週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > さ~そ > 白ゆき姫殺人事件
白ゆき姫殺人事件 
2014年04月28日 (月) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件
2014年/日本/126分
監督: 中村義洋
出演: 井上真央/綾野剛/菜々緒/金子ノブアキ/小野恵令奈
公式サイト
公開: 2014年03月29日

長野県にある国定公園“しぐれ谷”で、日の出化粧品の社員、三木典子が全身をめった刺しにされた後に火をつけられた焼死体として発見された。テレビ局の下請製作会社の契約社員、赤星雄治の元に、元恋人の狩野里沙子から、殺された典子は同じ会社の先輩だという連絡が入り、犯人は、典子の同期である城野美姫だと主張する。地味で目立たない存在の美姫は、美しく人気のある典子を妬んでいた様子で、しかも美姫は事件の翌日から会社を休んでおり、行方知れずとなっていると言う。赤星は、里沙子や里沙子の同期である満島栄美にインタビューをし、会社でケーキや典子の文房具が盗まれるなどの盗難事件が起こっており、その犯人も美姫と目されることや、美姫は上司の篠山聡史と付き合っていたようだということを聞きこむ。そして篠山にもインタビューをしたところ、篠山は美姫とは付き合っておらず、実際に付き合っていたのは典子だったと証言する。日の出化粧品のヒット商品が“白ゆき石鹸”であり、典子が派手な美人だったことから、ネット上では“白ゆき姫殺人事件”として騒がれ始めていた。これを自身がのし上がるチャンスととらえた赤星は、仮名ではあるが美姫を最有力容疑者とするVTRを作り上げる。インタビュー画像を許可なく使われたことに怒った里沙子が赤星に抗議し、ネット上で美姫の苗字を出したことから、美姫を犯人と断定するような動きが起こり、ネット上で炎上し始めるが―――――


イヤミスの女王こと湊かなえの原作ということで、絶対観に行こうと思っていました。原作は未読です。
この映画を観て思ったのは、偏った情報で一方的に断罪する、されることの怖さ。ネットが一番顕著だけれど、ネットに限らないことだよね。里沙子は自分の罪を被せるために、意図的に美姫の悪い情報を流したけれど、みっちゃんは完全なる思い込みで美姫を犯人と決め付けて語っているし、そしてその偏った情報を鵜呑みにして、赤星は美姫を断罪する番組を作った。それを見て、美姫を深く知らない程度の同級生たちが、記憶の底から、偏った情報と合致したものを抜き出して面白おかしく語り、更に偏った情報が流れていく。人の不幸は蜜の味じゃないけど、尻馬に乗る人たちは罪悪感もなく、手のひらの返し方もいかにもって感じで、非常にリアル。
赤星は情報を客観的に判断することなく、VTRを作った。最後に美姫の手紙で真相がわかるけど、これだって美姫の主観で書かれた手紙なんだから、どこまで本当かわからない。これを元に、やっぱり客観的に見るということが大事だよね。
一方だけの情報で判断するのはやめようと心掛けているつもりだけど、自分もきっと偏った情報で判断していることってあるんだろうなあと、ちょっと反省しました。

無責任な噂を流す人ばかりの中で、美姫のことを本当に心配していたのは、夕子だけ。あんな原始的な方法で自分の気持ちを伝えあう2人の友情に、ちょっとじーんときました。救いのあるラストで良かった。

犯人は誰か?という視点では観ていなかったので(美姫が犯人ではないことは明白だし)、犯人が判明しても、そこは ( ´・∀・`)へー という感じでした。謎解きがメインの話ではないし、そういう意味では、ミステリとはちょっと違うのかもしれない。

ネットが悪って感じで捕らえられているけど、ネットだって電話だって手紙だってモールス信号だって、コミュニケーションツールのひとつ。どう使いこなすかは自分自身だし、ネットだから悪、アナログだから善って訳ではないよね。ちょっとそこの描き方は気になりましたが。

画面上につぶやきが流れて、それと同時に普通に物語も進行するので、つぶやきのシーンは読むのが大変だった。ちょっと疲れた。

地味で名前負けという扱いを受けている美姫だけど、井上真央じゃ負けてないかも…  演技で上手く地味めに見せてはいたけど、本当に地味な子でも良かった気がする。いなかったのかなーちょうどいい女優。
しかし何といっても、菜々緒がめっちゃハマっていた  これって地じゃないの?と思ってしまうくらい いるねこういう女ーって感じで大変良かった。

インタビューで話が構成されているけど、原作もまた一人称で語る形式なのかなあ。湊かなえって、物語の構成はすごく上手いと思うんだけど、三人称の文章書けないのかなと思ってしまう。まぁ原作を読んでいないんで、実際は三人称で書かれているのかもしれないけど。

評価:★★★☆(3.5)
犯人当ての謎解きと思って観ると、かなり期待外れだと思うけど、わたしは噂の一人歩きの怖さとか、そういうところを観ていたので、そこそこ満足です。
原作も読まなくっちゃなあ。
あ、あと音楽! 音楽めっちゃ良かったです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

白ゆき姫殺人事件  Blu-ray白ゆき姫殺人事件 Blu-ray
(2014/09/03)
井上真央、綾野剛 他
商品詳細を見る

白ゆき姫殺人事件 豪華版  Blu-ray(初回限定版)白ゆき姫殺人事件 豪華版 Blu-ray(初回限定版)
(2014/09/03)
井上真央、綾野剛 他
商品詳細を見る

白ゆき姫殺人事件 [DVD]白ゆき姫殺人事件 [DVD]
(2014/09/03)
井上真央、綾野剛 他
商品詳細を見る

白ゆき姫殺人事件 豪華版(初回限定版) [DVD]白ゆき姫殺人事件 豪華版(初回限定版) [DVD]
(2014/09/03)
井上真央、綾野剛 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:中村義洋
出演者:井上真央、 綾野剛、 菜々緒、 金子ノブアキ、 小野恵令奈、 谷月美月、 染谷将太、 秋野暢子、 ダンカン、 山下容莉枝、 TSUKEMEN、 宮地真緒、 朝倉あき、 大東駿介、 蓮佛美沙子、 貫地谷しほり、 生瀬勝久
収録時間:126分
レンタル開始日:2014-09-03

Story
湊かなえのベストセラー小説を井上真央と綾野剛の共演で映画化。美人OL惨殺事件をめぐり、地味なOL・城野美姫に疑惑の目が向けられる。TV番組のディレクター・赤星雄治は彼女の足取りを追い掛けるのだが…。監督は『ゴールデンスランバー』の中村義洋。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件白ゆき姫殺人事件 (ブルーレイディスク)白ゆき姫殺人事件 (ブルーレイディスク)


関連商品はコチラ
【amazon】

原作
白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)白ゆき姫殺人事件 (集英社文庫)
(2014/02/20)
湊 かなえ
商品詳細を見る

劇中歌を歌っている芹沢ブラザーズのアルバム
All alone in the world(DVD付)All alone in the world(DVD付)
(2014/03/12)
芹沢ブラザーズ
商品詳細を見る
関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:中村義洋 井上真央 綾野剛 菜々緒 金子ノブアキ 小野恵令奈 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
記憶は、必ずしも事実とは違います。 人は思い出したいように思い出し、そこには自分
2014年05月24日 (土) 15:27:42 |  はらやんの映画徒然草
  JUGEMテーマ:邦画    OL殺人事件を取り扱った小説を映画化した作品。   インターネットなどで囁かれていたことや   マスコミが報道していたことは、真実ではなかった。   ネットで囁かれる噂は、なりすまし詐欺のようだし   テレビ番組は、やらせ...
2016年04月13日 (水) 00:47:06 |  こみち