週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > か~こ > クラウン
クラウン 
2015年04月04日 (土) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
クラウンクラウン/CLOWN
2014年/アメリカ、カナダ/90分
監督: ジョン・ワッツ
出演: アンディ・パワーズ/ローラ・アレン/ピーター・ストーメア/イーライ・ロス/エリザベス・ウィットメア
公式サイト
公開: 2015年03月21日

息子ジャックの誕生日パーティーに呼んでいた出張ピエロが来られなくなったと妻のメグから連絡を受けた、不動産業者のケント・マッコイは、担当物件の物置に置いてあった衣装箱の中に、偶然ピエロの衣装を見つける。息子を喜ばせるため、ケントはピエロの扮装をして帰宅する。パーティーは盛況に終わり、ケントは衣装を脱ごうとしたが脱げず、化粧も落ちない。ナイフや電気ノコギリで衣装を切ろうとしたものの、全く歯が立たず、途方に暮れるケント。衣装があった物件の持ち主マーティン・カールソンは亡くなっており、ケントは衣装を作った会社を当たる。すると、マーティンの弟ハーバードと連絡が取れるが、衣装には絶対に手を触れるなと言う。ケントが既に着てしまったことを話すと、自分なら脱がせることが出来るから、これから会えるかと言われ、ケントは藁にもすがる気持ちで、ハーバードの元へと急ぐが―――――


どーしよーかなーと思っていたのですが、もう1本観るついでに。ホラー久しぶり。
元々は、映画学校の仲間だったジョン・ワッツとクリストファー・フォード(脚本としてこの映画に関わっている)が、映画会社の名前やイーライ・ロスの名前を冠したフェイクの予告編をYouTubeにアップして、それを見たイーライ・ロスが本当にこれ作らない?と言ったことから始まったというこの企画。こんなこともあるんだねえ。ラッキーだなあ。

日本って、あまりピエロ に馴染みがないからなあ…。アメリカの子供がピエロ好きってのが衝撃。個人的には、マクドナルドのドナルドもちょっとコワイって思っているくらいなんですが、ピエロ恐怖症ってのがあるらしい。わたしはこれに近いかも。なので、ホラーの題材としては悪くないかなと思う。

主人公はすぐにピエロの衣装が脱げなくなるし、結構テンポいいなと思っていたんだけど、その後が結構ぐだぐだですね。妻が夫を救おうと奔走する辺りは、まぁ良くある展開。
しかし、これまで必死にケントを元に戻そうとしていたのに、子供が襲われそうになって、こんなのパパじゃない!って言われると、あっさり首を斬る。女ってコワイ(笑)

イーライ・ロスが製作している割には、グロは控えめ。電ノコの辺りがちょっとうわうわ って感じですけど、それくらいかなあ。子供食べちゃうシーンは、直接は映らないし。当たり前か。

評価:★★(2.0)
まぁ、普通のB級ホラーかな。怖くはなかったです。ピエロの起源は、そうだったんだーへーって感じで、そこそこ興味は沸いたし、題材としては悪くないんだから、もう少し何とかならなかったかなあ。ちょっと惜しい。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ジョン・ワッツ
出演者:イーライ・ロス、 アンディ・パワーズ、 ローラ・アレン、 ピーター・ストーメア
収録時間:90分
レンタル開始日:2015-07-03

Story
“ホラー映画界の若き帝王”イーライ・ロスが製作を務めたホラー。息子の誕生日にクラウンの衣装を着て祝った父・ケント。ところが、なぜか衣装が脱げなくなってしまう。ケントは次第に衣装が肌の一部になり、自分が変わり始めていることに気付き…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
クラウンクラウンクラウンクラウン

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ジョン・ワッツ アンディ・パワーズ ローラ・アレン ピーター・ストーメア イーライ・ロス エリザベス・ウィットメア 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
TBありがとうございました。
りおさんの記事にあるように、女の考え方は状況によっては怖いですね。
最後は結局倒すんかいっと画面にツッコミ入れました笑
初めからそういう風にしようと動けよ、となんか奥さんの行動が一々癇に障りました。
題材はよくあるピエロの格好をしたキラー的なものじゃなくて、オリジナルに上手く考えているな、とその辺は面白かったです。
2015年07月05日(日) 13:16 |   | ヒロ之 #-[ EDIT]
ヒロ之さん
コメントありがとうございますv-411

> りおさんの記事にあるように、女の考え方は状況によっては怖いですね。
> 最後は結局倒すんかいっと画面にツッコミ入れました笑

わたしもそう思いました(笑)
あんなに首ちょんぱを回避しようとしていたのに、あっさりすぎる!

> 題材はよくあるピエロの格好をしたキラー的なものじゃなくて、オリジナルに上手く考えているな、とその辺は面白かったです。

ピエロの起源とか面白かったですね。
展開としては、もうひとひねり欲しかったですが…
2015年07月06日(月) 20:08 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
こんにちは
ピエロの起源が悪魔で、子供を食べていた…というのは面白い設定でしたね
ただそれが生かされていなくて残念な出来に。
個人的にはもっと我が子を追い回して恐怖に落として欲しかった、悪魔と同化した父親が息子を食べに来る、なんて設定は美味しいですからねー
残念ですっ
2015年08月04日(火) 06:45 |   | maki #jQTfdwCM[ EDIT]
makiさん
コメントありがとうございますv-411

> ピエロの起源が悪魔で、子供を食べていた…というのは面白い設定でしたね
> ただそれが生かされていなくて残念な出来に。

そうなんですよねー。設定負けかな。
ちょっと勿体なかったですね。
次作に期待、って感じです。
2015年08月05日(水) 01:55 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
CLOWN 2014年 アメリカ/カナダ 99分 ホラー R15+ 劇場公開(2015/03/21) 監督: ジョン・ワッツ 製作: イーライ・ロス 脚本: クリストファー・フォード ジョン・ワッツ 出演: アンディ・パワーズ:ケント ローラ・アレン:メグ ピーター・ストーメア:カー...
2015年07月04日(土) 21:35:50 |  銀幕大帝α
【CLOWN】 2015/03/21公開 アメリカ/カナダ R15+ 90分監督:ジョン・ワッツ出演:アンディ・パワーズ、ローラ・アレン、ピーター・ストーメア、 イーライ・ロス みんな、おいでよ。 Story:息子の誕生日に手配していたクラウン(ピエロ)がドタキャンとなり、父のケント...
2015年07月22日(水) 23:34:05 |  ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
【概略】 息子の誕生日にクラウンの衣装を着て祝った父・ケント。ところが、なぜか衣装が脱げなくなってしまう。ケントは次第に衣装が肌の一部になり、自分が変わり始めていることに気付き…。 ホラー みんな、おいでよ。 息子の誕生日にクラウンの衣装を着て祝った父ケント。だが衣装が脱げない!やがてその衣装が肌の一部になり始め自分が変わり始めていることを感じ取る。呪われた衣装の謎は、か...
2015年08月04日(火) 06:43:35 |  いやいやえん
『ホステル』シリーズなどで知られるイーライ・ロスが製作を手掛け、呪われたピエロの衣装を着たことから子食いの怪物へと変貌していく男の運命を描くホラー。2010年、無名のフィルムメーカーがジョークで作った偽ホラー映画の予告編クレジットにロスの名前を勝手に入れて...
2015年08月12日(水) 19:51:25 |  パピとママ映画のblog
監督 ジョン・ワッツ 主演 アンディ・パワーズ 2014年 アメリカ/カナダ映画 100分 ホラー 採点★★ ジョン・ウェイン・ゲイシーがそのイメージを定着させたとか、それにインスパイアされた『IT/イット』のペニーワイズが決定打だとかも言われてますが、そもそ…
2015年08月13日(木) 06:49:59 |  Subterranean サブタレイニアン