週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > デビルズ・ノットHOME > た~と > デビルズ・ノット
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


デビルズ・ノット 
2015年07月20日 (月) | EDIT |
 新文芸坐にて鑑賞
デビルズ・ノットデビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT
2013年/アメリカ/114分
監督: アトム・エゴヤン
出演: コリン・ファース/リース・ウィザースプーン/デイン・デハーン/ミレイユ・イーノス/ブルース・グリーンウッド
公式サイト
公開: 2014年11月14日

1993年05月05日、アーカンソー州ウェスト・メンフィスで、8歳のスティーヴィ・ブランチ、マイケル・ムーア、クリス・バイヤーズが行方不明となる。スティーヴィの母親パム・ホッブスを始めとして、近隣の住民総出で少年たちを捜索するが、翌日、ロビンフッドの森を流れる川から3人の遺体が発見される。そして複数の証言から、容疑者としてダミアン・エコールズ、ジェイソン・ボールドウィン、ジェシー・ミスケリー・Jrという3人の若者が逮捕される。ダミアンたちは黒ずくめの洋服を着てヘヴィメタルを好んで聴いており、オカルトに傾倒していたことから、周辺住民から悪魔崇拝者ではと胡散臭く思われていた。知的障害があるジェシーの自白が元で逮捕に及んだものの、その内容は疑わしく、またダミアンとジェイソンは一貫して容疑を否認していた。テレビでニュースを見た調査会社のロン・ラックスは、警察の捜査に疑問を抱き、3人の弁護士に協力を申し出る。そしてパムもまた、裁判の傍聴を続けるうちに、ダミアンたちが本当に犯人なのか疑問を持ち始める―――――


劇場で観損ねていたんですよね。そしたら、新文芸坐で「スクリーンで観ておきたい珠玉の名編」の「嘘をついているのは誰だ!?」特集で上映されるというので、超久しぶりに新文芸坐へ。
冤罪ってこう作られるのか…ってのが、実在の事件なだけにリアルで、怖すぎる  あちらではかなり有名な事件らしく、これを元にピーター・ジャクソンがドキュメンタリー撮ったり、セレブたちが支援を表明したりしているようです。

これは明らかに、警察の初動捜査のミスですよね。少年たちが行方不明になった時点ではきちんと捜査していなかったようだし、迅速に動いていれば、事件解決の糸口は早くつかめたかもしれないのに。今さら言っても後の祭りですが。
それをごまかすためか、いわゆる世間的に好ましくない人物を、確たる証拠もないのに、州ぐるみで犯人に仕立て上げるってのが怖すぎ。物的証拠もないし、証言だってかなり嘘くさい。特にヴィッキーの息子アーロンの証言なんて明らかにおかしいのに、誰もそれについては指摘しなかった。結局は、最初から犯人は決まっていた、結論ありきだったということ。
事件が起こったのが20年ほど前で、パソコンだって既にあった時代ですよ。なのに、悪魔崇拝がどうこうって、田舎ってホント怖いなと思っちゃった。この地域にはクリスチャンが多いようだから、余計にそういう風潮になりがちなのかなとも思うけど。
結局、今でも真犯人は捕まっていない。当時の証言はひっくり返って、スティーヴィの継父やマイケルの父親が怪しいと言われているようだけど、真相はわからないまま。

スティーヴィが見つかったと聞いた時のパムの叫びが、胸にきゅーっときて…ちょっと涙目 (´;ω;`) になりました。子供を亡くした親の嘆きは本当に見るに堪えないよ…

チラシなんかにも、コリン・ファースがばばんと真ん中にいるので、主役だと思っていたのですが、意外に活躍してない。事件の流れ、裁判がメインになっているからなんだろうけど、コリン・ファースじゃなくても良かったんじゃないの?って感じはします。リースは妊婦なのか?と思うくらいのどすこい体型でびっくりした。役作りで太ったのかな?
イライアス・コティーズが出ているとは知らなかったので、おおー って感じでした(笑)

評価:★★★☆(3.5)
結構面白かった。ただねー事件の流れは胸糞ものです。未解決事件なので、スカッとはしません。
ピーター・ジャクソン製作のドキュメンタリーも観てみたいなと思いました。


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:アトム・エゴヤン
出演者:コリン・ファース、 リース・ウィザースプーン、 デイン・デハーン、 ミレイユ・イーノス
収録時間:114分
レンタル開始日:2015-06-26

Story
アメリカで起こった“ウエスト・メンフィス3事件”を元に描くサスペンスミステリー。1993年初夏。ウエスト・メンフィスで児童の猟奇殺人事件が発生。16歳から18歳の3人を逮捕するが、私立探偵のロンは独自で調査を開始する。アトム・エゴヤン監督作。PG12 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
デビルズ・ノットデビルズ・ノットデビルズ・ノットデビルズ・ノット

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:アトム・エゴヤン コリン・ファース リース・ウィザースプーン デイン・デハーン ミレイユ・イーノス ブルース・グリーンウッド イライアス・コティーズ 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
これ、事件解決してから映画化するならいいけど
未解決のままだから
だからどうなのよって話で終わっちゃってるとこが最悪につまんなかったよー
コリンも役立たずすぎでしょう。
2015年07月27日 (月) 23:21 |   | mig #JTxNwRAU[ EDIT]
migさん
コメントありがとうございますv-411

> これ、事件解決してから映画化するならいいけど
> 未解決のままだから
> だからどうなのよって話で終わっちゃってるとこが最悪につまんなかったよー

未解決事件の映画化って結構あるし、そこはあんまり気にならなかったなあ。
真犯人は示唆されているし。
(本当に真犯人かどうかは不明ですけど)

> コリンも役立たずすぎでしょう。

これはホントその通り。
なーんにもしてないもんね。
コリン・ファースが勿体ない。
2015年07月28日 (火) 02:19 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
“ウェスト・メンフィス・3事件” と呼ばれ、これまでにも多くのドキュメンタリー作品がつくられるなど 冤罪を生み出した可能性が高い事件として知られるマーラ・レヴァリットの同名小説を、 アトム・エゴヤンが、2009年の「クロエ」ぶりに監督、...
2015年07月23日 (木) 23:59:57 |  我想一個人映画美的女人blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。