週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > あ~お > 悪童日記
悪童日記 
2014年11月09日 (日) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
悪童日記悪童日記/LE GRAND CAHIER
2013年/ドイツ、ハンガリー/111分
監督: ヤーノシュ・サース
出演: アンドラーシュ・ジェーマント/ラースロー・ジェーマント/ピロシュカ・モルナール/ウルリク・トムセン/ウルリッヒ・マテス
公式サイト
公開: 2014年10月03日

1944年08月。出征している父親が一時的に帰宅し、双子たちは久しぶりの家族団らんに大喜びしていた。しかしその夜、双子は目立つから別々にした方がいいと言う父親と、2人を引き離すのは酷だと主張する母親の話を聞いてしまう。やがて父親は戦地に戻り、母親は双子を疎開させるため、疎遠だった自分の母親が住む田舎の家へと連れて行く。近隣から魔女と呼ばれている母方の祖母は、双子たちを「メス犬の子供」と呼び、働かない者には食べ物を与えないと言う。双子たちは農作業を手伝いながら、過酷な日々を生き延びるために、精神と身体を鍛錬し、現実に立ち向かっていくが…


1週間前ですが、やっと観に行けました。auマンデイ ヽ(´ー`)ノバンザーイ
「悪童日記」というけど、主人公の双子は悪童とはちょっと違う。そういうレベルの話ではない。原題は「大きな帳面」という意味らしいが(2人が付けていた日記のことね)、ちょっと邦題に難ありだなあ。

戦争中とは言え、親と離れて暮らすのは子供にはしんどい。おまけに、預けられた先のばーちゃんが意地悪っていうか…実の娘に向かってメス犬呼ばわりですよ。なんて口の悪い… と思っていたら、ホントにメス犬レベルだった(笑)
それはともかくとして、働かざる者食うべからずはわかるけど、母親が息子たちに送ってきた服を隠すことはないべ。性格が悪いのは間違いない。だから、母親が息子たちを引き取りに来た時に拒絶するのがちょっと違和感ありますな。そんなに祖母に馴染んでいくエピソードもないし。

無邪気だった双子たちが、過酷な現実を知ってどんどん変わっていく様子が痛々しい。精神や肉体を鍛えるというよりも、洗脳とはちょっと違うけど、病んでいくとかそんな感じがして。歪んだ方向に成長しているなあと思ってしまった。ある意味逞しくはなっているんだけど、正しい逞しさじゃないというか。彼らの置かれた境遇を考えると、仕方のないことだけれど。
ラストは、えっこれで終わり?と思った。どうやら原作は三部作のようなので、続編が出来るのかもしれないけど…

双子の名前はおろか、住んでいるところさえも劇中では明らかにはされないっていうのが、ちょっとオドロキ。原作者がハンガリーの亡命作家なので、おそらく場所はハンガリーだろうってところまでしかわからない。双子の名前は、原作小説の続編で明かされるらしいが。

主役のジェーマント兄弟が可愛らしいんだよね~。これがスクリーンデビューなのかな? 公式サイトによると、家族と離れて暮らしているとあったけど…

評価:★★☆(2.5)
日記風なので、淡々と進むのはしょうがないけど、淡々としすぎというか…。多少盛り上がるところはあるものの、何かこう…期待していたのとは違ったかな。原作を読んでいると、またちょっと違うのでしょうけどね。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

悪童日記 [DVD]悪童日記 [DVD]
(2015/03/04)
アンドラーシュ・ジェーマント、ラースロー・ジェーマント 他
商品詳細を見る


レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ヤーノシュ・サース
出演者:アンドラーシュ・ジェーマント、 ラースロー・ジェーマント、 ピロシュカ・モルナール、 ウルリッヒ・トムセン
収録時間:111分
レンタル開始日:2015-03-04

Story
世界的ベストセラー小説を映画化。第2次世界大戦下のハンガリー。双子の兄弟は両親と離れ、祖母が住む田舎へ疎開させられる。過酷な日々を送るうち、大人の非情な世界を知ったふたりは自らの信念に基づき生き抜こうとする。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
悪童日記悪童日記悪童日記悪童日記

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ヤーノシュ・サース アンドラーシュ・ジェーマント ラースロー・ジェーマント ピロシュカ・モルナール ウルリク・トムセン ウルリッヒ・マテス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック