週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > あ~お > エレファント・ソング
エレファント・ソング 
2015年06月17日 (水) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
エレファント・ソングエレファント・ソング/ELEPHANT SONG
2014年/カナダ/100分
監督: シャルル・ビナメ
出演: ブルース・グリーンウッド/グザヴィエ・ドラン/キャリー=アン・モス/ギィ・ナドン/コルム・フィオール
公式サイト
公開: 2015年06月06日

1966年01月。ある精神病院で、ローレンスという医師が失踪する。前夜、彼と最後に話をしたのは、彼の患者マイケル・アリーンであり、マイケルがローレンス医師の失踪のカギを握っていると推測した院長のトビー・グリーンは、自らマイケルの事情聴取を行うことにする。看護師長のスーザン・ピーターソンは、マイケルは嘘ばかりつき、人をはからかって時間を浪費させることに全力を注ぐため危険だと言うが、グリーン院長は聞かずに、マイケルへの事情聴取を始める。しかし、ピーターソンが案じたとおり、マイケルは話をはぐらかして一向に事情聴取は進まず、グリーン院長はマイケルに翻弄されるが…


予告を観て非常に気になってましたので、行ってきました。サービスデーだったせいか、満席でしたよ。
予告だけ観て行ったので、会話劇だと思ってなくて、途中ちょっと眠気に襲われました  会話劇はよっぽど入り込めないと厳しいのよね。。。

正直、100分とは思えないくらい長く感じた。
失踪した医師の行方を、最後に会ったと思われある患者から聞き出そうとするというストーリーなんだけどー、サスペンスとはいうけれど、とにかく長々長々マイケルの戯言が続くので嫌になっちゃって 、ローレンス先生とかどうでもいいわい! って感じになっちゃった。
最後の展開も、ビックリっていうよりも、 ( ´_ゝ`)フーン で終わっちゃった(笑) 入り込めなさすぎましたわ。

元は戯曲らしいですね。確かに、ほぼ診察室で展開するし、登場人物は多くないし。ローレンス先生はマクガフィンみたいなものなのかと思っていたのですが、最後に出てきちゃって、ちょっと (((´・ω・`)カックン…

ブルース・グリーンウッドとグザヴィエ・ロランは良かったと思います。この人、マイケル役を熱望したらしいけど、よっぽど母親との間にトラウマがあるんだなあなんて思っちゃった。

評価:★☆(1.5)
100分を長く感じるという時点で、合わなかったなって感じです。期待しちゃっていたせいもあると思うけど…。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:シャルル・ビナメ
出演者:グザヴィエ・ドラン、 ブルース・グリーンウッド、 キャサリン・キーナー、 キャリー=アン・モス
収録時間:100分
レンタル開始日:2015-12-02

Story
戯曲を原作とする心理劇をグザヴィエ・ドラン主演で映画化したサスペンスドラマ。オペラ歌手である母が目の前で自殺し、精神病院に入院している青年・マイケル。ある日、彼の担当医・ローレンスが失踪した。院長のグリーンは彼に事情を聞くが…。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
エレファント・ソングエレファント・ソングエレファント・ソングエレファント・ソング

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:シャルル・ビナメ ブルース・グリーンウッド グザヴィエ・ドラン キャリー=アン・モス ギィ・ナドン コルム・フィオール 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック