週に1本は劇場で映画を観る!が合言葉。 主に映画、時々小説の感想を脳内垂れ流しで書きなぐるブログ。ネタバレあり。
| LOGIN |
HOME > あ~お > アメリカン・ドリーマー 理想の代償
アメリカン・ドリーマー 理想の代償 
2015年10月23日 (金) | EDIT |
 TOHOシネマズ シャンテにて鑑賞
アメリカン・ドリーマー 理想の代償アメリカン・ドリーマー 理想の代償/A MOST VIOLENT YEAR
2014年/125分/アメリカ
監督: J・C・チャンダー
出演: オスカー・アイザック/ジェシカ・チャステイン/デヴィッド・オイェロウォ/アレッサンドロ・ニヴォラ/アルバート・ブルックス
公式サイト
公開: 2015年10月01日

1981年、NY。移民のアベル・モラレスが起業したスタンダード・ヒーティング・オイル社は、めきめきと業績を伸ばしていた。アベルは事業を広げるため、更に新しい土地の購入を計画し、銀行から融資を受ける約束を取り付けて、全財産を頭金としてつぎ込む。ところが、アベルの会社が急成長したことを面白く思わない何者かにより、オイルを積んだトラックの強奪事件が相次いで起こり、また、ローレンス検事からは脱税や詐欺の疑惑を持たれるようになる。クリーンなビジネスを心掛けるアベルは、ギャングの娘である妻アナの実家を決して頼ろうとはせず、自力で乗り切ろうとするが、銀行から融資を断られてしまう。このままでは、土地の購入も出来ずに全財産を失う羽目になる。アベルは窮地に陥るが―――――


ちょっと前に観に行ってきたのですが、なかなか記事に出来ず…
原題は「A MOST VIOLENT YEAR」、最も暴力的な年とでもいいましょうか。この時期、NYは滅茶苦茶治安が悪かったんですね。今も日本に比べたらいいとは言えないだろうけども、良くはなっているのでしょう。
そんな社会情勢の中で、クリーンなビジネスを心掛けるのはいいけれど、綺麗ごと言ってんなー って感じ。従業員が命の危険に晒されているのに対策も取らないし、でもオイルを盗まれるのは困る訳よ。高潔なのは結構だけど、じゃあどうすんの?って話。商売って、綺麗ごとだけじゃやっていけない部分もあるでしょう。そりゃあ本人は胸張って生きられるだろうけどさ、経営者としてはあまりに無能じゃないかって気がしちゃう。出自のせいもあるかもしれないけど、アナの方がよっぽど汚れ仕事に対する覚悟があるなと思うわ。躊躇うアベルをよそにあっさり鹿を撃ち殺すシーンとか、印象的でした。
だからか、主人公のアベルに全然共感出来ないんだよね。ジュリアンがやったことは違法かもしれないけど、彼の気持ちの方がわかる。銃を肯定する訳ではないけれど、社長は守ってくれないし、じゃあ誰が守ってくれるのさ、って。

全体的に雰囲気は悪くないんだけど、いまいち盛り上がりに欠けるというか…。退廃的で暴力的な雰囲気が漂うNY、理不尽な攻撃を受け、追いつめられる主人公…盛り上がりそうな要素はいくらでもあると思うのだけど、活かしきれていないのか、わざとなのか、とにかく淡々と進む。実話って訳でもないんだし、もう少しドラマチックなシーンがあっても良かったように思う。

オスカー・アイザックは雰囲気あっていいですね。「ゴッドファーザー」のアル・パチーノみたい。いい感じでハマっていました。デヴィッド・オイェロウォはちょこっとしか出て来なかった…

評価:★★(2.0)
こういう社会派の作品は好みのはずなんですが…誰に感情移入していいのかわからなかったからか、個人的にはちょっとイマイチでした。


DVDの購入はコチラ
【amazon】



レンタルはコチラ
【ぽすれん】

監督:J・C・チャンダー
出演者:オスカー・アイザック、 ジェシカ・チャステイン、 デヴィッド・オイェロウォ、 アレッサンドロ・ニヴォラ
収録時間:125分
レンタル開始日:2016-03-02

Story
成功を掴み掛けた男の野心と葛藤を描くサスペンスドラマ。1981年、N.Y.。不正が渦巻くオイル業界で、アベルと妻・アナはクリーンなビジネスを信条にオイルカンパニーを築き上げた。ところが、何者かの策略によって窮地に立たされていき…。PG12 (詳細はこちら

【TSUTAYA DISCUS】【DMM.com】
アメリカン・ドリーマー 理想の代償アメリカン・ドリーマー 理想の代償アメリカン・ドリーマー 理想の代償アメリカン・ドリーマー 理想の代償

関連記事

記事が気に入りましたら、ぽちっとお願いします
fc2ブログランキング    にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ  にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

THEMA:映画館で観た映画
GENRE:映画
TAG:J・C・チャンダー オスカー・アイザック ジェシカ・チャステイン デヴィッド・オイェロウォ アレッサンドロ・ニヴォラ アルバート・ブルックス 
※当ブログ内の同一タグが張られた記事一覧が表示されます。
COMMENT
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
COMMENT:
PASS:
SECRET: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
7日のことですが、映画「アメリカン・ドリーマー 理想の代償」を鑑賞しました。 1981年ニューヨーク アベルと妻アナはクリーンなビジネスを信条に石油業界に乗りこみ会社を立ち上げる。 しかし、全財産をつぎ込んだ土地購入取引直後、石油が強奪されるという事態が発生、...
2015年10月29日(木) 07:58:36 |  笑う社会人の生活
映画『アメリカン・ドリーマー 理想の代償』は、やけに堂々とした「本格」を感じさせ
2015年11月10日(火) 22:23:23 |  大江戸時夫の東京温度
1981年、アメリカ・ニューヨーク。 一代でオイルカンパニーを築いた移民のアベルと妻アナ。 ところが、土地購入の手付金として全財産を投入した直後から、次々にトラブルがのしかかってきた。 地方検事からは告発すると言われ、銀行からは融資を断られ、妻との間にも亀裂が走る。 30日以内に残金を支払わなければ全てを失う。 孤立無援のアベルは金策に追われるが…。 社会派ヒューマンドラマ。 ≪登るときは一...
2015年11月13日(金) 00:21:54 |  象のロケット
『マージン・コール』『オール・イズ・ロスト 〜最後の手紙〜』などのJ・C・チャンダーが放つ社会派ドラマ。1980年代初頭のニューヨークを舞台に、オイルビジネスに参入した実業家夫妻が、何者かの策略によって窮地に立たされる姿を追う。主人公夫妻にふんする『インサイ...
2015年12月21日(月) 19:08:09 |  パピとママ映画のblog
アメリカン・ドリーマー 理想の代償 '14:米 ◆原題:A MOST VIOLENT YEAR ◆監督:J・C・チャンダー「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」 ◆主演:オスカー・アイザック、ジェシカ・チャステイン、デイヴィッド・オイェロウォ、クリストファー・アボット、アルバー...
2016年01月31日(日) 21:10:24 |  C’est joli ここちいい毎日を♪