週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > 0~9 > 8月の家族たち
8月の家族たち 
2014年06月06日 (金) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
8月の家族たち8月の家族たち/AUGUST: OSAGE COUNTY
2013年/アメリカ/121分
監督: ジョン・ウェルズ
出演: メリル・ストリープ/ジュリア・ロバーツ/ユアン・マクレガー/クリス・クーパー/アビゲイル・ブレスリン
公式サイト
公開: 2014年04月18日

08月のある暑い日、オクラホマ州オーセージに住む母親バイオレット・ウェストンから、父ベバリーが失踪したと連絡を受けた長女バーバラは、夫ビルと14歳の娘ジーンを連れ、久々に実家に向かう。実家には、近所に住む独身の次女のアイビー、叔母のマティ・フェイとその夫のチャールズが駆けつけており、三女のカレンも、10歳年上の婚約者スティーブ・ハイデブレクトを連れてフロリダから来るという。やがてべバリーの遺体が湖で見つかり、家族は悲しみに暮れながら葬式を終える。その後の食事会で、口腔癌を患っているバイオレットは、鎮痛剤などの薬物依存でハイになっているのと元からの性格による毒舌で家族を攻撃しはじめ、食事会に不穏な空気が漂いはじめるが―――――


早く行けば良かったのに、他の予定と、早く終わっちゃいそうな作品を優先してたら、シャンテでの上映が終わっちゃった。慌てて武蔵野館にすべりこみ。
元はピューリッツァー賞とトニー賞を獲得した戯曲というだけあって、脚本が非常によく出来ている。面白い。
夏のオクラホマの暑さがものすごく伝わってきた。「ペーパーボーイ 真夏の引力」の夏が、焦燥感、ひりひりとした暑さだとするなら、こちらはじっとりした暑さっていうのかな。湿度が高い感じ。

ストーリーはほぼ家の中だけで展開しているからこそ、役者の演技にかかっている訳ですが、とにかくメリルは圧巻でした  ヤク中で不安定で毒舌というバイオレットそのもので、本領発揮ですよ。実在の人物をそっくりに演じるとかよりも、こういうの演って欲しいわ。
バイオレットだけじゃなくて他の家族も個性的で、それぞれ演者が良い味出している。ジュリアも良かった。アイビーがリトル・チャールズと家を出て行くことを告白しようとして、それを阻止しようとお皿を割るシーンは笑えた。
一番普通の人なのは、住み込み家政婦のジョナかも。まぁ、家族じゃないけど。

この家族が異常という訳ではなく、どこの家族だって、程度の差はあれ色々あるよね。だから、観ている方にも理解しやすいんだと思います。
こういう、それぞれが隠していた事情が次々と明らかになる話、大好き。リトル・チャールズの出生の秘密にはびっくりしたけど、でももう子供は出来ないんだし、アイビーと付き合ってても別にいいんじゃないの?って思っちゃった。

評価:★★★★(4.0)
役者陣の演技がしっかりしているので、非常に見応えがあった。面白かったです。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]
(2014/10/08)
メリル・ストリープ、ジュリア・ロバーツ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ジョン・ウェルズ
出演者:メリル・ストリープ、 ジュリア・ロバーツ、 ユアン・マクレガー、 クリス・クーパー
収録時間:121分
レンタル開始日:2014-10-08

Story
メリル・ストリープとジュリア・ロバーツ共演によるドラマ。父親が失踪したと知らされ、闘病中だが気の強い母と妹家族の住む実家に集まった3姉妹。真面目過ぎる長女、秘密の恋をしている次女、自由奔放な三女たちは互いに本音をぶつけ合うが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
8月の家族たち8月の家族たち8月の家族たち (ブルーレイディスク)8月の家族たち (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジョン・ウェルズ メリル・ストリープ ジュリア・ロバーツ ユアン・マクレガー クリス・クーパー アビゲイル・ブレスリン 第86回米アカデミー賞 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック