週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > SHAME―シェイム―HOME > N~Z > SHAME―シェイム―
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


SHAME―シェイム― 
2012年04月10日 (火) | EDIT |
 シネマスクエアとうきゅうにて鑑賞
SHAME―シェイム―SHAME―シェイム―/SHAME
2011年/イギリス/100分
監督: スティーヴ・マックィーン
出演: マイケル・ファスベンダー/キャリー・マリガン/ジェームズ・バッジ・デール/ルーシー・ウォルターズ/ニコール・ベハーリー
公開: 2012年03月10日
公式サイト

ニューヨークで暮らすブランドンは独身貴族を謳歌しているように見えながら、行きずりの女性や娼婦とのセックスを繰り返し、職場のトイレや家でも自慰にふけるセックス依存症だった。それなりに日々を過ごしていたが、ある日、妹のシシーがブランドンの家に転がり込んでくる。シシーがブランドンの日常に入り込んできたことにより、これまで上手くやってきたはずのブランドンの生活が崩れ始める―――――


これも終わっちゃう前に慌てて行ってきました
セックス依存症の男が主役なので過激なのかなあ…と思っていたのだけど、セックスシーンは多けれど、ほとんどエロは感じませんでした。むしろ、ブランドンが快楽を得るためにセックスしている訳ではないという、彼の苦悩が見て取れるので、こちらも精神的にやられた

程度の差はあれ、人間って何かに依存しているもの。でもブランドンのは行き過ぎで(依存症っていうくらいだからね)、完全に病気だと思う。ストレートなのに、相手が見つからなかったらゲイの発展場に行っちゃうって 相当だよ。
行きずりの相手、要するに愛のないセックスはいくらでも出来るけど、本当に心から関わりたいと思った相手とは出来ない。
本人も苦しんでいるのに、治そうとは思わないんだろうか? それとも諦めているのか。

セックスだけでなく、何かに依存しすぎているという精神状態がよろしくないのは明白で、その原因は何かを探り出して解決しないと、依存は治らないでしょう。ブランドンとシシー兄妹の場合は、育った境遇に何か問題がありそうだということはそれとなく匂わせているものの、結局明らかにされない。この兄妹は、もしかして近親相姦とか性的虐待を受けていたとかそういうことなのかと思ったけど、わからずじまいなので、ちょっと消化不良。

マイケル・ファスベンダーはすごく良かったなあ  ブランドンの苦悩がかなり伝わってきて辛かった。

評価:★★★(3.0)
これは好みが分かれるところかもなあ。ストーリーがどうこうという映画ではなく、ひたすらブランドンの苦悩を見せられるので、ちょっと疲れます。精神的に落ちている時には観ない方がいい映画。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [Blu-ray]SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [Blu-ray]
(2012/10/02)
マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン 他
商品詳細を見る

SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [DVD]SHAME -シェイム- スペシャル・エディション [DVD]
(2012/10/02)
マイケル・ファスベンダー、キャリー・マリガン 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:スティーブ・マックイーン
出演者:マイケル・ファスベンダー、 キャリー・マリガン、 ジェームズ・バッジ・デール、 ルーシー・ウォルターズ
収録時間:101分
レンタル開始日:2012-10-02

Story
SEX中毒の兄と恋愛依存症の妹の孤独を描く衝撃作。N.Y.に暮らす独身男・ブランドンは、仕事以外の時間すべてを性欲処理に注ぎ込んでいた。性欲を介してしか人と繋がることができない彼の下に、激情的な性格の妹・シシーが転がり込んでくる。R18+ (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
SHAME -シェイム-SHAME -シェイム-SHAME-シェイム-SHAME-シェイム-

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スティーヴ・マックィーン マイケル・ファスベンダー キャリー・マリガン ジェームズ・バッジ・デール ルーシー・ウォルターズ ニコール・ベハーリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。