週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > 小説 著者:は~ほ > インビジブルレイン
インビジブルレイン 
2014年12月15日 (月) | EDIT |
インビジブルレインインビジブルレイン
著  者: 誉田哲也
出版年: 2009年
出版社: 光文社

日本最大の指定暴力団、大和会系石堂組傘下の仁勇会に所属しているチンピラ、小林充の刺殺体が見つかる。警視庁捜査一課殺人犯十係の警部補、姫川玲子は、十係長の今泉春男警部から、捜査上で“柳井健斗”なる名前が浮かんでも、決して捜査をしてはならないと命じられる。実は匿名で柳井が犯人だというタレこみがあったのだが、柳井は、9年前に姉の千恵を殺され、当時重要参考人とされていた父親が警官の銃を奪って自殺するという事件の遺族だった。小林は当時千恵の恋人であったため、柳井が小林が千恵殺しの犯人という証拠を見つけ、復讐のために殺したのであれば、警察の失態が明らかになるため、上層部はこれを隠そうとしたのだった。しかし現場には理由をはっきり告げられずにいたため、姫川はこれに反発し、コンビを組んだ中野署の下井正文刑事と離れ、単独捜査を始める。柳井の現住所となっているアパートの近くで張り込みを続けていた姫川の前に、柳井の知り合いだという槇田功一という男が現れる。柳井の情報を得るために連絡先の交換をするが、姫川は槇田に心惹かれてる自分を感じていた。しかし捜査を続けるうちに、仁勇会の幹部、藤元英也が殺され、姫川は、槇田が実は石堂組の傘下である極清会の会長、牧田勲と知る―――――


また姫川玲子シリーズです。仕事も混んできて、飲み会も続いて、あんまり映画を観に行けてないので… (^^ゞ 書き溜めていた記事の中から。
これは映画化されたんだよね。まだ観ていないけど。
やっぱり共感できないこの女刑事。この作品では、ヤクザと恋に落ちてしまうという  本当にあんた警官なの?って言いたくなるくらい、自覚が足りないというか…。そりゃあ、いい男にあったらドキドキしますよ。それは普通よ。でも、相手が極道とわかったら、自分が警官である以上、やはりそこは一線守らなくちゃいけないでしょう。どんなに好きでも諦める、もしくは警官を辞してでもという覚悟を持って飛び込むか、どちらかだと思う。でも彼女からは、そんな覚悟は微塵も感じられない。耳に心地の良い言葉を言ってもらって(菊田が言わないからね)、ぽーっ (〃▽〃) となって流されて、車の中でいたそうとするとかどうよ。全く抵抗していないんだよ? 元々共感できるタイプの女性でないこともあるけど、ドン引き ですわ。

まぁ、これは言ってもしょうがないんだけど、レイプされた過去を持つ女が、車の中でヤクザといたそうとするって、リアリティないわー。ホント余計な設定入れたもんだ。
しかしこの作者、近親相姦とかレイプというシチュエーションが好きなんですかね。「ストロベリーナイト」もそうだったし、今回のもそう。本筋に関係あるようなら別にどうとも思わないけど、あんまり活かされていないのが、なんかイヤなんですよね。

どちらかというと、これまでもそうだけど、事件の推理というよりは、今回は完全に姫川と牧田のラブがメインとなっていて、これで警察小説と言われてもなあ…という気はする。ヤクザの抗争も絡めているけど、どうも「新宿鮫」なんかに比べると軽いというか…。まぁ、全体的に軽い小説なのでしょうがないのかな。

評価:★★(2.0)
他に警察小説とか色々読んでいると、どうしても軽さを感じてしまうわ。読みやすいと言えば、そうなんですけどね。重厚なミステリ好きには向いてないとは思う。
とりあえず、WOWOWで放映したものを録画しているので、時間がある時に観てみます。


本の購入はコチラ
【amazon】

インビジブルレイン (光文社文庫)インビジブルレイン (光文社文庫)
(2012/07/12)
誉田哲也
商品詳細を見る
関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:ミステリ
GENRE:小説・文学
TAG:誉田哲也 「姫川玲子」シリーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんばんは
りおさん、こんばんは!

この巻は展開に驚きました。
シリーズ終わらせたいのかなとも一瞬思いましたが・・・。
男の立場としてはやっぱり菊田がかわいそうって思っちゃいました。
けどまた新刊がでて、再開しましたね。
2015年01月10日 (土) 17:12 |   | はらやん #-[ EDIT]
はらやんさん
コメントありがとうございますv-411

> この巻は展開に驚きました。
> シリーズ終わらせたいのかなとも一瞬思いましたが・・・。

終わってもおかしくない展開でしたね。
姫川班も解散して、終わったのかと思ったら、続いていると聞いて、ちょっとびっくりしました。

> 男の立場としてはやっぱり菊田がかわいそうって思っちゃいました。

うーん…菊田にも原因はあるんだろうと思いますけどね。
女としては、多少強引に来てほしい時もあるんですよ。いつもじゃ困るけどね。
結局のところ、姫川と菊田は合わないんだろうなあ。
2015年01月11日 (日) 07:07 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
現在テレビドラマが放映中の「ストロベリーナイト」の原作姫川玲子シリーズの最新作で
2015年01月02日 (金) 09:15:14 |  はらやんの映画徒然草