fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > ら~ろ > ルワンダの涙
ルワンダの涙 
2007年02月09日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞
ルワンダの涙ルワンダの涙/SHOOTING DOGS
2005年/イギリス、ドイツ/115分
監督: マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演: ジョン・ハート/ヒュー・ダンシー/クレア=ホープ・アシティ/ドミニク・ホルヴィッツ
公式サイト
公開: 2007年01月27日

1994年04月05日―――――
アフリカ、ルワンダ共和国にある公立技術専門学校では、この学校を運営する英国ローマン・カトリック教会のクリストファー神父の元、海外青年協力隊の教師としてやってきたイギリス人青年ジョー・コナーが子供たちとグラウンドで戯れていた。その傍らでは、長く抗争が続いているフツ族とツチ族の平和監視のために駐屯している、チャールズ・デロン大尉率いる国連軍のベルギー兵たちがくつろいでいた。しかし、市場に出かけたジョーは、フツ族の民兵がツチ族を手荒に扱っているのを見かけ、クリストファー神父は見知らぬ男たちがツチ族のいる家を確認しているところを目撃する。市場でBBCのTVクルー、レイチェルから、取材中にツチ族の人が殺害されたのを見たと聞かされたジョーは、ルワンダに漂う不穏な空気を感じ取る。
04月06日の夜、ジョーがベルギー兵たちとテレビでサッカーの試合を観ていた時、突然遠くで爆発音が響く。まもなく大統領専用機が墜落したという連絡が入り、クーデターかもしれないと推測したデロン大尉は学校の門を閉じ、ベルギー兵たちは戦闘態勢に入る。そこへ多くのルワンダ人たちが押し寄せ、クリストファー神父の判断で彼らを学校に招き入れる。避難民たちは増え続け、ジョーは学校のトラックで町の様子を見に行くが、町には異様な雰囲気が漂っていた。そこへ元大臣のングリンジラがやってきて、デロン大尉に「フツ族がツチ族を皆殺しにしようとしている。国連に介入を要請して欲しい」と訴える。そしてその言葉どおりに、フツ族によるツチ族大虐殺が始まってしまう―――――


TOHOシネマズ 六本木ヒルズ、初体験です~ 音符
上映前に、上映中のマナーについての映像が流れていたんだけど、昔の知り合いがやっているやつだったのでびっくりした。まぁ、今や結構な有名人だからなあ…
いや~これも泣いたわ…
ホテル・ルワンダ」である程度知識はあったものの、またもやかなりやられました。

ホテル・ルワンダ」では主人公が当事者だったけれど、こちらは当事者ではなく、第三者である白人としての立場で描いていて、ルワンダ人ではないわたしは、どっちかというとこちらの方が感情移入しやすかったかも。
ジョーと一緒に働いていたフツ族のフランソワが虐殺に関わっているようだと知った時、「あなたはわかっていない」と言って学校を去ったフランソワの言葉の真意を知ってジョーがショックを受けるのも、BBCのTVクルーであるレイチェルの「ボスニアで虐殺を見た時は自分の母親を重ねてしまって怖かったけど、ここではただのアフリカ人が死んだだけと思ってしまう」という台詞もかなりリアルだった。
巻き込まれてはいるけれど、自分は殺す側でも殺される側でもない、どこか他人事として見てしまう第三者的な立場を良く表していたと思います。

ヘー太さんも書かれていますが、原題である「SHOOTING DOGS」の元になった会話は、痛烈でした。
マシンガンさえ事務総長の命令がないと撃てない、あくまで自衛のために武器を持っていると主張するデロン大尉が、クリストファー神父に「門の外で死体を食べる犬を撃ち殺すので、避難民たちに驚かないように伝えてくれ」と言うと、神父は「当然犬が発砲してから撃つんだろうね?」と憤る。虐殺を止めるために発砲は出来ないのに、犬を殺すためなら発砲する。国連軍はいったい何のためにあの場にいたんだろうね…

正義感にかられたジョーが、最初は現地に残ったものの、最終的にはルワンダを去ってしまう気持ちもわかるし、残ることを選択した神父の気持ちもわかる。ホテルマンであったポール・ルセサバギナが現地に残ることを決意するより、神父の方がわかりやすかったかな。

評価:★★★★☆(4.5)
本当に、この出来事は風化させてはいけない。エンディングで、この虐殺で家族を失った映画のスタッフたちが紹介されています。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ルワンダの涙 [DVD]ルワンダの涙 [DVD]
(2009/12/02)
ジョン・ハートヒュー・ダンシー
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演者:ジョン・ハート、 ヒュー・ダンシー、 ドミニク・ホロウィッツ、 クレア=ホープ・アシティ
収録時間:115分
レンタル開始日:2007-09-19

Story
94年にルワンダ共和国で起きた大虐殺の模様を、現地で取材したBBC記者の実体験をベースに映画化。フツ族によるツチ族虐殺事件が勃発し、学校は一夜にして難民の避難所に。国連軍が諦めて手を引いた時、英国人教師と神父は大きな選択を迫られる。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ルワンダの涙ルワンダの涙ルワンダの涙ルワンダの涙

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マイケル・ケイトン=ジョーンズ ジョン・ハート ヒュー・ダンシー クレア=ホープ・アシティ ドミニク・ホルヴィッツ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック