週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > あ~お > インヒアレント・ヴァイス
インヒアレント・ヴァイス 
2015年05月15日 (金) | EDIT |
 ヒューマントラストシネマ渋谷にて鑑賞
インヒアレント・ヴァイスインヒアレント・ヴァイス/INHERENT VICE
2014年/アメリカ/148分
監督: ポール・トーマス・アンダーソン
出演: ホアキン・フェニックス/ジョシュ・ブローリン/オーウェン・ウィルソン/キャサリン・ウォーターストン/リース・ウィザースプーン
公式サイト
公開: 2015年04月18日

1970年、カリフォルニア州ゴルディータ・ビーチに住む探偵ラリー・“ドック”・スポーテッロの家に、突然去って行った元恋人シャスタ・フェイ・ヘップワースが、1年ぶりに現れる。シャスタの現在の恋人は、LAの不動産王と呼ばれるミッキー・ウルフマンで、ミッキーの妻スローンとその愛人はミッキーを精神病院に入院させようと企んでおり、シャスタはミッキーを助けて欲しいとドックに懇願する。シャスタに未練があるドックは、しぶしぶこれを引き受ける。ドックは、ミッキーの会社が開発しようとしている土地の近くにあるマッサージ店に様子を尋ねに行くが、そこで殴られて気を失い、気が付くと、ロス市警のクリスチャン・F・“ビッグフット”・ビョルンセン警部補が目の前に。ビッグフットによると、ミッキーの施設警備隊の1人グレン・チャーロックの死体が見つかり、ミッキーが行方不明になっていると言う。ドックはグレン殺しの容疑者となってしまい、否応なく事件に巻き込まれていくが―――――


ポール・トーマス・アンダーソンは「マグノリア」と「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」ぐらいしか観ていないんですが、ホアキン出ているし~と思って、行ってきましたー
なんちゅーか、ごちゃごちゃしてんなあ…。それぞれの細かいエピソードが微妙に絡み合って、最後に集結するっていうストーリー展開で、それはいいんだけど、全体的にごちゃごちゃしすぎ。登場人物も多いし、誰が何で、どういう関係なのか、訳わかんなくなってくる ?(゜_。)?(。_゜)?
ハードボイルドっちゃ、ハードボイルドです。雰囲気は嫌いじゃないけど、全部台詞で説明しちゃうので、付いていくのが大変。字幕だし。結構文字を読むのは早い方ですが、それでも大変でした。取ったメモを読み返してもよくわからないところがあって、Wikipediaで原作のあらすじとか読んで、何とか補完した次第。これは、文字で読んだ方がわかりやすいのかもしれないなあ。

結構キャストが豪華。主人公ドックの友人で、ベニチオ・デル・トロがちょい役で登場したり、ドックの今カノにリース・ウィザースプーンとか。

この映画、148分もあったのか。。。この記事を書くにあたって調べて、初めて気付きました。のめり込んで時間を感じなかったというよりも、ごちゃごちゃしすぎてて、ストーリーを追うのに一所懸命で気付かなかったと言う方が正しい。

評価:★★☆(2.5)
雰囲気は嫌いじゃないですけどね…。原作がそうなんだろうけども、もう少し整理しても良かったような。DVDで巻き戻しならが観た方が、分かりやすいかもしれない。
機会があれば、原作を読んでみようかな。


DVDの購入はコチラ
【amazon】



レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ポール・トーマス・アンダーソン
出演者:ホアキン・フェニックス、 ジョシュ・ブローリン、 オーウェン・ウィルソン、 キャサリン・ウォーターストン
収録時間:149分
レンタル開始日:2015-08-19

Story
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督がトマス・ピンチョンの原作を映画化した探偵サスペンス。私立探偵のドックは、大富豪の愛人になった元カノ・シャスタから大富豪の妻と恋人の悪巧みを暴いて欲しいと依頼される。R15+作品 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
インヒアレント・ヴァイスインヒアレント・ヴァイスインヒアレント・ヴァイス (ブルーレイディスク)インヒアレント・ヴァイス (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ポール・トーマス・アンダーソン ホアキン・フェニックス ジョシュ・ブローリン オーウェン・ウィルソン キャサリン・ウォーターストン リース・ウィザースプーン ベニチオ・デル・トロ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
長いのに超つまんなかった!
私のワーストだわ。
2015年06月09日(火) 19:24 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
こちらにもコメントありがとうv-344

> 長いのに超つまんなかった!
> 私のワーストだわ。

わたしはそんなに嫌いではないけど、結構こちゃこちゃしていたからねー
もうちょっとスッキリさせてもいいとは思いました。
2015年06月10日(水) 01:45 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
こんにちは
いや~濃かったですねえ
色々、濃かった
もう濃かったことくらいしか覚えてないけど(ごちゃごちゃしすぎて)
もっと!パンケーキ!のBGMがスキヤキだったのが笑ったり。
なんだかんだ言って魅入っちゃった部分はあるんですよねえ
2015年08月29日(土) 08:43 |   | maki #jQTfdwCM[ EDIT]
makiさん
コメントありがとうございますv-411

> もう濃かったことくらいしか覚えてないけど(ごちゃごちゃしすぎて)

あははv-411
そうそう、ごちゃごちゃしすぎですね。

> なんだかんだ言って魅入っちゃった部分はあるんですよねえ

そこが、PTA作品の魅力かもしれませんね。
なんやかんやで??となりながらも観てしまうという。
2015年08月30日(日) 10:48 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
INHERENT VICE=内在する欠陥。 アメリカの探偵小説作家トマス・ピンチョンの同名の小説(「LAヴァイス」)を映画化。 「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」「ザ・マスター」などの、ポール・トーマス・アンダーソン監督作。 全作品観てるけど相変わ...
2015年06月09日(火) 19:25:16 |  我想一個人映画美的女人blog
『ザ・マスター』のポール・トーマス・アンダーソン監督とホアキン・フェニックスが再度タッグを組み、アメリカの覆面作家トマス・ピンチョンの探偵小説を映画化。マリファナ中毒の私立探偵が元恋人の依頼を受けたことからさまざまな陰謀に翻弄(ほんろう)される様子を、...
2015年08月26日(水) 19:36:09 |  パピとママ映画のblog
【概略】 1970年代初頭のロサンゼルス。ビーチを拠点に活動するマリファナ中毒のヒッピー探偵ドックを、以前付き合っていた女性が訪ねてくる。彼女の依頼を受け調査を進めるドックだったが、いつしか巨大な陰謀に巻き込まれていき…。 サスペンス ヒッピー探偵、元カノの愛人の大富豪を救えるか? 70年代ポップ・カルチャーに彩られたグルーヴィーな探偵サスペンス!ってことなんだけども、...
2015年08月29日(土) 08:43:34 |  いやいやえん
監督 ポール・トーマス・アンダーソン 主演 ホアキン・フェニックス 2014年 アメリカ映画 148分 サスペンス 採点★★★ 時代を象徴するもの、若しくは思い起こさせるものって人それぞれですよねぇ。音楽であったり映画であったり、その当時のTV番組や文化と様々。…
2015年09月30日(水) 17:03:19 |  Subterranean サブタレイニアン
アメリカ・ロサンゼルス。 私立探偵ドックのボロアパートに、元恋人のシャスタが現れた。 今は不動産王ウルフマンの愛人である彼女は、ウルフマンの妻とその愛人の悪だくみを暴いて欲しいとドックに懇願する。 ところが、調査に乗り出したドックは、いきなり殺人の疑いをかけられ、旧知の警部補ビッグフットの取り調べを受けるはめに。 そしてウルフマンとシャスタが失踪したことを知らされる…。 クライム・コメディ。
2015年10月05日(月) 16:38:54 |  象のロケット