週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 第26回 東京国際映画祭発表!HOME > 映画賞 > 第26回 東京国際映画祭発表!
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


第26回 東京国際映画祭発表! 
2013年10月31日 (木) | EDIT |
てな訳で、今さらですが。東京国際映画祭グランプリの授賞式に初めて行ってみました。

フジテレビアナウンサーの笠井信輔とフリーの服部真湖の司会でスタート。
日本映画スプラッシュ、新設されたアジアの未来の部門からそれぞれ作品賞、そしてコンペティションから、観客賞、最優秀芸術貢献賞、最優秀男優賞、女優賞、監督賞、審査員特別賞、サクラグランプリが選ばれるという流れでした。
■日本映画スプラッシュ 作品賞
「FORMA」
@2013TIFF1
。゚(゚´Д`゚)゜。ウァァァン ぶれぶれ!
審査委員のパオロ・ベルトリン、クリスチャン・ジュンヌ、瀬々敬久と坂本あゆみ監督。

■アジアの未来 作品賞
「今日から明日へ」(中国)
@2013TIFF2
審査委員の青山真治、ジェイコブ・ウォン、野島孝一、そしてヤン・フイロン監督。あとは出演俳優さんかな。観ていないからわかりませんゴメンナサイ。

スペシャル・メンションとして、「祖谷物語―おくのひと―」が選ばれていました。
監督、呼ばれて立ち上がって舞台に出ようとしていたのよね…そしたら作品賞が呼ばれて、そのままに。(多分そのまま席に戻った) ちょっと可哀想でした。

■観客賞
レッド・ファミリー」(韓国)
@2013TIFF3
イ・ジュヒョン監督と、キム・ユミ、パク・ソヨン。

■最優秀芸術貢献賞
「エンプティ・アワーズ」(メキシコ、フランス、スペイン)
@2013TIFF5
アーロン・フェルナンデス監督は帰国してしまったので、ビデオレターにて。

■最優秀男優賞
ワン・ジンチュン 「オルドス警察日記」(中国)
@2013TIFF6
審査委員の寺島しのぶと。

■最優秀女優賞
ユージン・ドミンゴ 「ある理髪師の物語」(フィリピン)
@2013TIFF7
同じく審査委員のムン・ソリと。

■最優秀監督賞
ベネディクト・エルリングソン 「馬々と人間たち」(アイスランド)
@2013TIFF8
審査委員のクリス・ワイツと。ベネディクト・エルリングソン監督は俳優さんでもあるそうです。

■審査員特別賞
「ルールを曲げろ」(イラン)
@2013TIFF9
審査委員のクリス・ブラウンとベーナム・ベーザディ監督。

■東京サクラグランプリ
「ウィー・アー・ザ・ベスト」(スウェーデン)
@2013TIFF10
ルーカス・ムーディソン監督と、監督の妻でありこの映画の原作者でもあるココ・ムーディソン。ちっこいのは娘さんだそうですよ。

審査委員と。
@2013TIFF11

授賞式終了後のフォトセッション
@2013TIFF12
しかし、授賞式が終わって、サクラグランプリの上映までの間、結構フリーで、もし言葉が出来るなら、お目当ての監督のところへ行って一緒に写真が撮れたかも。


これまで、サクラグランプリの上映しか観たことなかったんだけど、授賞式、なかなか楽しかったです。また来年、観てもいいなー2,000円だけど。

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:東京国際映画祭
GENRE:映画
TAG:第26回東京国際映画祭 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。