週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ルート・アイリッシュHOME > ら~ろ > ルート・アイリッシュ
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ルート・アイリッシュ 
2012年04月13日 (金) | EDIT |
 銀座テアトルシネマにて鑑賞
ルート・アイリッシュルート・アイリッシュ/ROUTE IRISH
2010年/イギリス、フランス、ベルギー、イタリア、スペイン/109分
監督: ケン・ローチ
出演: マーク・ウォーマック/アンドレア・ロウ/ジョン・ビショップ/トレヴァー・ウィリアムズ/ジェフ・ベル
公開: 2012年03月31日
公式サイト

2007年、リヴァプール。ファーガスは兄弟同然に育った親友のフランキーが死んだと聞かされ、教会に駆けつける。フランキーは民間兵としてイラクへ派遣されており、世界で一番危険だと称される、米軍管轄区域(グリーンゾーン)とバグダッド空港との間の道“ルート・アイリッシュ”を通っている時に爆撃に遭ったと聞かされる。事故があった日、留守電にフランキーからのメッセージが残されていたのに、喧嘩で留置場にいたファーガスはこれに応えられなかったこと、そもそも大金が稼げるからと民間兵に誘ったのはファーガスであったことから、ファーガスは自分を責めていた。フランキーの葬儀の場で、整備担当のジェイミーがフランキーから預かったという携帯電話を受け取ったファーガスは、イラク人歌手のハリムに携帯電話のデータの確認とアラビア語の翻訳を頼む。携帯電話には、フランキーが死ぬ2週間前に、フランキーと同じチームのネルソンが民間人の乗ったタクシーや少年を銃撃する動画が残されていた。フランキーの上司ヘインズが携帯電話を探していたことを知り、フランキーの死には何か裏があると直感したファーガスは、フランキーの妻レイチェルとともに、フランキーの死の真相を探っていくが―――――


ケン・ローチの作品は2本しか観ていないのですが、結構好みだなあと思っていたので、行ってきました。
やっぱりケン・ローチの映画は好みだわー
戦争に介入する民間軍事会社のスタンスがテーマなんだけど、親友の死の真相を探るというサスペンス仕立てになっているので観やすいです。
民間兵の立ち位置ってすごく難しい。兵士ならば愛国心から国を守る、家族を守るために戦う訳だけど、民間兵はビジネスとして参入する。民間兵にとって、戦争の大義ってなんだろうってすごく考えました。大義がないからモラルがない…ということにはならないのだろうけど(そもそも、アメリカ兵のひどい所業だって話題になったし)、目的が報酬なのでその辺は多少影響するのかもしれない。

最終的にファーガスが取った手段が、タクシー銃撃事件を世界に公表することではなくて、リンチだというのがやりきれない。しかも、ウォーカーとヘインズはともかくとして、秘書のおねーちゃんも巻き込むって…それはテロリストと何か違うのか?と思ってしまう。

ファーガスが短気だということが最初に示されていて、これが後で効いてくる。あれだけのことをされたネルソンが白状しないんだから、どう考えてもネルソンじゃないでしょー! ネルソンがアフガニスタンにいたかどうかなんて、調べればすぐわかるのに…あーあ… って感じでした。ネルソン憎しで(元々嫌いだったみたいだしね)周りが見えなくなっていたにしても、ヘインズの言うことを信じて、ネルソンを殺してしまうファーガスの短気がとてもやりきれない。

兄弟同前に育った2人、女も共有していたのに、レイチェルだけは共有しなかった。ファーガスもレイチェルを愛していたというところに萌えました

イギリスの俳優を主に使っているからだろうと思うけど、ほとんどの俳優を初めて観ました。主演のマーク・ウォーマックは、イラクでトラウマを抱えながら親友の死の真相を明かそうと奔走する男を好演。
あと、エンディングでイラク人歌手ハリムが歌う「バグダッド」が流れるのも良かったなー

評価:★★★★(4.0)
ファーガスがああいう最期を選ぶことになって、観終わった後にやりきれない気持ちが残るけど、映画としては非常に好み です。主役が素敵なハゲだからじゃないですよ。

多分。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ルート・アイリッシュ [DVD]ルート・アイリッシュ [DVD]
(2012/09/07)
マーク・ウォーマック、アンドレア・ロウ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ケン・ローチ
出演者:マーク・ウォーマック、 アンドレア・ロウ、 ジョン・ビショップ、 ジェフ・ベル
収録時間:109分
レンタル開始日:2012-09-07

Story
イギリスの巨匠、ケン・ローチ監督による戦争サスペンス。世界一危険な道路とされるイラクの“ルート・アイリッシュ”で、民間兵のフランキーが命を落とす。親友のファーガスは、携帯電話に残された映像を手掛かりにフランキーの死の真相を探り始める。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ルート・アイリッシュルート・アイリッシュルート・アイリッシュルート・アイリッシュ

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケン・ローチ マーク・ウォーマック アンドレア・ロウ ジョン・ビショップ トレヴァー・ウィリアムズ ジェフ・ベル 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
★★★★★イラク戦争の記憶から逃れようと酒浸りの日々を送る元民間兵が、バグダット空港と米軍管轄区域を結ぶ世界で最も危険な道路“ルート・アイリッシュ”で襲撃され戦死した親友の、死の真相を紐解いていく映画です。元兵士たちが戦争で追った心の傷に苦しむ様子や、...
2012年08月06日 (月) 12:14:05 |  映画とライトノベルな日常自販機
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。