週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 永遠の僕たちHOME > あ~お > 永遠の僕たち
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


永遠の僕たち 
2012年01月22日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
永遠の僕たち永遠の僕たち/RESTLESS
2011年/アメリカ/90分
監督: ガス・ヴァン・サント
出演: ヘンリー・ホッパー/ミア・ワシコウスカ/加瀬亮/シュイラー・フィスク/ジェーン・アダムス
公式サイト
公開: 2011年12月23日


両親と交通事故に遭い、1人生き残ったイーノック・ブレイ。事故で臨死体験をして以来、第二次世界大戦で戦死した日本人の幽霊ヒロシが見えるようになったイーノックは、見知らぬ人の葬式に出ることを繰り返していた。あまりに頻繁に葬儀に現れるため、葬儀会社の人間に怪しまれていたイーノックを助けてくれたのが、アナベル・コットンだった。再び2人が出会った時、アナベルは自分が脳腫瘍で余命3か月であることをイーノックに告白する。イーノックはアナベルに、希望どおりの葬式が出来るように手伝いを申し出る。そして2人は急速に親しくなっていくが―――――


ガス・ヴァン・サントの新作。予告で流れるショートカットのミアにやられてしまい(笑)、行ってきました~
最近続くなあ、難病もの。「50/50 フィフティ・フィフティ」とか、観ていないけれど「私だけのハッピー・エンディング」もそうだよね。
これもそうかと思いきや、難病ものというよりは青春ラブストーリーでした。余命3か月の脳腫瘍なのにアナベルは全く死にそうに観えないし (^_^;) 、2人の周りには常に死が身近なものとしてあるけれど、それが2人を分けてしまうものとしての切なさもそんなになく、2人の触れ合いがただひたすら可愛らしい。
2人の取る行動が、周りが見えていない感じで(病院の遺体安置室に入り込んでデートしていたりとか)、これは若さだなあ と思いました。

これから生きていくイーノックが、あと少しで死ななければならないアナベルに甘えすぎ。そりゃ、遺される方が辛いのはわかるけど…。アナベルがイーノックに「大丈夫?」ってそれは逆でしょうと思いました。イーノックが遺される辛さだけがクローズアップされすぎていて、アナベルが愛する人を残していく辛さというのはほとんど描かれていない。それもあって、普通の難病ものとはちょっと違うなあと感じた。
全体的に現実味が薄いんだな。まぁ、幽霊 が見えるというところでファンタジーと思えばいいのだろうけど…
その辺が気になる人には、この映画は駄目だろうね。

自分の意識がない間に何から何まで全て済んでしまって、葬儀で思い出を語ることすら出来なかった両親と、死んでしまうと分かっていても密度の濃い時間を過ごせたアナベルとは違う。
日本で言うところの通夜ぶるまいみたいなものですね。アナベルの葬儀で家族や友人が思い出を語るけれど、イーノックが語る時の笑顔がいい  こういう風に送れたらいいなと思いました。大往生ならともかく、亡くした相手が若ければ若いほど、難しいことですが…

ミア、ショートカット似合うなあ。めちゃめちゃ可愛い
イーノック役のヘンリー・ホッパーは、デニス・ホッパーの息子なのね。可愛い顔しているわ。
予告で加瀬亮が出ているのを観て、おいおい大丈夫かいと思っていたら、役どころはともかく、彼らしくてなかなか良かったです。7歳までアメリカで過ごしていたんだってね。知らなかった。

評価:★★★(3.0)
映像も綺麗だし、難病を扱っているとはいえ現実味が薄いので、雰囲気映画と言えば雰囲気映画ではあるかな。
可愛らしい映画だけど、わたしは「ミルク」の方が好きかなー


操作を間違えて、一度書いたのに記事が消えてしまいました…がっくり _ノ乙(、ン、)_


DVDの購入はコチラ
【amazon】

永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]永遠の僕たち (初回生産限定ポストカード4枚組付き) [Blu-ray]
(2012/04/25)
ヘンリー・ホッパー、ミワ・ワシコウスカ 他
商品詳細を見る

永遠の僕たち コレクターズ・エディション [DVD]永遠の僕たち コレクターズ・エディション [DVD]
(2012/04/25)
ヘンリー・ホッパー、ミワ・ワシコウスカ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ガス・ヴァン・サント
出演者:ヘンリー・ホッパー、 ミア・ワシコウスカ、 加瀬亮、 シュイラー・フィスク
収録時間:91分
レンタル開始日:2012-04-25

Story
『ミルク』のガス・ヴァン・サント監督が放つラブストーリー。死に囚われた少年・イーノックには特攻隊員の幽霊・ヒロシの姿が見える。そんな彼は、ある日紛れ込んだ他人の葬儀の席でひとりの少女に出会う。ヘンリー・ホッパー、加瀬亮らが共演。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
永遠の僕たち永遠の僕たち永遠の僕たち永遠の僕たち

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ガス・ヴァン・サント ヘンリー・ホッパー ミア・ワシコウスカ 加瀬亮 シュイラー・フィスク ジェーン・アダムス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ノーチェックだったのですが、時間がピッタリだったのと 加瀬くんが出ていることを知って、観て参りました。 『永遠の僕たち』
2012年01月27日 (金) 20:58:45 |  ほし★とママのめたぼうな日々♪
「永遠の僕たち」★★★☆ ヘンリー・ホッパー、ミア・ワシコウスカ、加瀬亮出演 ガス・ヴァン・サント監督、 90分、 2011年12月23日公開 2010,アメリカ,ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント (...
2012年02月02日 (木) 07:48:34 |  soramove
17歳で死を目前にした少女、両親を事故で亡くし自身も臨死体験をした少年、特攻隊として自ら敵機に飛び込んだ体験を持つ日本兵。 この三人が過ごすまぶしい日々を描いた映画『永遠の僕たち』は、重いテーマを持ちながらも、キラキラとまぶしい青春物語です。 生と死の...
2012年02月11日 (土) 22:58:02 |  Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>
故デニス・ホッパーの息子のヘンリー・ホッパーさんが主人公。臨死体験をしたせいで彼だけにみえる特攻隊の幽霊の青年ヒロシ(加瀬亮さん)、知らない人の葬式を練り歩いたり、道に倒れた自分の周りに白線を引くなどの死への捉われなど、暗い話かと思えば、生を謳歌する切...
2012年05月14日 (月) 09:23:24 |  いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。