週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ローマ法王の休日HOME > ら~ろ > ローマ法王の休日
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ローマ法王の休日 
2012年08月06日 (月) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
ローマ法王の休日ローマ法王の休日/HABEMUS PAPAM
2011年/イタリア/105分
監督: ナンニ・モレッティ
出演: ミシェル・ピッコリ/イエルジー・スチュエル/レナート・スカルパ/ナンニ・モレッティ/マルゲリータ・ブイ
公開: 2012年07月21日
公式サイト

ローマ法王が逝去、次の法王を決めるコンクラーヴェがシスティーナ礼拝堂で行われていた。自分が選出されないように…と枢機卿たちが祈る中、幾度か投票が繰り返され、有力候補と言われていたグレゴーリ枢機卿、アギラール枢機卿らを差し置いて、メルヴィル枢機卿が法王として選出される。サン・ピエトロ広場を見下ろすバルコニーで、新法王としての挨拶をする直前、プレッシャーに押しつぶされそうになった新法王はその場から逃げ出してしまう。報道官は著名な精神科医にカウンセリングを頼むが、新法王の身元を知らない外部の精神科医に掛かることを勧める。法王は秘密裏にシスティーナ礼拝堂から連れ出され、外部の精神科医に掛かるが、隙を見て逃亡してしまう―――――


予告がコメディっぽかったし、「ローマの休日」のパロディみたいな感じで笑えるんだろうと思い、行ってきました。
いや~久々に観終わった後、 ( ゚Д゚)ポカーン 状態でした。なんですか? これ…
コメディかと思っていたのだけど、全然笑えない。じーさんの無責任さに、ただただ腹が立つだけ。

法王に選ばれるって、相当なプレッシャーだということはわかるよ。世界中のカトリック信者のトップってことだから、そりゃもうとんでもないと思いますよ。
コメディらしさを出すためなんだろうけど、「自分が選ばれませんように」って、法王になりたくなかったらそもそも枢機卿になんかなるなって思うわ。
断れない雰囲気だったにしても、一度引き受けた以上、やり遂げるまたはやり遂げる意思を示すのが大人でしょう。20歳やそこらの若造じゃないんだよ、70、80のじーさんが、プレッシャーに耐えかねて逃げ出すって…。
だったら、受けるって言うなよ!  自分が逃げ出すことで色々な人に迷惑をかけることを考えられないとしたら、今までの人生で何を学んでいたのこのじーさん、と思いました。あれを鬱病と言われてもね、って感じです。

それでも、色々外の様子を見て、自分の責務を考えて、自ら戻ってくるならともかく(それこそ「ローマの休日」だけど)、連れ戻される時点でどうかと思うし、挙句の果てには「自分には荷が重いので引き受けられませーん ^ ^ 」って信者の前で挨拶…こんなラスト許されるの?

新法王誕生を公表出来ない状態なので軟禁状態になった枢機卿たちが、同じく軟禁されている精神科医の音頭でバレーボール大会 を始めるんだけど、まぁこれが無駄に長くて眠いのなんのって。必死に眠気と戦いながら 観ていました。

評価:☆(0.5)
いやーもう…ホント久々に時間を返せと思いました。これから観る人は、ほのぼのコメディとはゆめゆめ思わぬように。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ローマ法王の休日 [DVD]ローマ法王の休日 [DVD]
(2013/02/02)
ナンニ・モレッティ、ミシェル・ピッコリ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ナンニ・モレッティ
出演者:ミシェル・ピッコリ、 イエルジー・スチュエル、 レナート・スカルパ、 マルゲリータ・ブイ、 ナンニ・モレッティ
収録時間:105分
レンタル開始日:2013-02-02

Story
『息子の部屋』の名匠、ナンニ・モレッティ監督が、新ローマ法王に選ばれた枢機卿の苦悩をユーモアかつシニカルに描いたハートフルコメディ。新法王に選ばれたメルヴィルは、演説を前にしてプレッシャーに耐え切れずヴァチカンを逃げ出してしまう。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ローマ法王の休日ローマ法王の休日ローマ法王の休日ローマ法王の休日

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ナンニ・モレッティ ミシェル・ピッコリ イエルジー・スチュエル レナート・スカルパ マルゲリータ・ブイ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ちょっと邦題に騙されたかな。
2012年08月20日 (月) 00:33:20 |  だらだら無気力ブログ!
12-64.ローマ法王の休日■原題:Habemus Papam■製作年・国:2011年、イタリア・フランス■上映時間:105分■字幕:岡本太郎■観賞日:8月4日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚
2012年11月24日 (土) 18:25:48 |  kintyre's Diary 新館
法王逝去に伴い行われたコンクラーヴェでは、何人かの有力候補者に票は集まるものの、なかなか一人に絞り込まれない。だが何度目かの投票の際にようやく新法王が決まるのだが、それ...
2013年02月23日 (土) 19:31:55 |  【徒然なるままに・・・】
【HABEMUS PAPAM】 2012/07/21公開 イタリア 105分監督:ナンニ・モレッティ出演:ミシェル・ピッコリ、イエルジー・スチュエル、レナート・スカルパ、ナンニ・モレッティ、マルゲリータ・ブ
2013年03月13日 (水) 12:48:07 |  新・映画鑑賞★日記・・・
「神様、一生のお願いです。どうか私が選ばれませんように―。」コンクラーヴェ(ヴァチカンで開催される法王選挙)において、システィーナ礼拝堂に集められた各国の枢機卿たちは、...
2013年03月18日 (月) 09:46:06 |  いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。