fc2ブログ
週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > 小説 著者:か~こ > 世界の中心で、愛をさけぶ
世界の中心で、愛をさけぶ 
2005年10月18日 (火) | EDIT |
世界の中心で、愛をさけぶ世界の中心で、愛をさけぶ
著  者: 片山恭一
出版年: 2001年
出版社: 小学館

中2の時に学級委員を一緒にしたのがきっかけで、親しくなった松本朔太郎と広瀬亜紀。2人は幼いながらも真剣に愛を育み、将来を誓い合ったが、高校の修学旅行の直前、突然病魔がアキを襲う。アキは日ごとに弱っていき、朔太郎は、修学旅行先であったオーストリアへ2人で行こうと病院からアキを連れ出すが、彼女は空港で倒れてしまう。
数ヶ月後、朔太郎は、アキの両親と共にオーストラリアへ旅立つ。アボリジニの生きたその地に、アキの遺骨を撒くために…


えーと、何故今頃この本を読もうと思ったか。単純に、ブームが過ぎましたので、図書館で予約ゼロだったんですねー(笑)
ブームに乗るのがなんか悔しくて、見栄っ張りなので、今頃。電車で読むの、ちょっと恥ずかしかったです。
いま、会いにゆきます」のレビューの時にも書いたけれど、2匹目の泥鰌戦法が大嫌いなため、ドラマは未見です。映画も観てない。
映画館にある程度通っていますので、予告は何度も観たんだけど、「あー泣かせの映画かー」くらいにしか思わなかったので、全然観る気もなかった。あんなすごいブームになるとは予想もしていませんでした。

で、第一印象。

薄っっ

ハードカバーなのに、どういうことだこの薄さ。そして段も組んでいない。

職場への往復の電車でしか読んでいません(片道30分ってとこ)が、2日で読み終わりました。

すみません。
泣きどころがどこかわかりません…

恋愛の途中で恋人を亡くすと言うのが哀しいのは理解できるけど、何というかイマイチ共感出来ない。彼らが高校生だからかな。おままごとの恋愛、という感じしかしないのね。
白血病で恋人が死ぬという展開も、どこか昔の少女漫画のお約束というような感じがしてしまう。中学生の2人が交換日記をしたり、最後に出身中学を訪れて、物思いにふける自分をよそに彼女が昇り棒に上ったり、何て言うか、古くさいんですわ。描写が。

しかし、どこが「世界の中心で、愛をさけぶ」なんだろう? わたしの読解力がないのかもしれないけど、オーストラリアなのは、アキが行きたくて行けなかった修学旅行先で、彼女が共感したアボリジニの生きた地だからでしょ? 「世界の中心」とかって関係ないんじゃないかい? 結局、朔太郎がここがふさわしいと思って散骨したのは、2人が出会った中学だし。
まぁ、元々は違うタイトルだったらしいから、しょうがないのかもしれないけどね。

朔太郎のおじいちゃんは、結構いい味出してましたね。登場人物でいいな~と思うのはこの人くらいかな。

まぁ、読みやすかったです。しかし、後に何も残りません。個人的には、だからナニ?という感じ。明日になったら忘れそう。

機会があれば、映画も観てみます。もしかすると、演出がすごく良いのかもしれないしね…

評価:☆(0.5)
何故こんなものがベストセラーになったのか不思議。

 映画化作品のレビューはコチラ 世界の中心で、愛をさけぶ


本の購入はコチラ
【amazon】

ハードカバー
世界の中心で、愛をさけぶ世界の中心で、愛をさけぶ
(2001/03)
片山 恭一
商品詳細を見る
手に取ればわかるけど、ホントに薄いよ。。。

文庫
世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫
(2006/07/06)
片山 恭一
商品詳細を見る


関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画原作・ノベライズ
GENRE:小説・文学
TAG:片山恭一 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
世界の中心で、愛をさけぶ 小説版、読み終わったんですが。 値段の割にボリューム少ないってのが正直な感想。 まあ、借り物ですけどw ああ、アマゾンマーケットプレイス使えば今なら 310円(送料込)ぐらいで入手できるはずですよ。 上の画像クリックでいけますの...
2008年03月27日(木) 01:06:43 |  堕落性依存症Amazon