fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > か~こ > 孤島の王
孤島の王 
2012年05月06日 (日) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
孤島の王孤島の王/KONGEN AV BASTOY
2010年/ノルウェー、フランス、スウェーデン、ポーランド/117分
監督: マリウス・ホルスト
出演: ステラン・スカルスガルド/クリストッフェル・ヨーネル/ベンヤミン・ヘールスター/トロン・ニルセン/エレン・ドリト・ピーターセン
公開: 2012年04月28日
公式サイト

1900年から1970年の間、ノルウェー沖に浮かぶ孤島バストイには、非行少年を更生させる施設があった。
1915年、バストイに少年エーリングが送還されてくる。エーリングはC棟に収容され、C-19という番号で呼ばれることになる。エーリングを見た院長は、C棟のリーダーであるC-1、オーラヴを目付役としてエーリングの面倒を見るように言い含める。エーリングは脱走をオーラヴに宣言し、卒院間近のオーラヴを戸惑わせる。刑務所よりもマシだとされながらも、絶対的な権力を持つ院長と、少年たちに高圧的な態度を取る寮長ブローテンなどが、少年たちに対して行う懲罰では、刑務所と同等と思われるほどひどい環境だった。エーリングは反抗的な態度を繰り返していたが、オーラヴやその他の院生たちの共感を呼んでいく―――――


ステラン・スカルスガルド主演なので、気になっていました。本当は、「裏切りのサーカス」の朝イチの回を観ようと思っていたのですが、思わぬ混み具合に、急遽こっちを先にしたの。時間がちょうど合って良かったわ。
サスペンスに分類されていたので脱獄物かと思っていたら、非行少年の矯正施設を舞台とした友情物語だったので、ちょっと拍子抜け。広い意味で言えばサスペンスなのでしょうが…どちらかといえば、社会派かな。
実話を元にしているということで、1915年に軍隊が投入される程の反乱があったのは事実のようです。人物は架空なんでしょうけどね。

面白くない訳じゃないんだけど、ちょっと盛り上がりに欠けるかなあ。物語的には、イーヴァルの事件があって、少年たちが反乱を起こすところがクライマックスなんだろうけど、えっどうしようどうなるの!? みたいな緊迫感はあまり感じなかった。
院生たちの行動が、院長たちに抗議するのではなく単なる暴動に見えてしまったせいもあるかも。厨房で食料 を奪ったりさ。食事の量を減らされたりしていたので、わからなくはないのだけど。。。
エーリングとオーラヴの逃避行も、エーリングが海に沈むシーンは、完全に「タイタニックじゃん… 」と思いました(笑) 多分そう思った人は多かろうと思います。

イーヴァルがブローテンに呼び出された時、もしかして… と思ったらやっぱりそうだったので、こういう施設で性的暴行があるのはお約束なのかと思っちゃった。「マグダレンの祈り」でもそうだったしなあ。実際に、バストイで性的暴行が行われていたのかどうかは不明ですが。

エーリングが本当に脱走できると思わなかったので、かなりびっくりした。えーこれで退場?と思ったら、戻ってきたので二度びっくり  途中で見つかったならともかく、どうやら本土まで行っていたようだし。しかし、本土でどうやってエーリングを探したんだろうか。

難しいよなー。ここに集められてくるのは非行少年たち。非行少年でなくても、集団で暮らすには規律は必要。だけどやりすぎると反抗を生んで、こういう結果になるし…。厳しい規律も必要だけど、どこかでガス抜き出来るようにしないと駄目なんだな。飴と鞭じゃないけれど。
院長は横領していたかもしれないけど、少年たちに対して理不尽な暴力をふるったりはしていないんだよね。オーラブの告発を受けて、ブローテンを解雇しようとした訳だし。まぁ、その後、自身の罪を追及されたくないが故に、イーヴァルの事件を逃亡の末の死亡としたのがまずかった。

ああいう体験を共有した同年代の人間同士に、友情が芽生えない訳はないよね。エーリングとオーラヴの友情の描き方は良かったと思います。
逃げ切ったオーラヴが再びバストイを訪れるけど、彼の胸によぎるものはなんだったのか…

ステラン・スカルスガルド以外は知らない俳優ばかりでしたが、主役である少年たちはなかなか良かったです。逆に、院長はそんなに出番もないので、ステラン・スカルスガルドじゃなくても良かった気がするけど…。しかし、彼、デカいよね。(今調べたら193cmだって)

評価:★★★(3.0)
面白くなかった訳じゃないけど、なんというか、惜しい。少し足りない感じ。実話ベースなのでしょうがない部分はあると思うけど、もうちょっと盛り上がりどころを上手く作っても良かった気がする。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

孤島の王 [DVD]孤島の王 [DVD]
(2012/10/05)
ステラン・スカルスガルド、クリストッフェル・ヨーネル 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:マリウス・ホルスト
出演者:ステラン・スカルスガルド、 クリストッフェル・ヨーネル、 ベンヤミン・ヘールスター、 トロン・ニルセン
収録時間:117分
レンタル開始日:2012-10-05

Story
実在した“監獄島”での反乱事件を元にしたサスペンス。ノルウェーのバストイ島にある矯正施設では、理不尽な懲罰や暴行が横行していた。1915年、そこへ送還されてきた非行少年・エーリングに心を動かされた少年たちは、島を脱出すべく反乱を開始する。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
孤島の王孤島の王孤島の王孤島の王

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マリウス・ホルスト ステラン・スカルスガルド クリストッフェル・ヨーネル ベンヤミン・ヘールスター トロン・ニルセン エレン・ドリト・ピーターセン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
■ ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞孤島の王/KONGEN AV BASTOY2010年/ノルウェー、フランス、スウェーデン、ポーランド/117分監督: マリウス・ホルスト出演: ステラン・スカルスガルド/クリストッフェル・ヨーネル/ベンヤミン・ヘールスター/トロン・ニ?...
2012年05月10日(木) 19:41:36 |  まとめwoネタ速neo