週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > 映画賞 > 第86回 米アカデミー賞発表!
第86回 米アカデミー賞発表! 
2014年03月03日 (月) | EDIT |
今年も自宅鑑賞でーす。
司会はエレン・デジェネレス。WOWOWでは、ジョン・カビラと初の夏目三久。スタジオゲストは、いつもの三谷幸喜と町山智浩、斎藤工、そして寺島しのぶです。去年の前田敦子よりは全然女優だ。しかしレッド・カーペット・ナビゲーターの尾崎英二郎はともかく、瀧本美織ってなんなんだ。

■助演男優賞
バーカッド・アブディキャプテン・フィリップス
ブラッドリー・クーパーアメリカン・ハッスル」」
マイケル・ファスベンダー「それでも夜は明ける」
ジョナ・ヒルウルフ・オブ・ウォールストリート
ジャレッド・レトー「ダラス・バイヤーズクラブ」

プレゼンターはアン・ハサウェイ。胸元がキラキラの黒のドレス。

アニメヒーローの紹介。プレゼンターはジム・キャリー。綺麗なブルーのスーツでした。

ケリー・ワシントンによる歌曲賞「怪盗グルーのミニオン危機一発」“HAPPY”ファレル・ウィリアムズのパフォーマンス紹介。

■衣裳デザイン賞
アメリカン・ハッスル
「グランド・マスター」
「華麗なるギャツビー」
「THE INVISIBLE WOMAN」
「それでも夜は明ける」

■メイク・ヘアスタイリング賞
「ダラス・バイヤーズクラブ」
「ジャッカス クソジジイのアメリカ横断チン道中」
「ローン・レンジャー」

プレゼンターはサミュエル・L・ジャクソン&ナオミ・ワッツ。

プレゼンター、ハリソン・フォードによる作品賞「アメリカン・ハッスル」「ダラス・バイヤーズクラブ」「ウルフ・オブ・ウォールストリート」の紹介。
続いて、大学生によるコンペ受賞者の紹介。プレゼンターはチャニング・テイタム。

■短編アニメ映画賞
「FERAL」
「ミッキーのミニー救出大作戦」
「MR. HUBLOT」
「九十九」
「ROOM ON THE BROOM」

■ 長編アニメ映画賞
「クルードさんちのはじめての冒険」
「怪盗グルーのミニオン危機一発」
「アーネストとセレスティーヌ」
「アナと雪の女王」
「風立ちぬ」

プレゼンターは、キム・ノヴァケ&白いジャケットのマコ。日本勢は残念でしたが、これは順当だなあ。

サリー・フィールドによる日常のヒーローたち(エブリデイヒーロー)の紹介。特別な人たちでなく、普通の人々がヒーローになるというところですね。

■視覚効果賞
「ゼロ・グラビティ」
「ホビット 竜に奪われた王国」
「アイアンマン3」
「ローン・レンジャー」
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」

プレゼンターは、エマ・ワトソン&ジョセフ・ゴードン=レヴィット。

歌曲賞候補の“The Moon Song”「her 世界でひとつの彼女」歌唱パフォーマンス。
プレゼンターはザック・エフロン。

■短編実写映画賞
「AQUEL NO ERA YO (THAT WASN'T ME)」
「AVANT QUE DE TOUT PERDRE (JUST BEFORE LOSING EVERYTHING)」
「HELIUM」
「PITAAKO MUN KAIKKI HOITAA? (DO I HAVE TO TAKE CARE OF EVERYTHING?)」
「THE VOORMAN PROBLEM」

■短編ドキュメンタリー映画賞
「CAVE DIGGER」
「FACING FEAR」
「KARAMA HAS NO WALLS」
「THE LADY IN NUMBER 6: MUSIC SAVED MY LIFE」
「PRISON TERMINAL: THE LAST DAYS OF PRIVATE JACK HALL」

プレゼンターはケイト・ハドソンとジェイソン・サダイキス。

■長編ドキュメンタリー映画賞
「アクト・オブ・キリング」
「キューティー&ボクサー」
「DIRTY WARS」
「THE SQUARE」
「バックコーラスの歌姫(ディーバ)たち」

プレゼンターはブラッドリー・クーパー。ダーレン・ラヴの歌声は圧巻でした。
そしてケヴィン・スペイシーによる名誉賞の紹介。

■外国語映画賞
「オーバー・ザ・ブルースカイ」ベルギー
「追憶のローマ」イタリア
偽りなき者デンマーク
「L'IMAGE MANQUANTE」カンボジア
「OMAR」パレスチナ

プレゼンターはユアン・マクレガー&ヴィオラ・デイヴィス。

タイラー・ペリーによる作品賞ノミニー「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」「her 世界でひとつの彼女」「ゼロ・グラビティ」の紹介。
そしここで司会のエレン・デジェネレスが白いタキシードに衣装替え。
ブラピが歌曲賞候補の紹介。U2による“ORDINARY LOVE”「マンデラ 自由への長い道」!
ここで、エレン・デジェネレスがメリルをいじって、最多ノミネートならぬ最多ツイートを狙う!って、会場の皆さまと写真撮影。これでサーバーダウンしたのね…
続いて、マイケル・B・ジョーダン&クリステン・ベルによる科学技術賞の紹介。

■音響(録音)賞
キャプテン・フィリップス
ゼロ・グラビティ
「ホビット 竜に奪われた王国」
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
「ローン・サバイバー」

■音響編集賞
「オール・イズ・ロスト ~最後の手紙~」
キャプテン・フィリップス
ゼロ・グラビティ」」
「ホビット 竜に奪われた王国」
「ローン・サバイバー」

プレゼンターは、シャーリーズ・セロン&クリス・ヘムズワース。シャーリーズは相変わらず美しー

■助演女優賞
サリー・ホーキンス「ブルージャスミン」
ジェニファー・ローレンスアメリカン・ハッスル
ルピタ・ニョンゴ「それでも夜は明ける」
ジュリア・ロバーツ「8月の家族たち」
ジューン・スキッブ「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

プレゼンターは、昨年助演男優賞受賞のクリストフ・ヴァルツ。

ここでピザが届きました  みんなでピザを分け合ってます。お皿配るブラピ…(笑)
全米映画芸術科学アカデミーの会長、シェリル・ブーン・アイザックスによるアカデミー博物館の紹介。2017年に出来るらしいよ。

■撮影賞
「グランド・マスター」
ゼロ・グラビティ
「インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌」
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
「プリズナーズ」

プレゼンターは、エイミー・アダムスとビル・マーレイ。ビル・マーレイも何だかおじーちゃんだ。

■編集賞
アメリカン・ハッスル
キャプテン・フィリップス
「ダラス・バイヤーズクラブ」
ゼロ・グラビティ
「それでも夜は明ける」

プレゼンターは、アナ・ケンドリックとガボレイ・シディベの女子コンビ。アナのドレスがシースルーでセクシー。

ウーピー・ゴールドバーグプレゼンツ、P!INKによる第12回歌曲賞「オズの魔法使い」の“SOMEWHERE OVER THE RAINBOW”歌唱パフォーマンス。ウーピーは赤い靴を履いていました。エレン・デジェネレスは女王の衣装?を。

■美術賞
アメリカン・ハッスル
ゼロ・グラビティ
華麗なるギャツビー
「her 世界でひとつの彼女」
「それでも夜は明ける」

プレゼンターは、ジェニファー・ガーナ―&ベネディクト・カンバーバッチ。

クリス・エヴァンスによるポピュラーヒーローの紹介。

グレン・クローズによる追悼メッセージ。今年も映画人が多数亡くなりました。フィリップ・シーモア・ホフマンの死はホント衝撃でした。。。
ベット・ミドラーによる“WIND BENEATH MY WINGS”歌唱パフォーマンス。

続いてゴールディ・ホーンによる残りの作品賞ノミニー「あなたを抱きしめるまで」「キャプテン・フィリップス」「それでも夜は明ける」の紹介。
そしてジョン・トラヴォルタプレゼンツ、歌曲賞候補の最後の1曲、“LET IT GO”「アナと雪の女王」イディナ・メンゼルの歌唱パフォーマンス。

■作曲賞
「やさしい本泥棒」
ゼロ・グラビティ
「her 世界でひとつの彼女」
「あなたを抱きしめる日まで」
「ウォルト・ディズニーの約束」
.
■歌曲賞
“HAPPY”「怪盗グルーのミニオン危機一発」
“LET IT GO”「アナと雪の女王」
“THE MOON SONG”「her 世界でひとつの彼女」
“ORDINARY LOVE”「マンデラ 自由への長い道」

まぁ、そうですよね~って感じ? プレゼンターは、ジェシカ・ビール&ジェイミー・フォックス。ジェイミーはおちゃめで可愛くてスキ。
ここでエレンがピザの代金回収。ブラピお皿配ったのに集られた(笑)

■脚色賞
「ビフォア・ミッドナイト」
「キャプテン・フィリップス」
「あなたを抱きしめる日まで」
「それでも夜は明ける」
「ウルフ・オブ・ウォールストリート」

■脚本賞
エリック・ウォーレン・シンガー/デヴィッド・O・ラッセル「アメリカン・ハッスル」
ウディ・アレン「ブルージャスミン」」」
クレイグ・ボーテン/メリッサ・ウォーラック「ダラス・バイヤーズクラブ」
スパイク・ジョーンズ「her 世界でひとつの彼女」
ボブ・ネルソン「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」

プレゼンターは、ロバート・デ・ニーロ&ペネロペ。ペネロペは薄いピンクかな?のドレス。

■監督賞
デヴィッド・O・ラッセルアメリカン・ハッスル
アルフォンソ・キュアロンゼロ・グラビティ
アレクサンダー・ペイン「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
スティーヴ・マックィーン「それでも夜は明ける」
マーティン・スコセッシウルフ・オブ・ウォールストリート

プレゼンターは、黒人俳優として初めてオスカーを受賞したシドニー・ポワチエ&アンジー。

■主演女優賞
エイミー・アダムスアメリカン・ハッスル
ケイト・ブランシェット「ブルージャスミン」
サンドラ・ブロックゼロ・グラビティ
ジュディ・デンチ「あなたを抱きしめる日まで」
メリル・ストリープ「8月の家族たち」

プレゼンターは、昨年主演男優賞のダニエル・デイ=ルイス。

■主演男優賞
クリスチャン・ベイルアメリカン・ハッスル
ブルース・ダーン「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
レオナルド・ディカプリオウルフ・オブ・ウォールストリート
キウェテル・イジョフォー「それでも夜は明ける」
マシュー・マコノヒー「ダラス・バイヤーズクラブ」

マコ キ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! プレゼンターは、昨年主演女優賞のジェニファー・ローレンス。

■作品賞
アメリカン・ハッスル
キャプテン・フィリップス
「ダラス・バイヤーズクラブ」
ゼロ・グラビティ
「her 世界でひとつの彼女」
「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」
「あなたを抱きしめる日まで」
「それでも夜は明ける」
ウルフ・オブ・ウォールストリート

プレゼンターはウィル・スミス。


主要部門はなんだかんだで堅いんですよね。「ゼロ・グラビティ」は来るかー!?と思いきや…手堅いところが持っていきました。
今年はショー的なものはありませんでした。いつもは、作品賞ノミニーのパロディ映像とか流れるんだけど、一切なし。歌曲賞&追悼&オズの魔法使い以外のパフォーマンスもなし。代わりにピザ屋が来た(笑) あれはあれで面白かったけど、内輪受け感がものすごいありますね。彼らは楽しかったでしょうが。アカデミー賞自体が所詮内輪受けじゃんといわれれれば、確かにそのとおりだけど、テレビで見ている方としては、ショー要素も欲しかったところ。

アメリカン・ハッスル」、「ダラス・バイヤーズクラブ」、「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅」、「ウルフ・オブ・ウォールストリート」は絶賛上映中。「ゼロ・グラビティ」はまだやっているところがあるかなー?
「her 世界でひとつの彼女」は06月28日、「あなたを抱きしめる日まで」は03月15日、「それでも夜は明ける」は03月07 日公開予定。作品賞ノミニーはとりあえず全部観ようと思います。ま、オスカーノミニーじゃなくても観ますけどね。

さてさて、みなさんの予想は当たりましたか?
関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:アカデミー賞
GENRE:映画
TAG:米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
何度目かのツイッターでの盛り上がり 笑
今年もりおさんツイは早かったよねー^^
ドレスも結局私はみてないわ;;
レッドカーペット特集ことしもやりたいけど
もう今更になちゃったわ 笑

マコ&ジャレの受賞はほんと嬉しい。
作品賞も良かったよ!
やっぱりアメリカンハッスルはないわぁと思った。面白かったけど。
2014年03月11日 (火) 10:32 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

> 今年もりおさんツイは早かったよねー^^

リアルタイムで観ていればこそ!(笑)
夜の再放送も観ちゃうんだけども。

> ドレスも結局私はみてないわ;;
> レッドカーペット特集ことしもやりたいけど
> もう今更になちゃったわ 笑

えー是非やって欲しいなあ。大変だとは思うけど。。。
テレビで観てると、結構一瞬なのよね。
ノミニーは授賞式でも映るけど、それ以外はあまり映らないし。

> マコ&ジャレの受賞はほんと嬉しい。
> 作品賞も良かったよ!

主演&助演男優は固かったね~絶対観に行きます。作品賞もね。
観たらお邪魔しますね~v-410
2014年03月11日 (火) 23:50 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
さていよいよ、日本時間3月3日、本日 午前10時半頃からスタート! 今年も決まり次第、☆つけてます。 そして個人的に主要部門の予想も記載しときました 笑 第85回 アカデミー賞受賞作品 作品賞 ノミネートはこの9作品!観た作品はタイトルからレ...
2014年03月11日 (火) 10:33:14 |  我想一個人映画美的女人blog