週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > あ~お > オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分 
2015年07月10日 (金) | EDIT |
 YEBISU GARDEN CINEMA with UNITED CINEMASにて鑑賞
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分/LOCKE
2013年/イギリス、アメリカ/86分
監督: スティーヴン・ナイト
出演: トム・ハーディ
声の出演: オリヴィア・コールマン/ルース・ウィルソン/アンドリュー・スコット/ベン・ダニエルズ
公式サイト
公開: 2015年06月27日

建築会社の現場監督アイヴァン・ロックは、ヨーロッパいちとも言われる程の大規模なビル建築工事の着工を明日に控えて、1人、車を走らせていた。出産を間近に控えたベッサンが、不安になってアイヴァンに電話をかけてくる。アイヴァンは1時間半後には病院に着くと告げ、電話を切る。そして同僚のドナルに電話をかけ、明日の現場をドナルに任せると言って作業の指示を出し、上司のガレスにも同じように明日の現場には行けないことを告げる。ガレスはアイヴァンを説得にかかるが、アイヴァンの意志が固いことがわかると、シカゴの本社に報告するが、おそらくクビになると言う。アイヴァンの自宅では、息子のエディが、一緒にサッカーの試合を観るはずなのに帰ってこない父親を心配していた…


出演俳優がトム・ハーディだけという、しかも全編車の中というワン・シチュエーションで、非常に興味がありまして。雨の中、久々に(というか映画館に戻って初めて)行ってきました、恵比寿!
本当に、トム・ハーディ以外は出てこないし、舞台は終始車の中 だし、低予算も程があるわ(笑) トム・ハーディのギャラでちょっと使っているかもしれないけど。

ワン・シチュエーションだから、色々工夫しないと途中で飽きちゃうので、そこが肝だなと思っていたんですが、電話の相手が次々と入れ替わることによって、それぞれの状況が変化していることがわかるし、先も読めないので、カメラワークも含めて飽きさせないように色々工夫はされていたと思う。
しかし、まさかこれで終わりじゃないよね?と思っていたら、そのまま終わってしまった。  これから彼がどうなるのか、全く想像がつかない…
そもそも、アイヴァンが車を駆っている理由が理解しがたい。どうやら、ろくでなしだった父親のようになるまいとして、自分の子を産もうとしているベッサンの元に向かったようだけど、誠実さをはき違えているというか。
ベッサンに「愛している?」と聞かれても決して愛しているとは答えず、病院に「パートナーか」と確認されても、頑なに子供の父親ですと繰り返す。ベッサンに惚れている訳ではなく、かといって、愛してはいないけれど子供のためにベッサンと家族になろうとしている訳でもなく。いったい何のためにベッサンの元へ向かうの? 愛する家族と大事な仕事を擲ってまでするほどの理由がわからない。誠実さを示すためだけだとしたら、バカだなあとしか思えないわ。
そもそも、奥さんも言っているけど、その子がアイヴァンの子とは限らないでしょ。2か月も早く破水しているなら尚更疑ってもいい状況だと思うけど、そこは全然疑っていないみたいなんだよね。それもわからん。

途中で停まることもなく、かなり深刻な話をし続けていて、しかも風邪をひいているのか、シロップみたいなものを飲んだりしているし、いつ事故るのかとハラハラ していました。映画の意図とは全く別のところで(笑)

邦題は、「その土曜日、7時58分」を意識しすぎでしょー。原題が「LOCKE」なので、なんだろう?と思ったら、主人公のファミリーネームだったという。ろくでなしの父親が汚した名前を自分が立て直した!とか言っていたので、それとベッサンが産む子供に名乗らせるとか言っていたので、その辺も絡んでいるんだろうけど…

評価:★★(2.0)
全体の構成は悪くないと思うんだけど、主人公が何故こういう行動に走ったのかが理解しがたいので、ちょっと入り込めなかったかなあ。トム・ハーディは1人芝居で頑張っていましたが…

余談。売店でポップコーンを買ったのですが、ペッパー&ソルトみたいなやつだったのに、中に何粒か甘いのが混じっていてもう…。甘いポップコーンがニガテなので、嫌になっちゃった  混ざっているなら最初からそう言ってくれよ…別のを買うから…


DVDの購入はコチラ
【amazon】



レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:スティーヴン・ナイト
出演者:トム・ハーディ、 ルース・ウィルソン、 オリヴィア・コールマン
収録時間:86分
レンタル開始日:2015-10-02

Story
『マッドマックス 怒りのデス・ロード』のトム・ハーディ主演、車の中というワンシチュエーションで描くサスペンス。順風満帆な人生を送っていた男、アイヴァン・ロック。だが1本の電話によって、彼は人生のすべてを懸けた決断を迫られることになる。 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:スティーヴン・ナイト トム・ハーディ オリヴィア・コールマン ルース・ウィルソン アンドリュー・スコット ベン・ダニエルズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
こんばんは!
激しく同感。
全てを捨ててまで浮気女の下へ車を走らせる意味が分かりません。
彼が考える“ケジメ”の付け方に同じ男としても理解に苦しむものがありました。
余所見してても話しが分かる映画ってのはある意味凄いですけど(笑)。
2016年05月12日(木) 21:12 |   | ヒロ之 #-[ EDIT]
ヒロ之さん
コメントありがとうございますv-411

> 激しく同感。
> 全てを捨ててまで浮気女の下へ車を走らせる意味が分かりません。
> 彼が考える“ケジメ”の付け方に同じ男としても理解に苦しむものがありました。

あ、良かったー共感してもらえて。
それ、ケジメになってないんじゃないの?って思えて仕方がありませんでした。

> 余所見してても話しが分かる映画ってのはある意味凄いですけど(笑)。

確かに(笑)
ずっと話をしているだけで、画面は変わりませんもんねー
2016年05月14日(土) 08:53 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
映画『オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分』の原題は“Locke”。主人公の名前
2015年07月22日(水) 23:31:54 |  大江戸時夫の東京温度
13日のことですが、映画「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」を鑑賞しました。 超高層ビルの工事を手掛ける大手建設会社のエリート社員アイヴァン、彼は自宅ではなくロンドン方面の高速道路に車を走らせていく。 電話で部下に翌日の作業を押し付け、妻に自宅に戻れなく...
2015年08月22日(土) 17:42:36 |  笑う社会人の生活
ロサンゼルス映画批評家協会賞やイギリスのインディペンデント映画賞などで称賛された異色のサスペンス。思わぬ状況に追いやられる中、高速道路を車で走る男の胸中に漂う不安や焦燥を見つめる。監督と製作総指揮に『ハミングバード』などのスティーヴン・ナイトと『つぐな...
2015年08月24日(月) 18:03:28 |  パピとママ映画のblog
【概略】 順風満帆な人生を送っていた男、アイヴァン・ロック。だが1本の電話によって、彼は人生のすべてを懸けた決断を迫られることになる。 サスペンス トム・ハーディ主演のワンシチュエーション劇。 演じるのはトム・ハーディのみで、出演はあとは声のみです。建築の現場責任者である主人公アイヴァンと4人の人物との関わりが電話を通じて描かれていきます。ある意味役者としての見せ所の作...
2015年10月14日(水) 07:53:46 |  いやいやえん
LOCKE 2013年 イギリス/アメリカ 86分 ドラマ/サスペンス 劇場公開(2015/06/27) 監督: スティーヴン・ナイト 脚本: スティーヴン・ナイト 出演: トム・ハーディ:アイヴァン・ロック 声の出演: オリヴィア・コールマン:ベッサン ルース・ウィルソン:カ...
2016年05月12日(木) 21:13:36 |  銀幕大帝α