週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > は~ほ・う゛ > プリデスティネーション
プリデスティネーション 
2015年04月02日 (木) | EDIT |
 ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞
プリデスティネーションプリデスティネーション/PREDESTINATION
2014年/オーストラリア/97分
監督: マイケル・スピエリッグ/ピーター・スピエリッグ
出演: イーサン・ホーク/セーラ・スヌーク/ノア・テイラー/クリストファー・カービイ/クリス・ソマーズ
公式サイト
公開: 2015年02月28日

1975年、NYでは“不完全な爆弾魔(フィズル・ボマー)”を名乗る犯人による連続爆破事件が起き、多くの人命が失われていた。航時局は捜査員を過去に派遣し、事件が起きる前に犯人を捕らえて事件を阻止しようとする。捜査員は1970年11月06日へタイムスリップし、バーテンダーとして働いていた。そこへ、ある男がやってくる。“未婚の母”というペンネームで、ゴシップ誌で体験談を書いていると言い、男はバーテンダーに、これまでの数奇な人生を語り始める―――――


これ、どーなんよと思っていたのですが、yahoo!映画でも評判は悪くないようなので、終わる直前に観てきました。
うわーなんだこれなんだこれ! めっちゃ面白い! こういうの大好き

が先か、鶏 が先か。交尾しなきゃ始まらないので雄鶏という答え。バーのジュークボックスで流れる歌。自分の尾を食う蛇。
タイム・トラベルものにつきもののタイム・パラドックス。それをどう解消するかというのは、おそらくタイム・トラベルを扱う作品を作る人には悩みどころなんだろうと思いますが、解消っていうのじゃないんだけど、逆手に取ったケースというか。すごい話だなと。原作が良く出来ているんだろうなあ。それをこういう形にした脚本もすごい。
ジョンの身の上話が延々と続くので、こういう話だったの? 航時局は? と思っていたんだけど、まさかの展開でした。どうなるのか全く予想が出来ず。タイム・トラベルで、時代があっちゃこっちゃ飛ぶので、一所懸命メモ取りながら観ていました(笑)

終点に着いたら…という台詞があるけど、結局終点ってないんだよね。
超ネタバレですけど、「トライアングル」を思い出しました。あれと同じですね。

イーサンとセーラ・スヌークのほぼ2人芝居。
セーラ・スヌークってジョディ・フォスターに似てませんか? 最初、ジョディ・フォスターが男装しているのかと思っちゃった。ほぼ初めて観たけど、なかなか良かったです。

評価:★★★★☆(4.5)
めっちゃ好みです。考える系が好きは人にはオススメ。


DVDの購入はコチラ
【amazon】



レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ピーター・スピエリッグ、マイケル・スピエリッグ
出演者:イーサン・ホーク、 サラ・スヌーク、 ノア・テイラー、 クリストファー・カービイ
収録時間:97分
レンタル開始日:2015-07-15

Story
『デイブレイカー』のピーター&マイケル・スピエリッグ監督、イーサン・ホーク主演の再タッグによるSFサスペンス。酒場を訪れた青年・ジョンの哀れな境遇に同情したバーテンダー。彼は未来からやって来た時空警察のエージェントだった。R15+ (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
プリデスティネーションプリデスティネーションプリデスティネーション (ブルーレイディスク)プリデスティネーション (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:マイケル・スピエリッグ ピーター・スピエリッグ イーサン・ホーク セーラ・スヌーク ノア・テイラー クリストファー・カービイ クリス・ソマーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
始まりはどこ? 公式サイト http://www.predestination.jp 原作: 輪廻の蛇 (ロバート・A・ハインライン著/ハヤカワ文庫)監督: ピーター・スピエリッグ ,マイケル・スピエ
2015年04月03日(金) 12:06:07 |  風に吹かれて