週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > あ~お > おみおくりの作法
おみおくりの作法 
2015年03月29日 (日) | EDIT |
 シネスイッチ銀座にて鑑賞
おみおくりの作法おみおくりの作法/STILL LIFE
2013年/イギリス、イタリア/91分
監督: ウベルト・パゾリーニ
出演: エディ・マーサン/ジョアンヌ・フロガット/カレン・ドルーリー/キアラン・マッキンタイア/アンドリュー・バカン
公式サイト
公開: 2015年01月24日

ロンドン、ケニントン地区の民政係ジョン・メイの仕事は、ケニントン地区で孤独死した住民の親族を探し出し、遺体の引き渡しをすること。親族が見つからなかったり、あるいは引き取りを拒否した場合には、彼なりに亡くなった人の過去を調べ、弔っていた。ある日、ジョン・メイの元に飛び込んできた訃報は、彼の真向かいに住むビリー・ストークだった。ジョン・メイは、いつも通りビリーの親族を探しに彼の故郷を訪れるが、効率の悪いジョン・メイのやり方を苦々しく思っていた上司のプラチェットに、地区が合併するからと解雇を告げられてしまう―――――


シネスイッチ銀座はいつも混むので、様子を窺っていたら、公開からこんなに時間が経ってしまいました。。。
主人公のジョン・メイの超がつくほど真面目な人柄は伝わっては来るけど、要するに面白味はないって感じだし、ビリーの生き様は本筋とはちょっと違うし、基本淡々と進むので、ちょっと眠気に誘われてもいたのですが 、最後にやられた!って感じでした。
ケリーといい雰囲気になって、これまでの、いわば無味無臭な感じだったジョン・メイの人生も変わっていくのかなーと思っていたところだったので、ああいう展開になって、ものすごくびっくり した。たぶん皆さんびっくりしたと思いますが。

ジョン・メイがビリーを送るために力を注いで、ビリーの葬儀には人が集まった。でもその傍らで行われている、ジョン・メイの葬儀は誰も立ち会わない。確保していた場所もビリーに譲って、ジョンは本望だろうけど、キツイなあ…後味悪いなあ… と思っていたら、その後が。じわ~っときました。

効率が悪くても、ジョン・メイの行動には、死者への尊厳を感じる。だからこそ、ああいうラストなんだなあと思える。プラチェット氏やピルジャーさんはああはならんだろうなー。頑張る者は報われるというか、情けは人のためならずというか、自分の行いはちゃんと自分に還ってくる、そういうことが感じられるラストで、良かった。

ジョン・メイは44歳にしては老け過ぎでしょー。年齢聞いて嘘でしょ!?と思いました(笑) エディ・マーサンの年齢を調べたら、撮影当時おそらくそんなもんなので、エディ・マーサンが老けているのか。

評価:★★★☆(3.5)
思っていたのとだいぶ違う展開でしたが、すごくステキなラストでした。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ウベルト・パゾリーニ
出演者:エディ・マーサン、 ジョアンヌ・フロガット、 アンドリュー・バカン
収録時間:91分
レンタル開始日:2015-09-02

Story
『フル・モンティ』のウベルト・パゾリーニ監督が、孤独や死、人と人の繋がりを描いた感動作。ひとりきりで亡くなった人を弔うロンドン市の民生係、ジョン・メイ。彼は人員整理で解雇の憂き目に遭い、最後の案件にこれまで以上の熱意で取り組む。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
おみおくりの作法おみおくりの作法おみおくりの作法おみおくりの作法

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ウベルト・パゾリーニ エディ・マーサン ジョアンヌ・フロガット カレン・ドルーリー キアラン・マッキンタイア アンドリュー・バカン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんにちは
私はラストシーンがてっきり、
死者に感謝され、かつ感謝しかえすのかと思っていたので、そういう意味では暗転が早くてびっくりしました
肝心のジョン・メイ自身の魂もみえないし…
2015年09月08日(火) 14:27 |   | maki #jQTfdwCM[ EDIT]
makiさん
コメントありがとうございますv-411

> 私はラストシーンがてっきり、
> 死者に感謝され、かつ感謝しかえすのかと思っていたので、そういう意味では暗転が早くてびっくりしました
> 肝心のジョン・メイ自身の魂もみえないし…

わたしは、ラストはジョン・メイの姿が見えなくて逆に良かったなと思いました。
本人が気づいていなくても、ちゃんと伝わっているんだよという感じで。
2015年09月08日(火) 23:57 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
死者を送る気持ちを 公式サイト http://www.bitters.co.jp/omiokuri ロンドンのケニントン地区の民生係ジョン・メイ(エディ・マーサン)は、孤独死した人の葬儀を執り行うのが
2015年04月03日(金) 12:10:36 |  風に吹かれて
【概略】 ひとりきりで亡くなった人を弔うロンドン市の民生係、ジョン・メイ。彼は人員整理で解雇の憂き目に遭い、最後の案件にこれまで以上の熱意で取り組む。 ドラマ 人と出会い、死と向き合い、人生は輝きだす。 孤独死した人を弔う民生係の主人公。まあそうか、誰かがやらなければならないもんね、区などにもそういう係がいるのかもしれないなあとまず思った。しかしこの主人公ジョン・メイは...
2015年09月08日(火) 14:26:23 |  いやいやえん