週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > スポンサー広告 > 思秋期HOME > さ~そ > 思秋期
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ



※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
思秋期 
2014年07月08日 (火) | EDIT |
 WOWOWにて鑑賞
思秋期思秋期/TYRANNOSAUR
2010年/イギリス/98分
監督: パディ・コンシダイン
出演: ピーター・ミュラン/オリヴィア・コールマン/エディ・マーサン
公式サイト

5年前に妻を亡くしたジョセフは、自分の怒りの衝動を抑えられず、酒を飲んでは暴れ、トラブルを起こしてばかりいた。飼い犬のブルーイを可愛がっていたにも関わらず、衝動的にブルーイを蹴り殺してしまう。バーでのいざこざからチャリティ・ショップに逃げ込んだジョセフは、店主のハンナと知り合う。ハンナにも悪態をつくジョセフだったが、そんなジョセフにもハンナは優しく接するのだった。何一つ不自由のない生活をしていると思われているハンナも、夫ジェームズからDVを受けているという事情を背負っていた。ジョセフはハンナに対し、徐々に心を開いていくが…


観に行きたいなと思っていたのですが、劇場で観損ねてしまいました。第24回東京国際映画祭でも上映されていて、その時は「ティラノサウルス」という邦題だったようです(っていうか原題?)
淡々と進むので、前半はちょっと辛かった。
ストーリーもさることながら、主人公であるジョセフが、とにかくずっと怒っているのもしんどい。何に怒っているのか、全然わからないんだよ。とにかくずっと怒っている。可愛がっていた犬を蹴り殺しちゃうくらいなんだもん、かなり病的。
観ていると、何となく、寂しいのかなとか、本当は自分に対しる怒りを他人にぶつけちゃってるんだなとか、わかってはくるんだけど、そこに至るまでがなかなか。。。
ジョセフがハンナの家に行って、ジェームズを見つける辺りから急展開するんだけど、ってこの時点でもう終わり近いもんね。

心に傷を負った者同士が惹かれあっていく過程は、細やかに描かれていたと思う。
弱い2人はそれぞれ罪を犯してしまうけれど、罪を償って再出発を誓い(ハンナは罪を償っている途中だけれど)、お互いに支え合って生きていく。希望に満ちた終わり方になっているのはいいのだけど、とにかく全体的に重くて、観ていてしんどい
ピーター・ミュランとオリヴィア・コールマンは、非常に良かったのですが。。。

評価:★☆(1.5)
観終わってぐったりしてしまった。気分的に落ちている時にはあまりオススメではないかも。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

思秋期 [DVD]思秋期 [DVD]
(2013/05/02)
ピーター・ミュラン、オリヴィア・コールマン 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:パディ・コンシダイン
出演者:ピーター・ミュラン、 オリヴィア・コールマン、 エディ・マーサン
収録時間:92分
レンタル開始日:2013-05-02

Story
自身も俳優として活躍するパディ・コンシダインの長編監督デビュー作となる人間ドラマ。妻に先立たれた失業中の中年男・ジョセフは、酒を飲んでは暴れる日々を繰り返していた。自己崩壊寸前に追い込まれた彼は、ある日ハンナという女性と出会い…。PG-12作品 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
思秋期思秋期思秋期思秋期

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:WOWOW/スカパーで観た映画の感想
GENRE:映画
TAG:パディ・コンシダイン ピーター・ミュラン オリヴィア・コールマン エディ・マーサン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。