週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ブランカニエベスHOME > は~ほ・う゛ > ブランカニエベス
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ブランカニエベス 
2014年01月09日 (木) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
ブランカニエベスブランカニエベス/BLANCANIEVES
2012年/スペイン、フランス/104分
監督: パブロ・ベルヘル
出演: マリベル・ベルドゥ/ダニエル・ヒメネス・カチョ/アンヘラ・モリーナ/ソフィア・オリア/マカレナ・ガルシア
公式サイト
公開: 2013年12月07日

天才闘牛士アントニオ・ビヤルタは競技中に事故に遭い、大怪我を負う。それを見ていた妻はショックで産気づき、病院で娘カルメンシータを産むが、妻はそのまま命を落としてしまい、アントニオも事故によって全身不随となってしまう。やがてアントニオは、自分の介護をしていた看護婦のエンカルナと再婚するが、娘を引き取らず、カルメンシータは祖母のドナ・コンチャに育てられていた。しかしドナも倒れて帰らぬ人となり、カルメンシータはアントニオとエンカルナに引き取られるが、アントニオに会うことは出来ず、エンカルナに下女のようにこき使われていた。エンカルナはアントニオの財産を湯水のように使い、情夫を引き込み、好き放題していたが、そんなある日、カルメンシータは決して入ってはいけないと言われている部屋で、父アントニオと出会う。アントニオは、カルメンシータを避けていたのではなく、エンカルナに閉じ込められていたのだった。カルメンシータが成長し美しい娘になった頃、エンカルナはついにアントニオを事故に見せかけて殺し、カルメンシータをも亡き者にしようと、情夫を使い彼女を殺そうと企む。襲われたカルメンシータは“こびと闘牛団”という旅芸人の一座に助けられ、一連の出来事が原因で記憶を失った彼女は“こびと闘牛団”の一員となって彼らと旅をすることに。“白雪姫(ブランカニエベス)”と名付けられた彼女は、闘牛士としての才覚をめきめきと現し始める―――――


モノクロ・サイレント映画ということをすっかり忘れていて、劇場で案内を聴いて、しまったそうだった… (^_^;) と思った次第です。
頑張って観ていたのですが…めちゃめちゃオチた(笑) 前半部分、かなり記憶が飛んでます。サイレント、わたしは駄目かも…。

「白雪姫」をベースにしたダーク・ファンタジーかと思っていたけど、ダーク・ファンタジーって感じでもないかなあ。白雪姫を闘牛士にしたり、悪役が継母だけじゃなく、白雪姫を助けた小人のうちの1人が彼女を良く思っていなくて、色々妨害を仕掛けるというのは斬新だと思いましたが、ストーリー展開が単純すぎて、どうも。
でも、モチーフが白雪姫なら、最後は王子様が来るんでしょ?と思っていたら、ナニコノラスト… ポカーン
カルメンシータに目覚めのキスをするために、金を払って並ぶ観客たちを見ていて、すごく気分が悪くなった。言葉は悪いですが、寝ている間にカルメンシータがレイプされているみたいな…
元々の童話もこんななの?と思ってWikiってみたけど、元々の童話もわたしが知っているとおりだし、ってことは、このラストはオリジナルなんだろうなあ。

パパアントニオが死んだ後、パパを椅子に座らせて、訪れた人たちと一緒に写真を撮るのは、かなり衝撃でした…。まぁ、これは現代を舞台にしていないから、今はそうではないのかもしれないけどね。
闘牛のルールを全然知らなかったので、どうなったらこの競技が終わりなのかが全くわからずに観ていたのだけど、最後に牛を殺すとは知らず、これもびっくりしました。普通に考えれば当たり前なのかもしれないけど。この牛どうなるんだろうと思ってこれもググってみたら、この後おいしくいただかれちゃうのね。食べるんだ…というのもびっくり(食べるっていうか、食料として市場に流通するようですが)。っていうか、わたしが物を知らな過ぎですね。

継母のマリベル・ベルドゥも良かったし、カルメンシータの子供の頃を演じたソフィア・オリアちゃんも可愛かったけど、マカレナ・ガルシアがなー。あんまりわたしの好みでないというか。ショートが似合わないのかなあ。アップになると下まつ毛がばしばしで、すごかったけど(そこかい!)

評価:★★(2.0)
体調がいまいちの時に観たら、高確率でオチると思います(笑) モノクロは悪くないんだけど…

しかし、スペインが舞台、アメリカ製作でもないのに、なんで字幕が英語なんだろうか。それが一番の疑問かも。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ブランカニエベス Blu-rayブランカニエベス Blu-ray
(2014/09/03)
マリベル・ベルドゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ 他
商品詳細を見る

ブランカニエベス [DVD]ブランカニエベス [DVD]
(2014/09/03)
マリベル・ベルドゥ、ダニエル・ヒメネス・カチョ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:パブロ・ベルヘル
出演者:マリベル・ベルドゥ、 ダニエル・ヒメネス・カチョ、 アンヘラ・モリーナ、 マカレナ・ガルシア
収録時間:105分
レンタル開始日:2014-09-03

Story
グリム童話「白雪姫」をスペイン文化を織り交ぜて大胆にアレンジしたダークファンタジー。天才闘牛士の娘・カルメンは、邪悪な継母に虐げられて幼少期を過ごす。ある日、継母に命を奪われそうになった彼女は小人たちに救われ、見世物巡業の旅に出る。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ブランカニエベスブランカニエベスブランカニエベスブランカニエベス

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:パブロ・ベルヘル マリベル・ベルドゥ ダニエル・ヒメネス・カチョ アンヘラ・モリーナ ソフィア・オリア マカレナ・ガルシア 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。