週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > 大統領の執事の涙HOME > た~と > 大統領の執事の涙
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


大統領の執事の涙 
2014年03月02日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて鑑賞
大統領の執事の涙大統領の執事の涙/LEE DANIELS' THE BUTLER
2013年/アメリカ/132分
監督: リー・ダニエルズ
出演: フォレスト・ウィテカー/オプラ・ウィンフリー/ジョン・キューザック/ジェーン・フォンダ/キューバ・グッディング・Jr
公開: 2014年02月15日
公式サイト

黒人に対する差別が根強く残る1926年。ジョージア州メーコンの綿花農場で働く両親の元に生まれ、子供ながらも両親同様に働いていたセシル・ゲインズ。ある日、農場の主人に母ハッティを凌辱され、それに反抗しようとした父アールも殺されてしまい、それが原因でハッティは精神に異常をきたしてしまう。この事件がきっかけで、セシルは家働きの下男(ハウス・ニガー)へ取り立てられ、給仕の術を叩きこまれる。やがてセシルは屋敷を出て町へ行き、運よくホテルマンとして働くことになる。ベテランホテルマンのメイナードに仕込まれ、懸命に働いたセシルは、ホワイトハウス付きの執事への口を紹介され、採用されることが決まる。セシルはホテルメイドだったグロリアと結婚し、2人の息子に恵まれる。しかし成長した長男ルイスは、白人に仕える父親の職業に理解を示さず、南部の大学へ進学したことをきっかけに、黒人の公民権を主張する活動へと身を投じていく―――――


全米ボックスオフィスで2週連続1位を獲ったこの作品(連続ってなかなかないのだ)、ずっと気になっていました。しかしこの邦題はな~~~  確かに直訳もアレですが…
7人の大統領に仕えた執事というから、勝手に、それぞれの大統領と執事の間に芽生える感動話かと思っていたので、そういうのとは全く違いますね。大統領の執事の話というより、主人公の職業が、たまたまホワイトハウスの執事だったというだけ、基本的には変わりゆく時代を生きた黒人の人生を描いたという感じで、伝記ものに近いかなという印象。
大統領と接することがあったからと言って、歴史的な出来事と深くかかわっているかというと、そんなこともなく。さらっと語られはするけれど、大統領はほとんど関係なし。まぁ、ホワイトハウスでは見ざる言わざる聞かざるの空気的存在だったんだから、しょうがないけど。

思っていたものと違っていたせいもあるかもしれないけど、132分だから他と比べてそう長い映画ではないのに、ものすごーく長く感じた。途中、意識が飛んだりしました。一瞬ですけど。

マライアが出てきたんでびっくりした。そういや「プレシャス」でも出てたな。
大統領は7人全員出てくる訳ではないんですが、それぞれ演じた役者はなかなか面白い配役でした。ケネディ役のジェームズ・マースデン(ちょっと久しぶりに観たわ)とか、レーガン役のアラン・リックマンとか、ニクソン役のジョン・キューザックとか、結構雰囲気出ていましたね。
元々人の顔を覚えるのが苦手なうえに、テレンス・ハワードとキューバ・グッディング・Jrが2人ともひげ生やしているもんだから、区別が付きにくくて…同僚と浮気しようとしてたのか?とか思っちゃったわ。

評価:★★★(3.0)
この映画自体は悪い映画ではないと思うけど、わたしにはそれ程でも。。。「プレシャス」や「ペーパーボーイ 真夏の引力」もそうだったし、リー・ダニエルズとは相性悪いのかもしれないわ。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

大統領の執事の涙 [Blu-ray]大統領の執事の涙 [Blu-ray]
(2014/08/15)
フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー 他
商品詳細を見る

大統領の執事の涙 [DVD]大統領の執事の涙 [DVD]
(2014/08/15)
フォレスト・ウィテカー、オプラ・ウィンフリー 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【TSUTAYA】

大統領の執事の涙大統領の執事の涙


関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:リー・ダニエルズ フォレスト・ウィッテカー オプラ・ウィンフリー ジョン・キューザック ジェーン・フォンダ キューバ・グッディング・Jr マライア・キャリー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
りおさん久しぶり。

あ、リーダニエルズいまいちなの?
私は前2作は好きだけど
今回はいまいちだったわーというかそんなにいいかなって
ねぇ。真面目にとりすぎ?
2014年03月02日 (日) 21:55 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

> 私は前2作は好きだけど
> 今回はいまいちだったわーというかそんなにいいかなって
> ねぇ。真面目にとりすぎ?

確かに、真面目に撮りすぎているかも。
固いなあという感じはしますね。
多分、わたしはリー・ダニエルズと合わないんだろうなあ。。。
2014年03月03日 (月) 07:40 |   | りお(管理人) #sgqo8zs.[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
ランキングクリックしてね ←please click アカデミー賞作品賞ノミニーやGG賞ノミニー、トロント映画祭で最高の観客賞受賞の「プレシャス」や 「ペーパーボーイ 真夏の引力」のリー・ダニエルズ監督が、 1950年代から80年代という長い間ホワイトハウス...
2014年03月02日 (日) 21:53:45 |  我想一個人映画美的女人blog
奴隷からのし上がってなんと大統領執事となり、7人の大統領に仕えた男(フォレスト・ウィテカー)の波乱に満ちた人生。 これを描く監督は、リー・ダニエルズ(「プレシャス」「ペーパーボーイ 真夏の引力」「チョコレート」) この点で、一定以上の水準が確実にある...
2014年03月08日 (土) 09:28:09 |  日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜
 「プレシャス」のリー・ダニエルズ監督、「ラストキング・オブ・スコットランド」のフォレスト・ウィテカー主演。34年間、ホワイトハウスバトラー(執事)として勤めたアフリカ系アメリカ人の視点を通じ、この間に起こった歴史的な事件と、時代に翻弄される人々の姿を描
2014年03月23日 (日) 19:22:48 |  流浪の狂人ブログ〜旅路より〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。