週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > スポンサー広告 > チャイルド44 森に消えた子供たちHOME > た~と > チャイルド44 森に消えた子供たち
スポンサーサイト 
--年--月--日 (--) | EDIT |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


チャイルド44 森に消えた子供たち 
2015年07月27日 (月) | EDIT |
 TOHOシネマズみゆき座にて鑑賞
チャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たち/CHILD 44
2014年/アメリカ/137分
監督: ダニエル・エスピノーサ
出演: トム・ハーディ/ゲイリー・オールドマン/ノオミ・ラパス/ジョエル・キナマン/パディ・コンシダイン
公式サイト
公開: 2015年07月03日

1953年、スターリン政権下のソビエト連邦。国家保安省(MGB)のエリート捜査官レオ・デミドフの元に、戦友アレクセイ・アンドレエフの息子ユーラの轢死体が見つかったと連絡が入る。遺体の様子から轢死とは思えないと、アレクセイは殺人を主張していたが、殺人は資本主義がもたらす弊害であり、理想の国家である社会主義では起きないとされているため、アレクセイの主張は今後に響きかねないと、レオは彼を説得し、ユーラは事故死として片づけられる。その頃、スパイ容疑で逮捕された獣医ブロツキーは、知っているスパイの名前を自供させられて処刑されるが、その中に、レオの妻ライーサの名前があった。上司のクズミン少佐は、ライーサがスパイだという証拠をつかむようレオに命ずるが、スパイではないという彼女の言葉を信じたレオは、スパイの疑いはないと報告する。国家への忠誠ではなく妻を取ったレオは、ヴォリスクの民警へと左遷されてしまう。そしてヴォリスクでユーラと同じ年頃の少年の遺体が発見され、共通点の多さからレオは連続殺人を疑うが―――――


原作が「このミステリーがすごい!」2009年版の海外部門1位を獲得した小説ということで、ちょっと楽しみにしていました。ちなみに未読。
殺人事件があると公に出来ない社会で、それでも殺人事件の真相を追うという話だと思っていたのに、なんかチガウ。。。
スターリン時代の闇、MGBの話と殺人事件とどっちつかずで、非常に中途半端なイメージ。ぶれているなーと感じました。Wikipediaに、ロサンゼルスタイムスのケネス・トゥランが「本作は時折、『ドクトル・ジバゴ』と『羊たちの沈黙』の統合失調症的な混合に化している」と批判したとあって、すっごく納得しました。(「ドクトル・ジバゴ」も昔見たっきりですが) 二兎を追って一兎も得なかったって感じでしょうか。
途中で間延びするし、眠くなっちゃった。寝てはいないけど、ちょっとやばかったです。

昔、「子供たちは森に消えた」というノンフィクションを読んだことがあって、これはロシアの実在の殺人鬼アンドレイ・チカチーロについて書かれているのですが、この映画を観てチカチーロを思い出しました。調べたら、それもそもはず、原作はまさにチカチーロをモデルにしているらしい。
殺人事件がメインと思っていたせいもあるのでしょうけど、そこの部分の描き方が物足りない。殺人事件部分はさくさく進むし、犯人マレヴィッチの動機についても、さらっと台詞で言わせているだけで、なんだかなあ…

大変申し訳ないけど、ノオミって美女って訳じゃないから、レオが一目惚れして云々ってちょっと無理があるなー (^_^;) 乱闘の時、あまりにライーサが強いので、さすがリスベット!って思っちゃった(笑)
トム・ハーディは肥えてますねー。びっくりしたわ。「オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分」ではそんな感じでもなかったからさ。
ゲイリーはちょこっと(笑)活躍していました。

評価:★☆(1.5)
思っていたのと違ったので、ちょっと (´・ω・`)ガッカリ・・・


DVDの購入はコチラ
【amazon】

 

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:ダニエル・エスピノーサ
出演者:トム・ハーディ、 ゲイリー・オールドマン、 ノオミ・ラパス、 ジョエル・キナマン
収録時間:137分
レンタル開始日:2016-01-06

Story
トム・ロブ・スミスのベストセラー小説をリドリー・スコット製作で映画化したサスペンス。1953年、スターリン政権下のソ連で、子どもたちの変死体が次々と発見される。秘密警察の捜査官・レオは、親友の息子の死をきっかけに事件解明に乗り出すが…。PG12 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
チャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たちチャイルド44 森に消えた子供たち (ブルーレイディスク)チャイルド44 森に消えた子供たち (ブルーレイディスク)

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:ダニエル・エスピノーサ トム・ハーディ ゲイリー・オールドマン ノオミ・ラパス ジョエル・キナマン パディ・コンシダイン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
なんか、何が何かわかないけど、悪は敗れたのねって感じの映画だったな~(笑)
これ本でちゃんと読んだほうが面白いんだろうな~
2015年12月06日 (日) 22:29 |   | Nakaji #-[ EDIT]
Nakajiさん
コメントありがとうございますv-411

> なんか、何が何かわかないけど、悪は敗れたのねって感じの映画だったな~(笑)

メインがソ連の闇なのか、殺人事件なのか、中途半端な感じでしたね。
よくわからんうちに決着ついちゃった。

> これ本でちゃんと読んだほうが面白いんだろうな~

と、思います…
今のところ、あんまり読む気はしないけど(笑)
2015年12月07日 (月) 05:04 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
ご訪問いただきありがとうございました!
こんばんは。弊ブログにご訪問&コメントをいただきありがとうございます!
私もコレ、相当残念な感じだったので、なかなかレビューが書けなかったんですよね〜。だから、アップが滅茶苦茶遅くなってしまいました。
期待したのと違っていたのは同意でございます。
2015年12月30日 (水) 19:03 |   | ここなつ #/qX1gsKM[ EDIT]
ここなつさん
コメントありがとうございますv-411

> 私もコレ、相当残念な感じだったので、なかなかレビューが書けなかったんですよね〜。だから、アップが滅茶苦茶遅くなってしまいました。
> 期待したのと違っていたのは同意でございます。

あーわかります。
ダメダメな作品は、逆に怒りのままにレビューを書けるのですが、
微妙な感じでダメだと、書きづらいですよね。
これ、ホント残念な作品でした。
2015年12月31日 (木) 04:55 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
こんばんは!
私は寝ちゃいました(笑)
淡々と進むし、これといった盛り上がりもないので、もう睡魔に勝てませんでしたよ。
なんか全てに中途半端さを覚える作品でした。
犯人の目的位は描いて欲しかったなぁ。
2016年01月08日 (金) 22:58 |   | ヒロ之 #-[ EDIT]
ヒロ之さん
コメントありがとうございますv-411

> 私は寝ちゃいました(笑)
> 淡々と進むし、これといった盛り上がりもないので、もう睡魔に勝てませんでしたよ。

いやー気持ちわかります。
全体的に暗いしね。

> なんか全てに中途半端さを覚える作品でした。
> 犯人の目的位は描いて欲しかったなぁ。

原作がこのミス1位取っているということは、おそらく端折っちゃっているんだと思うんですよね。
勿体ないなあ。。。
2016年01月09日 (土) 18:13 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
楽園だから殺人はあり得ないとか、本当にそんな事本気で信じてたのかな?
2015年07月31日 (金) 01:26:36 |  だらだら無気力ブログ!
トム・ロブ・スミスのベストセラー小説を基にしたサスペンスミステリー。1950年代のソ連を舞台に、子供ばかりをターゲットにした連続猟奇殺人事件の真相を暴こうとする秘密警察捜査官の姿を追う。メガホンを取るのは、『デンジャラス・ラン』などのダニエル・エスピノーサ...
2015年08月16日 (日) 00:27:55 |  パピとママ映画のblog
そもそも44人ちゃうしっていうツッコミ。(;´∀`) 本屋でバイトしてたころ文庫担当だったんでこのタイトルだけはむっちゃ覚えてて それが映画になるっていうんで読むよか早い(ヾ(・∀・;)オイオイ)くらいのつもりで パスポート鑑賞したんですけども。 どこがミステリや...
2015年08月26日 (水) 13:02:14 |  ペパーミントの魔術師
チャイルド44 森に消えた子供たち '15:米 ◆原題:CHILD44 ◆監督:ダニエル・エスピノーサ「デンジャラス・ラン」 ◆出演:トム・ハーディ、ゲイリー・オールドマン、ノオミ・ラパス、ジョエル・キナマン、パディ・コンシダイン、ジェイソン・クラーク、ヴァンサン...
2015年11月29日 (日) 20:15:16 |  C'est joli〜ここちいい毎日を♪〜
さて…。レビューを書こうと思ってはみたが、どう書いていいものやら…。何故なら、この作品は上質なサスペンス小説トム・ロブ・スミス作「チャイルド44」が原作であり、サスペンス・ミステリーとしては骨太に仕上がっているものの、近・現代史のソ連の歴史的背景を抜きにしては語れないからだ。幼い頃、私のソ連に対する印象は、とにかく怖い、というものであった。人種的にデカい。地理的に寒い(私は寒いのが何より苦手...
2015年12月28日 (月) 16:50:02 |  ここなつ映画レビュー
1953年、スターリン政権下のソ連。 森で9歳から14歳の子供たちの変死体が次々と発見される。 全裸で胃は摘出され、山間にもかかわらず死因は溺死。 だが“殺人は国家が掲げる思想に反する”ため、一連の事件は全て事故死として処理されていた。 国家保安省(MGB)に勤務し反体制活動を取り締まっているエリート捜査官レオは、戦友から息子が殺されたと聞き、捜査しようとするが…。 サスペンス。
2016年01月03日 (日) 00:34:55 |  象のロケット
CHILD 44 2014年 アメリカ 137分 サスペンス/ミステリー/犯罪 PG12 劇場公開(2015/07/03) 監督: ダニエル・エスピノーサ 『デンジャラス・ラン』 製作: リドリー・スコット 原作: トム・ロブ・スミス『チャイルド44』 出演: トム・ハーディ:レオ・...
2016年01月08日 (金) 22:55:52 |  銀幕大帝α
監督 ダニエル・エスピノーサ 主演 トム・ハーディ 2015年 アメリカ/イギリス/チェコ/ルーマニア/ロシア映画 137分 サスペンス 採点★★★ 快楽殺人鬼や連続殺人鬼ってどこか西洋や特にアメリカの特産品のような印象もありますが、日本で散発的に起きた殺人事…
2016年02月01日 (月) 21:22:38 |  Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。