週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > ある過去の行方HOME > あ~お > ある過去の行方
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


ある過去の行方 
2014年05月04日 (日) | EDIT |
 新宿シネマカリテにて鑑賞
ある過去の行方ある過去の行方/LE PASSE
2013年/フランス、イタリア/130分
監督: アスガー・ファルハディ
出演: ベレニス・ベジョ/タハール・ラヒム/アリ・モサファ/ポリーヌ・ビュルレ
公式サイト
公開: 2014年04月19日

離婚手続きのため、現在住んでいるテヘランから4年ぶりに妻マリー=アンヌの住むパリへとやってきたアーマド。2人はマリー=アンヌの家へ向かうが、マリー=アンヌは既に新しい恋人サミールと、自分の連れ子リュシーとレア、サミールの連れ子ファッドと暮らしていた。それを聞いたアーマドはホテルへ行こうするが、マリー=アンヌは、最近リュシーの帰りが遅いので話を聞いてやって欲しいと頼む。翌日、アーマドがリュシーと話をすると、リュシーはサミールの妻セリーヌが植物状態であり、その原因はマリー=アンヌとサミールにあると言う。アーマドは娘の気持ちを慮るようにマリー=アンヌを諭すが、彼女はサミールの子供を妊娠していると告げる―――――


別離」がすごく好みだったので、とても楽しみにしていました
冒頭で、背景の音は聞こえているのに、人の会話がガラス越しに行われていて、音が聞こえないというシーンがあって(この演出は何回か使われていた)、これは想像を掻き立てるし、いいかも (・∀・) と思って観始めた。

のですが。

マリー=アンヌとサミールの恋が、思い込みで悪い方へ転がってしまい、それが徐々に解き明かされていくのは「別離」と同じなのだけど、うーん、その真相がいまいち…  伏兵みたいに、突然クリーニング店の店員ナイマが出てきてびっくりしたわ。彼女の思い込みっていうか被害妄想が事態を悪くしたのは間違いないけど、元々はマリー=アンヌとサミールが不倫していたことがあるからねえ。。。

マリー=アンヌとアーマドが上手くいかなくなった理由がよくわからなくて(仕事もしてなくて…みたいな台詞は出てくるけど、詳細不明)、しかも今のアーマドは、義理の娘たちどころか、妻の不倫相手の子供にもきちんと向き合って優しく接するいい父親なので、マリー=アンヌが非常に勝手な女に思える。

メールのことを聞いたマリー=アンヌに、家を出て行けと言われたリュシーが、アーマドに「黙っていれば一生苦しむと言ったけど、話をした今なら苦しくないの?」と問う台詞に、ちょっとぐっときた。大人なら黙っている選択肢はあるけど、リュシーはまだ16歳で、何故こんなことをしたのかという理由がある訳だから、リュシーの未来のために、打ち明けたのは正解だと思うけど、それを罵倒したマリー=アンヌは、やっぱり母親じゃなくて女なんだろうな…。最終的にリュシーを許しはしたけど、何故娘がああいうことをしたのかを理解しないと、また同じことを繰り返すんじゃないの?
別離」でもそうだったけど、こういう時って犠牲になるのはいつも子供たち。とにかく子供たちが可哀相でしょうがありませんでした。

心理描写が丁寧なのはいいんだけど、真相解明に入るまでがとにかく長く、ちょっと疲れちゃった  リュシーがメールを転送した …の辺りからは展開が早くなるので、引き込まれるのですが…。
最後、マリー=アンヌとアーマド&娘たちではなく、サミールとセリーヌに焦点が当たっているのが  だったら、最初からサミール夫婦を主人公にして描けばよかったのに。しかも、何さあのラスト。何だか話がずれているような感じがするわ。

ベレニス・ベジョは「アーティスト」の時のキュートなイメージを一新。良かったです。タハール・ラヒムとアリ・モサファは初めて観る俳優だと思うけど、彼らも良い演技していました。

評価:★★(2.0)
期待しすぎちゃったかな。「別離」と比べちゃ駄目と思いながらも、やはり比べてしまいました。。。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

ある過去の行方 [Blu-ray]ある過去の行方 [Blu-ray]
(2014/12/02)
ベレニス・ベジョ、タハール・ラヒム 他
商品詳細を見る

ある過去の行方 [DVD]ある過去の行方 [DVD]
(2014/12/02)
ベレニス・ベジョ、タハール・ラヒム 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:アスガー・ファルハディ
出演者:ベレニス・ベジョ、 タハール・ラヒム、 アリ・モッサファ、 ポリーヌ・ビュルレ
収録時間:130分
レンタル開始日:2014-12-02

Story
『別離』のアスガー・ファルハディ監督によるサスペンスドラマ。別れた妻・マリー=アンヌとの正式な離婚手続きのため、パリに戻って来たアーマド。彼女は恋人・サミールたちと新たな生活を始めていたが、アーマドは長女からある事実を告げられる。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
ある過去の行方ある過去の行方ある過去の行方ある過去の行方

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アスガー・ファルハディ ベレニス・ベジョ タハール・ラヒム アリ・モサファ ポリーヌ・ビュルレ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
『別離』が第84回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したイラン出身の鬼才、アスガー・ファルハディが放つ人間ドラマ。お互いの子どもを連れて再婚しようと考える男女が、女性の娘のある告白を機にそれぞれが抱えていた思いも寄らなかった秘密を知ることになる。『アーティス...
2014年05月25日 (日) 16:37:10 |  パピとママ映画のblog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。