週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > もうひとりの息子HOME > ま~も > もうひとりの息子
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


もうひとりの息子 
2012年11月14日 (水) | EDIT |
 第25回東京国際映画祭にて鑑賞
もうひとりの息子もうひとりの息子/LE FILS DE L'AUTRE
2012年/フランス/105分
監督: ロレーヌ・レヴィ
出演: エマニュエル・ドゥヴォス/パスカル・エルベ/ジュール・シトリュク/マハディ・ダハビ/アリン・オマリ
公式サイト
公開: 2013年10月19日

イスラエル空軍将校の父親アロンと医者の母親オリットを両親に持つ18歳のヨセフ・シルバーグは、兵役につく前の血液検査で、両親からはあり得ない血液型だということが判明する。それを同僚の医師から知らされたオリットは、動揺しながらも産院に調査を依頼したところ、出産時期が湾岸戦争が始まった頃だったため、安全のために避難した際に、同じ産院で産まれたパレスチナ人のサイード・アル・ベザズとライラ夫妻の子ヤシンと取り違えられていたことがわかる。産院から説明を受けたシルバーグ夫妻とアル・ベザズ夫妻は言葉も出ない程のショックを受けるが、お互いに持参した息子たちの写真を見て、オリットとライラはこの事実を受け入れる。しかし、アロンやサイードは事実を受け入れられず、このことを忘れようとする。そして事実を知らされた息子たちもショックを受け動揺するが、同じ境遇の2人は打ち解け親しくなる。そんな2人の様子を見て、2つの家族も次第に変わっていく―――――


第25回東京国際映画祭のサクラグランプリ獲得作品です。今年は観たい作品を事前にピックアップしていたのですが、仕事が立て込んじゃってなかなか都合がつかず、結局サクラグランプリのみの鑑賞になってしまいました。
昨年に引き続き、フランスの作品がサクラグランプリを獲得しました。
戦争をしている民族間で起こった子供の取り違え。日本は島国だから民族問題とはほぼ無縁だし、宗教問題がそこまで深刻ではないということもあるし、なかなか理解されにくいかも。
ヨセフが相談に行ったラビの言葉とか、ヤシンの兄ビラルの反応は結構衝撃でした。ラビは、「母親がユダヤ人ならユダヤ人だし、そうでないのならユダヤ人ではない」と言って、ヨセフを言外に拒否する。ビラルも、さっきまで可愛がっていた弟が実はユダヤ人だったとわかったら、お前は敵だと言って拒否する。ヨセフだってヤシンだって、こうなったことは自分で選んだ訳ではないのにね。。。
だからこそ、2人がお互いに色々話して、自分の運命を次第に受け入れていく様子がとても良かった。2人ともすごく素直でいい子。ヨセフがアル・ベザズ家に行って音楽を演奏するシーンはちょっと ( ;∀;) カンドーシタ

これで、2つの家族が全てを受け入れて、はいOK~ って訳にいかないところが、この問題の根が深いところですね。特に、イスラエル軍の大佐であるアロンの立場は、微妙な感じになるだろうし。そしてもしいつか、お互いの国の立場で対峙することになったらどうなるのか…

すごく面白いなと思ったのが、母親や妹たち女性の反応と、父親と兄貴の男性の反応。丸っきり逆なんだよね。
母親2人は、ヨセフもヤシンもどっちも可愛い、取り換えるなんてとんでもない、どっちも自分の子だという思いが溢れているのに対して、父親2人は、息子だと思っていた子が自分と血が繋がっていないという事実がなかなか受け入れられない。最初はまともに話すこともしない。やっぱりこれって母性、父性の違いなのかなー。

惜しいのは、もう少し2人の外見を近しい感じにしてくれていたらなあと思ったり。パッと見、人種的に違うとわかるのでは、親だってわかるでしょ…って感じになっちゃう。

評価:★★★☆(3.5)
深刻なだけではなく (^m^ ) クスッと笑えるシーンもあったし、前途多難ではあるけれど明るいラストになっていて、わたしは好みでした


DVDの購入はコチラ
【amazon】

もうひとりの息子 [DVD]もうひとりの息子 [DVD]
(2014/09/03)
エマニュエル・ドゥヴォス、パスカル・エルベ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ロレーヌ・レヴィ
出演者:エマニュエル・ドゥヴォス、 パスカル・エルベ、 ジュール・シトリュク、 マハディ・ザハビ
収録時間:105分
レンタル開始日:2014-07-02

Story
イスラエルとパレスチナの対立を背景に、取り違えられたふたりの息子と両親の葛藤を描く感動作。テルアビブに住むイスラエル人家族の息子は、自分が両親の実の子ではないと知る。18年前、湾岸戦争の混乱により病院で別の赤ん坊と取り違えられていた。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
もうひとりの息子もうひとりの息子もうひとりの息子もうひとりの息子

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:ロレーヌ・レヴィ エマニュエル・ドゥヴォス パスカル・エルベ ジュール・シトリュク マハディ・ダハビ アリン・オマリ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
■ 第25回東京国際映画祭にて鑑賞もうひとりの息子/LE FILS DE L'AUTRE2012年/フランス/105分監督:
2012年11月20日 (火) 04:09:18 |  まっとめBLOG速報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。