週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
HOME > か~こ > 彼は秘密の女ともだち
彼は秘密の女ともだち 
2015年08月24日 (月) | EDIT |
 新宿武蔵野館にて鑑賞
彼は秘密の女ともだち彼は秘密の女ともだち/UNE NOUVELLE AMIE
2014年/フランス/107分
監督: フランソワ・オゾン
出演: ロマン・デュリス/アナイス・ドゥムースティエ/ラファエル・ペルソナーズ/イジルド・ル・ベスコ/オーロール・クレマン
公式サイト
公開: 2015年08月08日

クレールとローラは幼い頃からの親友同士。成長し、お互いに結婚しても2人の絆は変わらなかった。ところが、ローラは夫ダヴィッドと幼い娘リュシーを残し、病で亡くなってしまう。クレールはローラの死を受け入れられず哀しみに暮れるが、彼女にダヴィッドとリュシーを見守ると誓ったことを思い出し、ダヴィッドを訪ねていく。しかしそこにいたのは、ローラの服を着て化粧を施したダヴィッドだった。ショックを受けるクレールに、ダヴィッドは元々女装癖があり、それはローラも理解していたが、結婚している間は女装願望が治まっていた。しかしローラを亡くしてから、母親を求めてぐずるリュシーをなだめるため、再び女装するようになったと説明する。一度はダヴィッドを拒否したクレールだったが、やがて戸惑いながらもダヴィッドの趣味を容認するようになり、しかしこのことは夫のジルには言えないため、女友達“ヴィルジニア”と嘘をつき、2人はショッピングや食事など、普通の女友達となんら変わらない付き合いを続けていくが―――――


オゾンの最新作ですので、とりあえず観とかないとねーってことで行ってきました。
いやいやいやいや…
ロマン・デュリス、そりゃあかん。完全に女装した男です。髭の剃り跡青いし。正直、キモっ (;´Д`) と思いました。
なので、ちょっと入り込むのに苦労しました。そのうち、女性っぽく見えてはくるんですけどね…

ダヴィッドは元々女の子に憧れがあって、女装癖というよりは女性になりたいのかな(ローラになりたい、かな)と感じたので、性同一性障害だと思ったのですが、しかし男に興味はなく、女が好きで、ローラを愛している。クレールにも心惹かれるということは… (-"-;) ?? メンタルが女で、女を愛するって、うーん、要するにレズビアンってことなんでしょうか。
ローラとダヴィッドがクラブで出会って踊り始めた時、クレールが複雑な顔をしていたので、クレールが先にダヴィッドを好きだったのかと思ったんですよね。でも進んでいくと、そんな感じでもない。ジルが、クレールとローラがレズなんじゃないかと疑っていたと言っていたし、クレールがヴィルジニアと関係を持とうとした時、彼女を「あなたは男だ」と言って拒否するということは、クレールは潜在的なレズビアンだったということなんですかね。
メンタル女性の男性と、潜在的なレズビアンの女性が恋に落ち、セックスしようとする…
倒錯的というか…こんがらがってきてしまった(笑)

どんな形の愛でもいいと思うのですが、ラストはちょっと ( ゚Д゚)ポカーン でした。。。
いや、2人はいいのよ。ハッピーエンドでしょうよ。でもジルは??みたいな。気の毒すぎる。
例えば結婚した後に別の人と恋に落ちて、配偶者と別れるなんてことはあるから、性別を考えなければよくある話なのかもしれないが…。リュシーを引き取る時に、子供の世話は大変だけど大丈夫なの?みたいなこと言っといて、朝、リュシーをあやしながら寝ていたジルに超萌えたのにー

クレールとヴィルジニアが行ったクラブで歌われていた歌が非常に格好良かったので、ググりまくりました。NICOLE CROISILLEの“UNE FEMME AVEC TOI”という曲で、1975年リリースなので、古い歌なんですね。めっちゃステキです。何度も聞いちゃうわ。
NICOLE CROISILLE“UNE FEMME AVEC TOI”


ロマン・デュリスは、メンタル女性の男性を見事に演じていましたねー。アナイス・ドゥムースティエって初めて観たかなあ。赤毛がキュートで、最初はもっさりって感じだったのに、ヴィルジニアと付き合ううちにあか抜けていく様子が良かった。赤いドレスがすごく似合っていました。
ジルは「黒いスーツを着た男」ですね。ラファエル・ペルソナーズの方が、ロマン・デュリスより女装が似合いそう(笑) 敢えてこの配役なんだとは思うが。
あと、少女時代のローラ役の子がめちゃ可愛かったー

評価:★★★☆(3.5)
クスッと笑えるシーンも多々あり、全体的には良かったです。ラストがな~別にラファエル・ペルソナーズのファンじゃないけど! ちょっと納得いかーん


DVDの購入はコチラ
【amazon】

   

レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:フランソワ・オゾン
出演者:ロマン・デュリス、 アナイス・ドゥムースティエ、 ラファエル・ペルソナ
収録時間:107分
レンタル開始日:2016-02-17

Story
『8人の女たち』のフランソワ・オゾン監督が自分らしく生きたいと願う“女たち”を描いた人間ドラマ。親友を亡くしたクレールは、残された親友の夫・ダヴィッドを訪ねる。そこで彼女は、ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ…。R15+ (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
彼は秘密の女ともだち彼は秘密の女ともだち彼は秘密の女ともだち彼は秘密の女ともだち

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキングへ にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:フランソワ・オゾン ロマン・デュリス アナイス・ドゥムースティエ ラファエル・ペルソナーズ イジルド・ル・ベスコ オーロール・クレマン 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
今晩は。
おっしゃるように「クレールは潜在的なレズビアン」とすれば、そして、アラン・ドロンの再来と言われるラファエル・ペルソナを「敢えてこの配役」にしたのではと考え、そんな「気の毒すぎる」ジルの窮地に観客の方から救いの手を差し出そうとすれば、ラストの解釈は様々なものになってくるかもしれません!
2015年09月05日 (土) 22:40 |   | クマネズミ #-[ EDIT]
クマネズミさん
コメントありがとうございますv-411

> おっしゃるように「クレールは潜在的なレズビアン」とすれば、そして、アラン・ドロンの再来と言われるラファエル・ペルソナを「敢えてこの配役」にしたのではと考え、そんな「気の毒すぎる」ジルの窮地に観客の方から救いの手を差し出そうとすれば、ラストの解釈は様々なものになってくるかもしれません!

ラストの解釈は色々ありますよね。
でもあの状況で、ジルの子ってことあるかなあ…うーんv-388
もしそうなら、3人ともハッピーエンドですねえ。
2015年09月06日 (日) 02:25 |   | りお(管理人) #xPbS6JcU[ EDIT]
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
TRACKBACK
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
 フランス映画の『彼は秘密の女ともだち』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)予告編を見て面白そうだなと思い、映画館に出かけてきました。  本作(注1)の冒頭では、口紅を塗ったりまつげを整えたりと、女性の顔を化粧していく様子が映し出されます。そして、指輪を指に...
2015年09月04日 (金) 06:11:21 |  映画的・絵画的・音楽的
フランス映画って当たりはずれがあるというか、すごく面白い!と思えるものと、 なんだかよくわからないっと感じるものと、二つにはっきり別れる気がします。 本作は果たしてどちらに属する映画なのか? 最近は、渋谷区で同性パートナーシップ条例ができたり、全米で同性...
2015年09月14日 (月) 02:01:01 |  映画の話でコーヒーブレイク
『スイミング・プール』『危険なプロット』などのフランソワ・オゾン監督が、偽りなき自分を受け入れ自分らしく人生を歩む勇気を問い掛けるドラマ。親友の死をきっかけにその夫の秘密を知った平凡な主婦が、奇妙な友情を育む中で人生を輝かせていくさまを描く。主人公を演...
2015年10月01日 (木) 12:29:32 |  パピとママ映画のblog
【概略】 親友を亡くしたクレールは、残された親友の夫・ダヴィッドを訪ねる。そこで彼女は、ダヴィッドから「女性の服を着たい」と打ち明けられ…。 ドラマ 自分らしく生きたいと願う"女たち"を描いた笑いと感動のストーリー。 女装癖のある複雑なキャラクターを熱演するロマン・デュリスと主人公の夫役のラファエル・ペルソナ見たさに借りた本作。 幼い頃からの親友の...
2016年11月27日 (日) 07:50:17 |  いやいやえん
フランソワ・オゾンである。
2017年01月06日 (金) 21:59:30 |  或る日の出来事