週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > わたしは生きていけるHOME > わ~ん > わたしは生きていける
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


わたしは生きていける 
2014年09月09日 (火) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
わたしは生きていけるわたしは生きていける/HOW I LIVE NOW
2013年/イギリス/101分
監督: ケヴィン・マクドナルド
出演: シアーシャ・ローナン/ジョージ・マッケイ/トム・ホランド/ハーリー・バード/アンナ・チャンセラー
公式サイト
公開: 2014年08月30日

世界が不穏な空気に包まれていた16歳の夏、デイジーことエリザベスは、亡き母ジュリアの姉ペンが住むイギリス郊外へとやってくる。父親デヴィッドにイギリスに追いやられたと思っているデイジーは、初めて会う従兄弟たちともなかなか親しもうとしなかった。しかし、2つ年上の従兄弟エディ、その弟アイザック、末の妹パイパーと大自然の中で日々を過ごすうちに、デイジーは徐々に彼らと馴染んでいく。そしていつしかエディに淡い恋心を抱きはじめるデイジー。だが、そんな穏やかな日々は、突然終わりを告げる。テロリストがロンドンで核爆弾を使い、第三次世界大戦が始まったのだ。戒厳令が出され、外出もままならない中、不安に襲われる4人だが―――――


これ、ヒューマントラストシネマ渋谷ではレイトのみなんですよね。で、ちょうど「テロ,ライブ」の後という上映するスケジュールだったので、観てきました。
元々、原作がヤング・アダルト小説だというので、そんなに期待はしていなかったんだけども、あまりに説明が不足していて、ホント、最初から最後まで ?(゜_。)?(。_゜)? 状態でした。
色々設定が甘いっていうか、ツッコミどころがありすぎるっていうか…。核爆発の影響の表現も甘いし、爆発の後の子供たちの生活の様子も、そんな訳ないじゃん と思ってしまって。それって、わたしが日本人だから感じることなのかなあ。

デイジーとパイパーが施設を脱出して家に向かった時も、水の浄化剤を忘れてしまって、外から水を調達することは叶わなくなった。デイジーのリュックは小さくて、水 どころか食べ物もそんなに持っていなさそうだったのに、どうやって家までたどりつけたんだ。パイパーも、足が痛いとは言っても、お腹が空いたとかのどが渇いたっていう台詞はなかったので、食べ物問題は全く忘れられていたようだった。
基本的にサバイバルではなく、デイジーの成長物語だから、重要じゃないのかもしれないけど、あまりにもリアリティがなさすぎる。
百歩譲って、無事に家にたどり着くのはいいとしても、どうして家に食料が残されているんだ。戦争が始まってからもしばらくあそこで暮らしていたんだし、消費はしていたはず。ある程度は備蓄していたにしても、あそこまで持たないと思うんだけど…
そこで、エディが生きて家に戻っていた!だもん。ええええええ Σ(・Д・ノ)ノ でしたよホントに。
アイザックとエディは一緒に男の子が集められる施設に行ったんだろうと思うんだけど、何故アイザックはあんなことになって、エディは逃げ出せたのか、さっぱりわからない。都合よすぎでしょ。

デイジーが変わっていく様子は、非常に細やかに描かれていたと思う。もう歩けないと愚図るパイパーにデイジーがキレるシーンでは、やっぱり子供なんだもんなあと思ったけど、ちゃんと謝れる子になっていた。

シアーシャ・ローナン、随分育ちましたよね。「グランド・ブダペスト・ホテル」の時も思ったけど。この主人公デイジーには、うまくハマっていたと思います。

評価:★(1.0)
ケヴィン・マクドナルドだからと思って、期待しすぎたのかも。。。SFとかとはまた違った方向のリアリティのなさが、全く受け付けませんでした。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

わたしは生きていける [DVD]わたしは生きていける [DVD]
(2015/02/04)
シアーシャ・ローナン、ジョージ・マッケイ 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ケヴィン・マクドナルド
出演者:シアーシャ・ローナン、 ジョージ・マッケイ、 トム・ホランド、 ハーリー・バード
収録時間:101分
レンタル開始日:2015-02-04

Story
『ラブリーボーン』のシアーシャ・ローナン主演、『ラストキング・オブ・スコットランド』のケヴィン・マクドナルド監督によるサバイバルドラマ。生まれた時に母親を亡くしたデイジーは、見知らぬ3人の従兄弟とひと夏を過ごすため異国の地を訪れる。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
わたしは生きていけるわたしは生きていけるわたしは生きていけるわたしは生きていける


関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ケヴィン・マクドナルド シアーシャ・ローナン ジョージ・マッケイ トム・ホランド ハーリー・バード アンナ・チャンセラー 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
メグ・ローゾフのベストセラー小説を基にした、異色の青春ドラマ。テロリストによる核爆発と第3次世界大戦によって混乱するイギリスを舞台に、16歳の少女が織り成す決死のサバイバルをいとことの恋を交えながら映し出す。監督は『ラストキング・オブ・スコットランド』な...
2014年11月11日 (火) 19:24:38 |  パピとママ映画のblog
監督 ケヴィン・マクドナルド 主演 シアーシャ・ローナン 2013年 イギリス映画 101分 ドラマ 採点★★★ 好きな人に会いに行くのって、全く苦にならないですよねぇ。どれだけ遠かろうが、どれだけ時間が掛かろうが苦にならない。早起きして行こうが、徹夜して行こ…
2015年03月01日 (日) 13:43:00 |  Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。