週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > N~Z > Virginia ヴァージニア
Virginia ヴァージニア 
2012年08月23日 (木) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞
Virginia ヴァージニアVirginia ヴァージニア/TWIXT
2011年/アメリカ/89分
監督: フランシス・フォード・コッポラ
出演: ヴァル・キルマー/ブルース・ダーン/エル・ファニング/ベン・チャップリン
公開: 2012年08月11日
公式サイト

落ち目のオカルト作家ホール・ボルティモアは、サイン会のためにスワン・バレーという小さな町をを訪れる。町には象徴となる大きな7面の時計台があるが、7面どれも時刻は正確ではなく、町の人たちは悪霊のせいだと噂していた。ボルティモアは、自分も小説を書いているというボビー・ラグレインジ保安官から、数日前に見つかった胸に木の杭を打たれた少女の遺体を見せてもらい、この遺体をネタにして共同で小説を書こうと提案される。ボルティモアはそれを適当にあしらっていたが、その夜、夢の中で殺された少女ヴィーことヴァージニアと出会い、昔エドガー・アラン・ポーが泊まったことがあるというチカリング・ホテルを訪れ、数年前に子供たち12人の子供が殺されたという話を聞かされる。夢から覚めたボルティモアは、大いに創作意欲を刺激され、ボビーのアイデアを活かして「吸血鬼の処刑台」という新作を書き始める。そして夢の中でポーに会ったボルティモアは、小説のヒントをもらいながら、事件の真相を探っていくが―――――


コッポラの新作ですが、期間限定で都内一館のみ上映。かなり混んでいるらしいということだったので、1時間くらい前に劇場に行ったのだけど、その時点で席はかなり埋まっていました。小屋が小さいしね~
ゴシック・ミステリという触れ込みだったので、かなり期待していたのですが…
ゴシックの部分は問題ない。幻想的な雰囲気たっぷりで、映像もとても美しく、なんて言うんでしょうか、コッポラの持つ美学というか、そういうものが感じられる映画でした。
けど、これってミステリなのかしら。。。夢の中の話が大部分なので、色々意味不明なところも多く、不条理ホラーみたいな印象が強かった。
全体的に夢の中と現実との境が分かりづらく、 ?(゜_。)?(。_゜)? という感じでした。
事件の真相を探っていく話ではあるんだけど、結局は、真相というよりは自分なりに結論づけただけで、本当の意味での真相ではないんだよね。牧師が子供たちを殺した理由も、最後に残った子供がヴィーというのも、夢で見ただけであって、現実では何一つ証明されていない。でもそれを小説に上手く昇華させて、自らの娘を亡くした悲しみを乗り越えたというのはいいんだけど、それで何故あのオチ?って気もするし…
実話じゃないんだから、その後の顛末をテロップで説明するのも、すごく違和感ありました。

エル・ファニング、育ったなー!!びっくり  彼女はとても良かった。ヴァル・キルマーはなぁ…ていうか、痩せて欲しい…

評価:★(1.0)
何というか、美しいのだけどストーリーがふらふらしていて、まさに夢の話を映像にして見せられているような感じでした。夢って一貫性ないもんね。前に座っていた人、がっつり寝ていました(笑)

わたしもしかするとコッポラ合わないのかもしれん。キャプテンEOは大好きなんですけどねえ。。。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]Virginia/ヴァージニア [Blu-ray]
(2013/01/25)
ヴァル・キルマー、エル・ファニング 他
商品詳細を見る

Virginia/ヴァージニア [DVD]Virginia/ヴァージニア [DVD]
(2013/01/25)
ヴァル・キルマー、エル・ファニング 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【TSUTAYA】

【TSUTAYAだけ】Virginia/ヴァージニア【TSUTAYAだけ】Virginia/ヴァージニア

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランシス・フォード・コッポラ ヴァル・キルマー ブルース・ダーン エル・ファニング ベン・チャップリン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
退屈だった・・・・。
2012年08月24日 (金) 10:11:13 |  だらだら無気力ブログ!
主演はヴァル・キルマー、共演にエル・ファニング。 7面文字盤の時計台、牧師と子供たちにまつわる忌まわしい事件、エドガー・アラン・ポー、吸血鬼、幻想的で美しくて雰囲気のあ
2013年01月18日 (金) 09:53:57 |  いやいやえん