FC2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
別離 
2012年04月29日 (日) | EDIT |
 Bunkamuraル・シネマにて鑑賞
別離別離/JODAEIYE NADER AZ SIMIN
2011年/イラン/123分
監督: アスガー・ファルハディ
出演: レイラ・ハタミ/ペイマン・モアディ/シャハブ・ホセイニ/サレー・バヤト/サリナ・ファルハディ
公開: 2012年04月07日
公式サイト

イラン、テヘランで暮らすシミンは、夫ナデルと11歳の娘テルメー、そしてナデルの父親と4人で暮らしていた。シミンはテルメーの将来を考えて海外移住を希望していたが、ナデルはアルツハイマーの父親を置いていけないと移住をしぶっており、夫婦の間に亀裂が入る。海外に家族で移住しないのならとシミンは調停を申し立てて離婚の話し合いをすることになり、実家へ帰ってしまう。仕方なくナデルは父親の世話をするヘルパーを雇うことにし、子連れの女性ラジエーがやってくる。翌日、ナデルがテルメーと帰宅するとラジエーは家におらず、父親はベッドから落ちて瀕死の状態であり、しかも腕をベッドに拘束されていた。そこへラジエーが帰ってくるが、父親を拘束して勝手に外出していたラジエーに激怒したナデルは、置いてあった金がなくなっていたこともあり、彼女を泥棒と罵り家から追い出す。しかしその後ラジエーが流産して病院に運ばれたと聞いたナデルは、シミンとともに駆けつけるが、ラジエーはナデルに突き飛ばされて流産したと言っており、それを聞いたラジエーの夫ホッジャトが激怒してナデルに掴み掛り、事態は泥沼化していく―――――


すごく楽しみにしていました、この作品。都内ではBunkamuraル・シネマでしか上映していないんだよね。サービスデー(1週間以上前ですが… )に行ったら満席でした。チケット事前に購入しておいて良かった…
いやぁもう、期待に違わず。すごく好みでした
ナダルとラジエーがそれぞれ少しだけ嘘を付いた。それが相互に作用しあって、周りを巻き込み波紋を呼んで大事になってしまう。それぞれが付いた嘘、隠していた事実が明らかになるタイミングが非常に上手く、この泥沼、どうやって決着がつくの?という感じで、かなり引き込まれて観ていました。

終わり方もかなり良かった。
テルメーが、両親のどちらに付いていくか自分の気持ちを判事に伝える、といって、両親が別々に部屋の外で待つ中、テルメーは部屋から出てきて、そのままどちらにも話しかけずに2人の間を通り抜けて行ってしまう…
シミンとナダルの虚脱感というか、2人ともそのままそこに居続けるしかないままエンドロールに入るのがすごく良かった。
もーとにかくテルメーが一番可哀想で  大人たちが皆自分勝手なんだもの。

彼女が消えた浜辺」は、エリが隠していた真実が、日本との文化の違いもあって、個人的には、ミステリにするには という感じだったのだけど、今回は、文化の違いがミステリのネタとは直接絡んでいないせいもあってか、全く気にならず。
信心深いラジエーが、ナダルの父親を風呂に入れるのに戸惑って、聖職者に電話 をしてお伺いを立てていたりしたのも、そりゃ、結婚前の女性が、グループとは言え他の男性と出かけるのがアウトな文化なんだから、夫以外の男性の裸を見るなんて言語道断なんだろうなぁ。。。
裁判所の様子も、イランではこんなんなんだなーと興味深かった。判事1人で全てを判断するって、ここで出てきた判事は割と公平だったけど、かなり危険だなあと思いました。

役者はかなり良かったと思います。主演2人が美男美女で、目の保養にもなりました(笑)
ホッジャットがもーイライラするのなんのって 、お前は黙ってろ!!!! って殴ってやりたくなった(笑) シャハブ・ホセイニ、うますぎます。

評価:★★★★★(5.0)
超アタリでした  ミステリ好きなら、オススメです。
もっと多くの劇場で上映して欲しいなあ。都内1館だけというのは、ちょっと勿体ない。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

別離 [Blu-ray]別離 [Blu-ray]
(2012/12/04)
レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ 他
商品詳細を見る

別離 [DVD]別離 [DVD]
(2012/12/04)
レイラ・ハタミ、ペイマン・モアディ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:アスガー・ファルハディ
出演者:レイラ・ハタミ、 ペイマン・モアディ、 シャハブ・ホセイニ、 サレー・バヤト、 サリナ・ファルハディ
収録時間:123分
レンタル開始日:2012-12-04

Story
イラン映画界の新鋭、アスガー・ファルハディ監督が放つ人間ドラマ。テヘランに暮らす夫婦・シミンとナデルには11歳になる娘がいた。娘の教育のために海外移住を望むシミンは、老いた父を残して移住はできないという夫・ナデルと意見を対立させる。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
別離別離別離別離

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アスガー・ファルハディ レイラ・ハタミ ペイマン・モアディ シャハブ・ホセイニ サレー・バヤト サリナ・ファルハディ 第84回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 さすが『彼女が消えた浜辺』のアスガー・ファルハディ監督だ。新作『別離』も実に面白い映画である。  テヘランを舞台に描かれるのは、離婚や介護や失業等々、どこの国でも人々の頭を悩ませる問題だ。映画...
2012年05月26日(土) 00:26:44 |  映画のブログ
先日、母と見に行った「ル・アーブルの靴みがき」の作品選びで ハッピーエンドでなさそうだったので、避けた作品。でも、これまたよかったです。 なお、あらかじめお断りしておきますが、ネタバレ満載です。まず、いまから言っても 遅いのですが、ブログタイトルからして...
2012年06月03日(日) 21:00:51 |  もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)