週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > スポンサー広告 > ロボジーHOME > ら~ろ > ロボジー
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
ロボジー 
2012年01月25日 (水) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
ロボジーロボジー
2011年/日本/111分
監督: 矢口史靖
出演: 五十嵐信次郎/吉高由里子/濱田岳/川合正悟/川島潤哉
公式サイト
公開: 2012年01月14日


家電メーカー、木村電器株式会社に勤める小林弘樹、太田浩二、長井信也の3人は、社長命令で専門外のロボット開発部に異動させられ、ロボット開発をすることに。ロボット博覧会まであと1週間、何とか二足歩行できるロボット“ニュー潮風”を開発できたものの、アクシデントにより“ニュー潮風”は壊れてしまう。追いつめられた3人は、とりあえずロボット博をやり過ごすために、着ぐるみショーと偽って中に入る人間を募集し、そこへ現れたのが、73歳の鈴木重光だった。鈴木には真実を知らせずに“ニュー潮風”に入ってもらい、ロボット博にやってきた3人。“ニュー潮風の披露を何とか終え、引き上げようとしたところ、鈴木が勝手に動き出してしまい、挙句の果てに、倒れる柱の下敷きになりそうになった女子大生、佐々木葉子を助けたことから、新聞やテレビで報道され、“ニュー潮風”は一躍有名になる。社名が売れたことから社長は大喜びだが、“ニュー潮風”の中身が人間だと言い出せない3人は、再び“ニュー潮風”に入ってもらうよう鈴木を説得するが…


怒りのあまりツイートしましたが、とにかく後ろにいた子供が煩くて煩くてイライラ  いい加減注意しようかと思ったところに、別の人が注意したので、少し納まりましたが…。こういうの久々でしたので、怒りが増幅しましたわ。親はちゃんと注意しろっての。
基本ドタバタコメディなのはわかってはいるけど…何というか、リアリティに欠けるんだよねえ。。。
コメディなので、勿論がちがちにリアリティなんて求めていないんだけど、それにしてもどうもなあ… という感じ。「ハッピーフライト」もそうだったけど、ちょっと不自然で無理があるところを強引に押している気がする。

その場しのぎでロボット に人を入れるのは、全然アリだと思うの。そこはいいんだけど、その後の展開がねえ…。明らかに、どう考えてもおかしいでしょう、バレるわなという状況なのに、誰1人として疑問を抱かないのが不自然なんだよなあ。中に人が入っているとはまさか誰も思わない、それはそうかもしれないけど、それにしても というレベルなのよね。
ああいう画期的なロボットが出来たら、いくら断っても、その分野からの取材や質問が殺到するはずで、それに答えない訳にはいかないと思うんだよね。それをスルーして、イベント営業だけ受けるのも、普通は怪しく思うでしょう。“ニュー潮風”の動きは明らかにロボットの動きではないし、ロボットが1人でタクシーに乗ってきたりするのも、やりすぎだと思う。

まぁ、開発畑ではない3人にロボット開発を命じるというのが、そもそも無茶だけどね。ロボットは出来てはいたので、素地はあったのでしょうが…(その割には、学生たちに専門用語を聞き返したりしていたけど)

無茶な社長命令に3人が逆らえないし、ロボット開発部のしょぼさから、零細な町工場をイメージしていたんだけど、3人が社長室に呼ばれて社内を歩くシーンでは妙に立派だし、他の社員もいっぱいいる…よくよく見たら株式会社だもんねえ。その辺りがすごくギャップがあって、戸惑いました。

どうでもいいところでは、夏じゃなくて良かったねって感じ。夏なら死んでるね。じーさんだし。

これ、どうオチをつけるんだろうと思って観ていたんだけど、オチのつけ方は悪くなかった。誰も傷つけずに済むには、ああするしかないだろうな、っていうくらい綺麗に片を付けたなあと思いました。田畑智子演じるローカルテレビのキャスター?は気の毒でしたが。ま、ラストはコメディならではのお約束かな。

五十嵐信次郎ことミッキー・カーチスが、まぁ本人紛うこと無き爺さんですが(笑)、老人特有の我儘さとか、見栄っ張りだったり、本当にいそうな爺さんで良かったなあ。
和久井映見を久々に観ました。年取ったね彼女も… (´・ω・`)

木村電器の車が鈴木を迎えに来た駅が、どこかで観たことあるなー…と思っていたら、たぶんあれは門司港駅ですね。ちょうど去年11月に行ったところだったので、ちょっと嬉しくなりました  行ったことのある場所がロケに使われていると、観ていて楽しいね。

評価:★(1.0)
後ろのお子さまはげらげら笑っていましたが、わたしはほとんど笑えなかった。
「スウィングガールズ」は観ていないけど、矢口史靖、どうにも失速気味な気がするよ。。。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ロボジー<Blu-ray>スペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)ロボジースペシャル・エディション(特典Blu-ray付2枚組)
(2012/08/03)
五十嵐信次郎、吉高由里子 他
商品詳細を見る

ロボジー スタンダード・エディション [DVD]ロボジー スタンダード・エディション [DVD]
(2012/08/03)
五十嵐信次郎、吉高由里子 他
商品詳細を見る

ロボジー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]ロボジー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
(2012/08/03)
五十嵐信次郎、吉高由里子 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:矢口史靖
出演者:五十嵐信次郎(ミッキー・カーチス)、 吉高由里子、 濱田岳、 川合正悟
収録時間:111分
レンタル開始日:2012-08-03

Story
『ハッピーフライト』の矢口史靖監督が「ジジイとロボット」をテーマに描いた爆笑エンタテインメント。家電メーカーの窓際社員3人組が、社長命令で開発させられていた二足歩行ロボット・ニュー潮風。ところが、発表直前にロボットは大破してしまい…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ロボジーロボジーロボジー (ブルーレイディスク)ロボジー (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:矢口史靖 五十嵐信次郎 吉高由里子 濱田岳 川合正悟 川島潤哉 田畑智子 和久井映見 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画 ロボジー(公式サイト) を 思いがけず「舞台挨拶付」の試写会でみせて頂くことができました。   矢口監督、吉高ちゃ
2012年01月27日(金) 20:59:56 |  ほし★とママのめたぼうな日々♪
3分で分かるあらすじ紹介いきます。 (完全ネタバレ!) 弱小家電メーカー社長から、いきなりロボット開発を申しつけられた三人の社員。 簡単にできるはずもなく、急場をしのぐ ...
2012年02月04日(土) 00:46:20 |  23:30の雑記帳
 映画ブログのクセして映画の記事は約1ヶ月ぶり。久々の映画記事はロボジーです。
2012年03月17日(土) 10:58:07 |  よしなしごと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。