyre's Diary 新館
 どう考えてもおかしいと思った。  この傑作がアカデミー賞外国語映画賞のカナダ代表に選出され、ノミネート作品5本のうちに選ばれながら、肝心の受賞を逃すなんておかしい。  そこで第83回アカデミー賞...
2012年03月25日 (日) 23:38:35 |  映画のブログ
亡くなった父親と実在しない兄に宛てた2通の遺言状を双子姉弟に託して他界した母親。二人は真実を確かめるために、母親がカナダに亡命する前の故郷である中東の地を訪ねるのだが…。 この母親の過去を追体験して行き、母親の心に徐々に触れていく…そして最後に思いもよ...
2012年06月20日 (水) 09:19:34 |  いやいやえん
INCENDIES 2010年 カナダ/フランス 131分 ドラマ/ミステリー PG12 劇場公開(2011/12/17) 監督: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 『プリズナーズ』 脚本: ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演: ルブナ・アザバル:ナワル・マルワン メリッサ・デゾルモー=プーラン:ジャンヌ...
2014年10月23日 (木) 22:15:07 |  銀幕大帝α
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。